*

初めてのメルカリショッピングで

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 ECニュース, ネットショップ運営, ネットビジネス

この記事は約5分で読むことができます。

ネットショップ運営者とは言え、EC業界人ですからね。EC業界のことは広く浅く知っておかねばなりませぬ。

というわけで、人気のメルカリ(フリマアプリ)をiPhoneに入れて暇つぶしに見たり出品したりすることがあります。もっぱら出品が多かったのですが気づけば売り上げ金が8,000円ほど貯まっていました。

口座に引き出す手続きも面倒なので、この際メルカリでショッピングしてみようと商品を探したところ、良さそうなのがあったので購入することにしました。

出品者は13,000円で出品していたのですが、他のユーザーが「10,000円にしてくれ」、すると出品者は「いや、11,000円が限界だ。」「10,000円しか出せないのです。そこはなんとか・・・」といったやりとりがされていたのが10日前。交渉は決裂したようで商品はまだ残っているようでした。

そこで、「11,000円で買います!」とコメントしたところ即取引成立。で、ここからですよ。便利なのは。

購入はコンビニ払いにしたのですが、商品代金から今までの売上金を差し引いた額のバーコードが発行されるじゃありませんか。近くのセブンイレブンのレジで「ほぃ」っとスマホ画面を見せたら店員さんは慣れた様子で「はいはい」っとバーコードリーダでピっと。

「2110円でございます。」

めるかりしょp

今回は現金で払いました。コンビニでクレジットカードでも払える場合もあります。レジの液晶画面には「メルカリ」と出ていました。出品者に配送希望日を連絡して受け取りを待つことに。

しかし、このフリマアプリの購入手続きの簡単さや支払のしやすさの設計はすばらしいですね。ショップサーブはじめ、ネット販売システムももっとシンプルにならないですかね。

話は戻りますが、届け先はすでに登録してある住所が自動的に出品者に表示されるので、いついつに送って欲しいと伝えるだけで済みます。つまり、住所をあらたに入力する必要はないわけです。

多くの人がメルカリに慣れてしまうと、一般的なネットショップでの買い物が面倒くさいと感じられてしまうかもしれません。いや、恐ろしい話だ。

今のメルカリやSNSの「ノリ」を考えると、ネットショップはやや時代遅れのような気もしないではないですね。メールひとつとっても、例えば、お客さん「ご担当者様 お世話になります。昨日○○を購入した某(ナニガシ)と申します。この度は素敵な商品をありがとうございます。配送日のチェックを忘れたのですが、今週日曜のAMに変更していただくことが可能ですか?ご連絡お待ちしております。」云々といったやり取りが基本です。

でも、メルカリはあくまで個人売買のノリです。「日曜の午前に指定してくれますか?(^ー^)よろしくおねがいしま~す!」といったやり取りが普通なんですよね。ネま、「メルカリはフリマだから。」ということですが、その辺の垣根が崩れる日がくるかも、とか思ったり思わなかたり。

そうこうしているうちに商品が届きました。「らくらくメルカリ便で送ります。」とのことでしたが、そんな運送会社はあるわけもなく、日本郵政かヤマト運輸かが持ってくると予想したらクロネコさんでした。ただ、どこにもメルカリ便とは書かれておりません。らくらくなのは出品者ですね。

女性らしい気の利いた梱包に購入者はご満悦のもよう。「いやぁ~いい買い物をした。」と思ったのもつかのま。「ところで?この商品っていくらで売られてるのだろう?」と検索してしまいました。

やってはいけないことですね。orz

ヨドバシカメラで10,000円で売っているじゃないですか・・・送料も無料・・・メルカリは安く買えるという思い込みがありましたね。知らぬが仏であるべきだったと深く後悔はしていません。orz

ふとメルカリを見ると、出品アイテムが売れました!たかが2000円で出品したものです。

で、おもしろいのが、他にも同じものを出品している人が何十人もいるんです。500円の人だったり1000円の人だったり。でも、2000円が先に売れてしまうというこの不思議な現象。

「安いからと言って売れるわけではない。」ということです。「安いなら売れる。」というのは幻想です。高くても売れるんですね~~。ま、買ったときよりは断然安いんで結果的には大損をしてますが・・・w



Adsense

関連記事

激減

今後10年で激減する業種「経理担当」、激増する業種「ITコンサルタント」

2014年に、オックスフォード大学が、あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポートを出し

記事を読む

freee

FREEE

時間にお金以上の価値があると気づくようになると、仕事効率化や時短に繋がるツールを見つけるとテンション

記事を読む

リスクヘッジ

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上で

記事を読む

動画の時代

ショップう運営者のスキル・・・その8

ここ数年は動画の流れがきてますよね。幸い、動画にして活きてくるような商品を扱っていないので、動画関係

記事を読む

リバースモーゲージ

「リバースモーゲージ」金融商品を学ぶ

金融商品は、ネット販売とは関係ないのですが、たまには他業種の商品について学んで見てもよいのではないし

記事を読む

モノづくり

ビジネスアイデアは無限にあるようだ。。。

ここ数年、トランクルームが目立ちます。一度使おうかと思ったこともありましたが、1年間預けて年間10万

記事を読む

自作のすすめ

ネットショップ自作のすすめ、も・・・

ネットショップを始める場合、ショップサーブなどの開業サービスを使ってスタートするのが一般的になりまし

記事を読む

no image

利益が出すぎた。節税どうすれば良い?

今年もやってきました。確定申告です。 日々の記帳を怠っていたツケに頭を悩ませる時期です。毎年の

記事を読む

ネーミングの研究

ネーミングの研究

楽して儲けたいと思えば、ネーミング。いまひとつの商品でもネーミング次第でバカ売れ。とまでも行かないま

記事を読む

コンバーター

楽天・yahoo shopping・ショップサーブコンバーター

コンバーターとは変換器のこと。例えば、「楽天からヤフーに引っ越ししたい」という場合、トラックに荷物を

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑