ネットショップは個人で始めるのが普通

個人で始めるのが基本

この記事は約3分で読むことができます。

個人で始めるのが基本
「ネットショップは企業がやっている?」と思っている人も多いようです。

違いますよ~~~

数で言うと個人のほうが圧倒的に多いんじゃないでしょうかね?

「個人事業主」としてやっている場合もあれば、届け出なしの無申告でやっている場合、副業でやっている場合、中には大学生や学校の先生もいるんです。主婦のネットショップなんてド定番です。

はい。でも、表からは一切わからないし、ほとんどバレないのがネットショップの良い所です。大企業と同じ土俵でビジネスができるのがネットです。所在地がマンションか一戸建か、といったことは調べればすぐにわかりますが、そんなことをいちいち調べるお客さんはいません。

(1)売りたいものがあったら仕入れる

(2)ネットショップを借りる

(3)お店に商品を並べる

(4)運営する

ま、簡単に書くとこんな感じです。

ただ、ネット通販を行う場合、特定商取引法のページに、運営者の名前や住所、電話番号を書くことが義務付けられています。

だから、本名や住所などの個人情報を載せたくない人は、ネットショップがやりたくでもできないんです。いくらでも回避方法はあるのに、それを知らないがために(知っていても?)できないってもったいないですね。

そんなこんなで、ネットショップを含めてEC業界は、今後もどんどん成長する産業なので、興味があれば、すぐにでも始めて欲しいと思います。

後、一般人には見えていない色々な所でIT化が急速に進んでいます。今後10年で本当になくなる職業が出てくるような勢いです。学生なら、目指している職業が卒業する頃にはなくなっているかもしれませんよ。見直してみましょう。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)