*

ファン化促進のための顧客会員ランク分け設定について考えてみた

公開日: : 最終更新日:2016/11/13 ショップサーブ, ネットショップ運営

この記事は約3分で読むことができます。

会員ランク分け

ほとんどのネットショップが会員制やポイント制度は導入していると思いますが、難しいのは会員のランク分けですね。商材によって、金額ががらっと変わるのでランク分けの境目に悩みます。

ショップサーブでは、会員ランク分けは、「該当なし」を含めると6段階に設定できます。でも、当店の場合はそんなに細かく分ける必要がないので、3段階+ランク対象外にします。

ランクはシンプルに次の4段階。

S会員
A会員
B会員
対象外

どういう基準でランク分けするかというと「なんとなく感覚で。」です。ま、そんなもんでしょう。

まず、一番わかりやすいのは「対象外」です。これは1回しか買っていないお客さんです。1回ポッキリの一見さんにランクは不要です。もちろん、B会員へなってもらうための対策は忘れません。

次に、2回リピートして、かつ合計金額が1万円以上ならB会員の仲間入りです。「リピート」してくれたということに重きを置いて金額に関係なくランク入りにしたいところですが、単価が安くなってもいけないので、一応金額設定

A会員になるためには、3回以上かつ5万円以上という設定です。最高ランクのS会員は、5回以上かつ10万円以上です。すべて過去10ヶ月の期間が基準になります。リピート商材の場合は、こんなにハードルを下げると、S会員だらけになりますが、非リピート商材ならではの設定です。

それから、会員別の特典を自動計算のうえ付与することができます。例えば、S会員のお客様は、「いつ何を買っても20%オフ」といった設定です。それにくわえ、ポイントを10%プラスすることや送料無料の設定もできます。

顧客ランク設定

ま、これくらいの設定ができれば、十分でしょう。

このような、顧客をファン化させるための会員機能は、安価なネットショップ開業サービスには、ないので、リピート商材を扱っている場合は、ショップサーブは検討しないと損するかもしれませんよ~。


Adsense

関連記事

メール便

クロネコメール便の代わりになるのは何?

クロネコメール便廃止のニュースは、関係者もびっくりするような、ブレイキングニュースだったようですね。

記事を読む

常時SSL

がっくりorz…常時SSLを無料で利用できるプラン発見、灯台下暗し

つい2,3日前に、さくらインターネットを使った常時SSLオプションが、年額1,620円と破格なのに飛

記事を読む

100円コーヒー

コンビニ別100円コーヒーの出し方

セブン-イレブン、ファミマ、ローソンの100円コーヒーを利用していると、各社やり方が違っていて、おも

記事を読む

スーツケース

従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そんな時代の趨勢に便乗して出張時は

記事を読む

no image

11月の訪問キーワードトップ10

先月の訪問キーワードのトップ10。 トップは「ネット販売 個人」です。「どのような疑問

記事を読む

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

販売力

楽天出店ショップの商品ページの販売力に学ぶ

楽天に出店すると、出店料やロイヤリティーはもちろんのこと、CSVファイルのアップロードやダウンロード

記事を読む

ヤフーショッピング

yahoo! shoppingのページ作りはHP作成の基礎から

「yahoo! shoppingのプロフェッショナルに出店したのはいいけど、一体どうやってページを作

記事を読む

SSLいい加減

問い合わせフォームの非SSLはもはや常識か

ウェブサイトから個人情報やクレジットカード情報を送信する場合は、SSLという暗号化通信を使わないと、

記事を読む

yahoo! shoppingのカートが優れている

yahoo! shoppingで買い物をしていて思うのは、「カートがいい」ということ。 見やす

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑