*

やっぱり個人事業主が一番いい

公開日: : 最終更新日:2015/03/16 日記, 経理と会計と税金, 起業や開業

この記事は約3分で読むことができます。

確定申告は今日までですよ~

A4形式ではなく、無意味に縦に長いの用紙に手書きしていた時代も経験しましたが、確定申告歴何十年でしょう。確定申告の達人と言ったら過言でした。

小耳に挟んだ情報によると、近い将来、株式会社の税金の負担が増えるような感じです。

本来、税金は「利益が出た場合のみ支払う」というのが常識ですが、利益が出ていようが赤字だろうが、会社の「大きさ(規模)」に対して課税する仕組みが強化されるかもしれません。規模とは、資本金や会社の床面積、従業員数などのこと。

要するに、見た目。

ご飯屋さんに行ったときに、身体の大きな人は割増料金で、身体の小さな人は少なめ料金という感じです。「痩せの大食い」といった例外は考慮しなくて、あくまで見た目重視。無駄にでかい人は損をするわけです。

「払う金がない企業からも税金を頂こう」という、ある意味、最強の税金の仕組みです。なかなか微笑ましいw。赤字の中小企業にとっては、「いじめ」にもなる可能性もあるとのこと。

でも、どうなんでしょう。

単純に税収が不足しているから、あるいは、別の減税の財源のために、そういった仕組みを取り入れようとしているのか。あるいは、赤字申告している法人の、一定割合は「持っているのに」あえて赤字にしているということを見越して「取れる」と踏んでいるのか。

ちなみに、2012年度の国内の法人数は253万社で、このうちの177万社(約70%)が赤字企業らしいです。そして、その無茶な税制度が中小企業にまで及ぶと、100万社が倒産のリスクにさらされるとか。

そんな法人関係の税金の話を聞いていると、個人事業主でお気楽にやるか、無税生活の道を選ぶかのほうが幸せな気がしてきます。

※参考
・専門的な話を知りたい方は「外形標準課税」について調べてください。
無税生活

Adsense

関連記事

自販機的メーカー

自販機的メーカー

自販機メーカーじゃないですよ。 「自販機的」です。 自販機に対して、いくらお金をつぎ込も

記事を読む

トップセラー

ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人がめちゃくちゃ増えてます。

記事を読む

裏側

クラウドワークス仕事募集の裏側

昨日からの続きです。 使ってみるとわからなかったことが、いろいろわかってきました。 報酬

記事を読む

梱包は大切

男性諸君と大雑把な性格の人は梱包方法に注意が必要

面白そうなビジネス教材CDがあったので思わず買ってしまいました。 届いてびっくりです。

記事を読む

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

知識は金なり

今どき無知のネット開業は最悪

さほど能力があるわけでもないのに、さほど、人望があるわけでもないのに、たまたま急成長している業界で働

記事を読む

プレジデント

会社を思って働く社員は100人中7人!?

最近、雑誌がおもしろくて、しばしば立ち読みします。 今回はプレジデント。 大学の教授をは

記事を読む

必要なもの

副業のネットショップ起業に必要なもの

最小単位は(1)商材と(2)銀行口座です。一応、これだけあれば、ネット販売ができます。 で

記事を読む

no image

銀行に関して不思議なことが2つ

毎月25日に見る銀行ATMコーナーでの行列。 1つ目の不思議です。 もちろん、どういった

記事を読む

違法か合法か

送料に利益を乗せるのは違法か?

例えば、佐川急便との契約運賃が、東京大阪間で800円だった場合。これに利益を乗せて1080円などと表

記事を読む

Adsense

Adsense

仕入れは楽しい
スーパーデリバリー(SD)・デビュー週数間。やっぱり仕入れは楽しいかも。

ふとした思いつきからネット仕入れのスーパーデリバリーを、審査を

スーパーデリバリー
仕入れ日記。スーパーデリバリー審査通った?落ちた?

ネット販売で小売業をやっていると、販売用の商品はもちろん仕入れ

イージーマイショップ
ネットショップ開業easy my shop(イージーマイショップ)の評価。べた惚れかも

EC業界、日々変化して、なにかと対応に追われる日々を送る店長X

イージーマイショップ
easy my shop(イージーマイショップ)はどうよ?評価は?by現役店長

ネットショップ開業と言えば、ショップサーブをはじめとして、カラ

格安SIM
年収300万円以下なのにオススメ格安SIMを使わないのは、お金にだらしないと言わざるをえないかも。

「お金ない~」って言う人いますよね。年収が少ないのかというと、そうでも

→もっと見る

PAGE TOP ↑