ギャー(゚∀゚)。会社の利益が出すぎた。節税方法イロイロ。

利益が出すぎた節税!?

この記事は約7分で読むことができます。

「しまった!利益が出すぎた!税金がヤバイ・・・」

ありますよね~

でも、「のどがかわいた時には、すでに脱水状態。」などと言われるように、「利益が出すぎた!」と思った時は(ちょっと)時すでに遅しの場合も。

これだけは、普段からの心がけ&対策しかないですよね。

期末近くになって利益が出すぎたからと言って、ごにょごにょしても、「それは不正な操作だ!脱税だ!」ということになりかねないですから。

でも、ありえない脱税をして、のうのうと過ごしている人たちが、ごまんといることを考えると、ちょっとくらい、あれやってもいいのでは?って思っちゃいますよね。

パソコン等仕事に必要なモノを買う

「経費で必要なモノを買う。」というのは、もっともポピュラーな節税方法です。

コピー用紙などを買ってもしれているので、ある程度の金額のモノを買うのが一般的です。

パソコンなどは、30万円未満(299,999円以下)までは一気に経費にできるので人気です。

ただし、個人事業主の場合は「青色申告」であることが前提です。

極端な話、29万円のパソコンを10台、20台と買えば、その分まるまる利益を圧縮することができます。

29万×10=290万円

数百万円の利益なら一瞬で吹き飛ばせますね(笑)

例えば、決算期近くに新品のパソコンを5台買って150万円くらいの経費を上げる。

決算終了後、新品のまま売却する。

怒られそうですが、そういうことをしいている会社や個人も多いです。

ただし、売却代金はしっかり帳簿に「売上」などとして記帳しなければいけません。

「必要だと思って買ったけど、必要じゃなかったので売却した。」ということですね。

まあ、若干脱税のニオイはしますが、金額が大きくなければ、ツッコまれることもないでしょう。(自己責任で)

高級車を買う。

まあ、そこは普通に、ベンツを買うとか寄付をするとか、普通のやり方がおすすめではないでしょうか。

車に興味はなくても良いんですよ。

節税目的ですから、買って車庫に保管しておくだけで節税にはなるんです。

なぜ、高級車が節税のオススメ」かというと理由は2点。

(1)毎年減価償却で経費を計上できる。
(2)いざとなったとき売却すれば現金化できる。

特に、いざとなったときの現金化が、普通の車と高級車とでは換金率が全然違うってワケですね。

例えば、300万円で国産車をかう。「いざ」となる。売却する80万・・・

でも、高級車を1000万円で買う。「いざ」となる。売却する700万!

だから儲かる社長は高級車を買うんですね。もちろん、「ただ好き」と言うだけで買っている人もいます。

マンションや家を買う

会社の業績が良い場合の節税方法のひとつですね。

不動産を買う場合は、単に節税というより、資産運用的な意味も含みます。

例えば、「木造モルタルの新築の家」を2000万円で建てたとします。

モルタルとはセメントと砂を混ぜて壁に塗るやタイプのやつです。

昭和時代の建物に多いですね。

こんなやつ↓

モルタル

自動車と同じく、家を買った場合も、一気に経費にはできず、「決められた金額を毎年経費」に上げることになります。

例のように、木造モルタルの新築だと20年間に渡って毎月100万円ずつ経費として上げることができます。

「耐用年数(たいようねんすう)」といいますが、作りによって、「その建物の価値がゼロ」になるまでの年数が決められています。

鉄筋コンクリートのマンションなどは47年などです。

同じ2000万円で新築マンションを買った場合は47年の分割計算で、経費を上げていきます。

その場合、毎年44万円の経費です。

新築の木造モルタルのほうが、短期的に見ると節税になりますが、資産運用という観点で考えると、また違った解釈になります。

こんな裏ワザもある

これは節税じゃないんですが、経営者の生活コストを劇的に下げる方法があります。

まあ、実際はポピュラーな方法で、裏ワザでもないですが・・・

それは、利益が出すぎたタイミングで会社そして家を買う。

節税になりますよね。

さらに、買った家に本人が住む。

厳密には、本人が住んで家賃を払う。

家主は自分(法人)、借り主も自分(個人)という変な構図になります。

賃貸マンションなどに家賃を払っていて、「家賃たけーな」なんて場合にかぎりますが、会社で買った家に住むことで劇的に家賃を下げることができます。

世の中に「社宅」と言う名のご立派なマンションなどを持っている企業もありますが、住んでいる社員って、世間相場よりはるかに安い賃料で住んでいますよね。

それをやっちゃうわけですね。

家賃の算出方法など、ある程度の縛りがあるので、もし、「法人で家を買って自分で住む。」なんて計画している場合は、会計士や税理士に相談するのが良いです。

おすすめ本

広告費を爆弾投入はアウト

大昔に、「利益が出すぎたので、期末近くに、現金でリスティング広告に大金をつぎ込んで一括で処理した。」と言う人がいました。

金額でいうと500万円くらい。

これって、厳密には節税になっていないんですよね。

「毎月リスティング広告費が50万くらいなのに、期末にいきなり500万。」

過去の広告費の平均よりも、突出している額が出費された場合は、あきらかにおかしいですから、税務調査が入ると指摘される可能性は高いと思います。

「平均以上の額は、来季の広告だから今季の経費とは認めない。」なんてことになるかもしれません。

というか広告費をつぎ込んでも、消化されていない部分は経費じゃないですからね。