ECサイト運営に役立つ書籍5選+1

おすすめ本

この記事は約8分で読むことができます。

ただでさえ狭い自宅を積読がさらに狭くしている・・・

年末に向けていらない本を処分しようと思って取りかかるも、「こんな本買ったっけ?」とパラパラめくりながら読んでしまって終わる。

結局、処分にいたらず、ここに5冊の本を紹介するに至る。

というわけで、買った覚えもない本を読んでみると意外に役立ったのでシェアしたいと思います。

バカ売れキーワード1000

この本に掲載されているキーワード1000語。

類語を含めると4000語。

でも、中学生以上なら100%理解できる言葉ばかりです。

でも、モノやサービスを販売する必要があって「どんな言葉を使おうか?」と考えるとき、この1000キーワードを瞬時に頭の中に思い浮かべて、適切なキーワードをチョイスする。

そんな芸当ができる人は、まずいないでしょう。

だから、そんなときこそこの本。

英語学習で使う辞書のように手元においておくと、販売ページやランディングページを作成するときに、その重要性を実感するでしょう。

この本では「強調したいとき」「リアル感を出したいとき」「お得感を出したいとき」など9つのテーマ別にキーワードと、その使用例が紹介されています。

ま~よくもこんなに集めてまとめ上げたな・・・と感心しますね。

この本の特徴は、なんと行っても「○○」です。

キーワード1000

読んでいる人の事情に合わせて○○を当てはめて考えることができます。

○○するのが楽しみ。

「散歩するのが楽しみ。」「子供と遊ぶのが楽しみ。」「出かけるのが楽しみ。」などなど。

販売商品のベネフィットを考えながら、いろいろ当てはめてみながら、しっくり来るキーワードを選ぶことができます。

売れるコトバと買わせるセリフ

先の1000キーワードとテーマ的にはかぶりますが、 「行きやすさ、入りやすさで売れるコトバ」といった章があるように 、どちらかというとリアル店舗を想定した内容です。

辞書的というより、読み物的な構成になっているので、興味のあるところだけをピックアップして参考にすることができます。

というのも著者は、あの船井総研の社員さん。

「安心感で売る」の章では、「社長や社員をキャラクター化して愛嬌を出す。」という箇所があります。

「愛嬌を出してどうなる?」って思うじゃないですか。

そこで事例です。

リフォーム会社のチラシで、社長と社員のやり取りを見出しにしてスゴイ反応率を得て良い結果が出た。といった内容です。

リフォーム会社とか、「騙されるんじゃないか?」って思う人が多い中、社長や社員がキャラクターとして登場することで、安心感を与えて好反応を得た事例です。

ネット情報をかき集めた薄っぺらい内容とは違う。

さすがコンサル会社社員。 現場の経験から得た豊富な事例は圧倒的です。

0円集客

リスティング広告も高騰し、反応もなかなか得られないこのご時世。

タダで集客ができればなぁ~

誰もが思うことですね。

この本、実は処分対象です(笑)

すでにダンボール箱にイン。

というのも、0円で集客できるアイデアの紹介にすぎないから。

ちょっと、タイトル盛りすりましたね。

当たり前です。本1冊読んで0円で確実に集客がなら誰も苦労しませんよ。

書籍のタイトルは内容とのバランスが大事ですね。

でも、良いこともちゃんと書いてありますよ。

135ページ「人は何に刺激されて動かされるのか。」

集客集客って一生懸命SEOをやって人を集めても、集めた人の心が動かないと何も結果がが得られませんからね。

忘れていた事を思い出しまいた。

たまにさっと目を通すと、このような気付きや出会いがあるので本は捨てられないですね。

すみません。この本は売っちゃいますが・・・

3%の経営発想力

おそらくレコメンドで買った本だと思います。

著者の会社も知らないし著者自身も知らない人。

でも、中身は気づきがたくさんあります。

ECサイトにとどまらず、起業や経営全般に役立ちます。

ちょっと調べてみましたが23歳で「官公庁の認可申請・補助金受給等に関するコンサルティング会社」を 起業 。

現在は、おそらく70歳を超えているようです。

世間的には無名だとは思いますが、そういった経営者の話って聞く機会ってなかなかないじゃないですか。

この本は、あーしろこーしろ命令的な内容ではなく、ご本人の経験をもって言える大事な要素を、事例を踏まえて紹介している感じです。

保育園を立ち上げた話では、「保育園で利益を上げるのではなく二次利益や三次利益を得るこを想定していた」という部分なんか、これからECに参入する人も参考になるんじゃないですかね。

儲けのアイデア発想術

儲け」系の面白い書籍をいろいろ出されている著者。

今見たら、絶版本なのか、定価1400円のところ6000円弱になっていますね(笑)

儲けのアイデア発想術

いやぁ~何という本でしょうか。

販売方法に関わらず、金をかけずに集客する方法。

経営系の本にはおなじみの藤田田のエピソードなど。

特に、「ガンダムで集客して・・・」のところは、「だよね!」って思いました。

これからまさにやろうと思っていること。

ガンダムじゃないですよ。

とあるターゲットを集めるには、とあるテーマでブログなりインスタなりをすれば、とあるターゲットが集まってくる。

そこで販売サイトへの誘導。

0円集客。

正確にはサーバー代月額50円以下(マルチドメインなので)。

8年前の本ではありますが、なかなか読み応えがあります。

高値で売れるので処分しようかどうしようか・・・(^^)

売らずに買われるネット通販

おなじみ通販システムのショップサーブを提供するEストアー創業者の著書。

ブログのナビゲーションでも紹介していますが、一言で言えば、ネットショップの作り方の基本」をわかりやすく説いてくれている書籍ですね。

たぶん、本人が書いたわけではないでしょう(笑)

過去にやっていた有料セミナーが元ネタです。

でも、残念ながら、その良質なセミナー、もうやってないんですよね。

受けてよかったと思います。

また、サブタイトルには「見違えるように人が集まる繁盛ショップのつくり方」とあります。

これは販売サイトの作り方を一切知らない人が、このメソッドで作り直したら。確かに見違えるように集客ができるようになると思います。

でも、それは、ハッキリ言って一朝一夕でできるようなことではないです。

コツコツ、長期に渡って様々な施策を行いながらやらないといけないので、ガチでネット通販をやる人向けですね。

B5サイズのムック本的な構成なので、めちゃくちゃ読みやすいです。

初心者やネット通販に明るくない中小企業の社長さんなんか、一読するといいかもしれません。