*

値下げしても売れない。

公開日: : 最終更新日:2018/07/15 日記

この記事は約4分で読むことができます。

値下げしても売れない
「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんなアホなやり方は使いたくない。」そんな店主も多いですね。

値下げして「注文数が増えてちょっとうれしくなる」というのもつかの間、結果的には「利益率は下がり」「低俗でリテラシーの低い客が集まり」「クレーマー発生率が高まり」と、結果的にデメリットのほうが大きくなってしまうものです。

というのがこれまでの定番だったと思うのですが、あえて期間限定で値下げをやってみました。

その結果、別に何もかわらない・・・

値下げしたからと言って急激に注文数や売上が増えることはなかったんです・・・

もちろん、値下げ幅や販売のタイミングにもよるとは思いますが、十分魅力的だと思える割引価格で売り出してみたのですが、反応が非常に悪いんですよね。「ユーザーはそこを求めていない」ということでしょうか。

値下げで売れるモノって、そもそも価値がある程度認知されているものですよね。「たまご1パック10円!」一瞬にして「安い!」と感じますよね。高級ブランドが年に1回だけ割引セールをやればお客さんが殺到するでしょう。

でも、世間的にあまり認知されていないような商品を、「値下げしました!」と言ったところで、消費者は、もともとの値段や価値がわからないので、あまり響かないのではないかと思います。

「象印の食器乾燥機が今なら20%オフの13,440円!」と言われても、これを安いを感じる人は「食器乾燥機を買おうとリサーチを重ね、この商品がどこのお店でも16,800円以上で販売されているモノである」ということを知っている人だけですよね。

「ウクイラナ製高級スーツが90%オフの1万円ポッキリ」

誰が安いって思うんですか・・・ってな感じです。

このように、値段や価値が認知されていない商品を販売している人は、残念ながら「値下げ戦略」はやるだけ無駄ではないでしょうか。特に、商品をまだ買っていない人には。

じゃ、どんな戦略が良いのか?

ひとつは、「価格ではなくベネフィットやカスタマー・エクスペリエンスにフォーカスする」。ベネフィットとは、その商品を買って使って得られる体験のこと。カスタマー・エクスペリエンスは、商品そのものや金額ではなく、購入から利用、そしてお店からのサポートなどを含めた顧客が感じる全体的価値です。

「このドリルを使えば、こんな感動的な、ツルツルすべすべの穴が開けられるんです!」

「すご~いヽ(^。^)ノ」

「もし、穴あけでお困りのことがあれば、全国どこでも24時間サービスマンが直行致します。」

「ちょ~すご~いヽ(^。^)ノ」

そう思わせれば、値段チェックは2番めになります。そこで、「こんなに感動的な穴がわずか2万円!?」と感じるのか「いやぁ~確かに感動的な穴だけど2万円はちょっと高いな。」と感じるのか。どちらの割合が多いか少ないかという問題ですね。

モノを売るのは難しい・・・


Adsense

関連記事

タブレット

タブレット買うならASUSか!?

しばらくタブレット市場から目を話していたら、気づけばASUSのシェアが急拡大ですね。 先月あた

記事を読む

独自ドメイン

独自ドメインの独立店は努力型が多い傾向

最近、ショッピングモールRで2回ほど買い物をしたのですが、どちらのお店も、自動返信メール以降1週間以

記事を読む

銀行口座一括管理

複数の銀行口座が一括管理できる超便利なサービス

ネットビジネスをやっている人は、銀行口座を5つも6つも使っていることも多いと思います。そうなると、「

記事を読む

かもる常套手段

IT弱者をカモるのはIT系商売の常套手段

「スノーボードを始めたい。ボードは何を買えば良いのか?」 ネット検索したところ、スノボ

記事を読む

記事ライター

ブログ記事ライターの募集がいっぱい

お仕事募集掲示板見るのが楽しいです。 それで気づいたことのひとつが「ライター募集」の多さ。

記事を読む

円グラグサムネイル

2015年のブラウザ利用状況とユーザー端末環境の行方

ショップ運営者としてときどきチェックしたいのが、ユーザー(訪問者)の利用しているブラウザや端末の情報

記事を読む

リダイレクト

検索ランクも高く流入は多いがCVRが低いので別ページを見せたい

「このページ、こんなに人が来てるのに、なんで注文はこれだけなの!?」 あるあるです。

記事を読む

副業GO

副業はネットショップでGO!

「脱サラしてネットショップ起業」なんて言葉も、なつかしいですが、今では副業基本ですからね。 ど

記事を読む

大前研一の企業参謀

2015年偉くなる人、やばくなる人(プレジデント)

プレジデント2.16号の立ち読み。おおむねサラリーマンを意識した内容です。「偉くなる人」は「勝ち組」

記事を読む

思考のボトルネックを解除しよう

知っているだけで利益がどんどん増える

知ってると得するし、知らないと損だな、と思うのはよくある話ですが、そのことをうまく表現してくれている

記事を読む

Adsense

Adsense

協会ビジネス
「個人事業主」「株式会社」以外に「一般社団法人○○協会」という選択

イギリス人と言えば紳士。フランス人と言えば個人主義。イタリア人

メルカリより「ヤフオクのほうがダンゼン熱い」場合が多いかも。

「出品するとすぐ売れる」メルカリが気持ち良くて、不要品が出ると

普通に便利なアプリ3選

スマホって画面が小さいから「ガッツリ仕事」をするには向いてない

共感するの?信じるの?
え?そんな話に共感するの?信じるの?まさか!

「会社員をやっているけど(商社勤め33歳男)、子供もいて、今の収入

ガイドライン
対岸の火事ではない!楽天のサムネイル・ガイドライン変更

誰しも、楽天のショッピングで「イラっ」とした経験がありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑