会社 利益が出すぎた 節税方法

利益が出すぎた

この記事は約2分で読むことができます。

たまにある訪問キーワードです。

「しまった!利益が出すぎた!」

ありますよね~

でも、「のどがかわいた時にはすでに脱水状態」などと言われるように、「利益が出すぎた!と思った時はやや時すでに遅しです。

これだけは、普段からの心がけしかないですよね。期末近くになって、利益が出すぎたからと言って、ごにょごにょしても、「それは不正な操作だ!」ということになりかねないですから。

でも、ありえない脱税をして、のうのうと過ごしている人たちが、ごまんといることを考えると、ちょっとくらい、あれやってもいいのでは?って思っちゃいますよね。

ま、そこは普通に、ベンツを買うとか寄付をするとか、普通のやり方がおすすめではないでしょうか。

そそ、大昔に、「利益が出すぎたので、期末近くに、現金でリスティング広告に大金をつぎ込んでいっかつで経費しょりした」と言う人がいました。これって、厳密には厳しいですよね。

過去の広告費の平均よりも、突出している額が出費された場合は、あきらかにおかしいですから、税務調査が入ると指摘される可能性は高いと思います。「平均以上の額は、来季の広告だから今季の経費とは認めない。」なんてことになるかもしれません。

利益が出すぎた場合の対応は、今後、そのように嘆かないように、節税の勉強をして、こつこつ対策すること。でよろしいでしょうか。

これらの記事も読まれています。