*

卸をする場合の契約書はいるのか?

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 ネットショップの仕入れ, ネットショップ運営

この記事は約3分で読むことができます。

「これまで小売のネットショップをやってきたが、オリジナル商品を作ったり輸入したので卸したい。」

「メーカー(商社)だが、ネットショップに商品を卸したい。」

そんな場合、契約書がいるのかどうか?

結論から言うと、契約書を作って卸契約を結ぶかどうかはアナタ次第です。作っても良いし、口約束やメールだけで取引を開始してもいいわけです。実際、小売業として問屋やメーカーから商品を仕入れる場合、契約書を結ぶことは少ないのではないでしょうか。

金額が大きいとか、取引先を限定するやり方をとっているとか、あるいは、契約書がない場合は、トラブルが高確率で発生するような業界とかでしょうか。一番のトラブルは、小売店が夜逃げして、掛売した商品の代金を回収できないパターンですね。掛売りとは、要するに後払いのことです。これが一番心配です。

でも、「卸した商品の代金が回収できないかも?」という不安のために、ガッチリ契約書を作ってしまうと、小売店にとっては、仕入れのハードルは高くなって躊躇します。管理人も以前、ある商品を仕入れようとしたら代理店に「保証金100万円が必要」と言われたことがあります。忘れましたが、ちゃんとした契約書もあったと思います。単価は安く、たいして売れない商品でしたし、何よりも掛け率が70%という高さだったので、あっさりあきらめました。

話は戻りますが、「未払い」の不安を解消して、かつ、小売店の仕入れハードルを下げるには、都度取引というか、注文毎に支払いをしてもらう方法が一番だと思います。ネット販売と同じです。入金後の発送です。

ネットショップでは、「1万円以上で送料無料」というのも多いですが、雑貨卸などは3万円あたりが基準になっていることが多いです。3万円未満の注文の場合は送料がかかるというやつです。ま、この方法も、仕入れる側が「掛売」が常識の世界の人だと取引が成立しないこともあります。

ちなみに、卸売りをする場合の簡易契約書という2008年の記事があるんですが、あらためて読んで、不親切すぎてワロタ、というやつです。この記事だけでは、まともな契約書なんて作れそうにないですね・・・

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

フリーマーケット

着なくなったTシャツはリアル販売で

着なくなったTシャツですが、まず思い浮かぶのはヤフオク出品。でも、ノーブランドのTシャツは値がつかな

記事を読む

無料音声読み上げソフト

老眼や目の疲れが気になるショップ運営者のための超便利な読み上げ無料ソフト

ショップ運営者の日々の情報収集活動において、読むというのは基本中の基本です。しかしながら、30代後半

記事を読む

領収書発行について

銀行振込やクレジットカード決済後の領収書発行について

結論から言うと、銀行振込やカード決済での買い物は領収を発行してもらわなくてもOK。 と思うよ・

記事を読む

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。

記事を読む

ヴィレバン

Village Vanguardがクリエーター(ハンドメイド作家)を募集中

たまたまビレバンのオンラインストアを見ていたら、クリエーターを募集していました。クリエーターはハンド

記事を読む

未来問屋

未来問屋に登録して市場調査してみた

ネット卸の未来問屋に登録。 内緒ですが、「欲しいブランド品、仕入れられるかなぁ~」と思ったのが

記事を読む

ハミングバード

ハミングバードを知らないあなたは・・・

「ハミングバード」と聞いて「何それ?」というあなたは相当遅れています。本日学んだ専門用語、英語で言う

記事を読む

屋号口座

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名

記事を読む

リアル

リアルのネット情報は1ヶ月遅れ

グルメサイトに投稿してみたこともありましたが、いまひとつ、楽しくないんですよね~。特に書くこともない

記事を読む

得策

どこでネットショップを作るのが得策?

得策とは、うまいやり方のことですが、この質問は難しいですよね~ 商品の特性や価格帯など、諸々の

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑