*

税金を払う奴はバカ!?脱税ギリギリ路線で行こうかしらん!?

公開日: : 最終更新日:2019/03/10 おすすめの本

この記事は約3分で読むことができます。

節税

さて、こんな本を読んで思ったこと。

利益が出すぎているときに、「何か合法的な節税方法はないか?」と考えるのは、誰しも同じ。

そんなときの「合法的節税方法の定番」の1つが、「中小企業経営者向けの死亡定期保険」(商品詳細は各自検索で)

この節税方法も、ついに国税庁がメスを入れることになったのは先月のこと。

公務員として国民の幸せを考えるより、国民に奉仕することより、まずは自分の給料、数字や成績を上げることにしか関心のない輩たち。

その種の公務員たちは、少なくとも国民の味方ではなさそうです。

そんな奴らを変えることはできないので、こっちが変わるしかありません。

上記の節税型保険と同じように、その時代その時代、あるいは、「その年度ならでは」の節税方法があります。そこはしっかり乗っかった方が得策かと思います。

なんせ自由に法改正できる奴らですから、年度が変わった途端にNGになることなんて日常茶飯事です。

例えば、消費税について。

以前は、「開業後2年は消費税は免税」「年間売り上げ1,000万超えの翌々年から課税」というルールがありました。

でも、2年ごとに新規開業すれば永遠に消費税免税という抜け道がありました。

だから、個人事業主Aで開業して、2年後に法人化(法人成り)すれば4年は免税です。さらに4年後、個人事業主に戻したら6年免税です。

まぁ、、そんな明から様な税逃れは通用しませんけどね。。。

今は「開業後半年の売り上げが1,000万、もしくは、給与支払いが1,000万を超えた翌年から消費税課税」とか、「社長の2代目が同居していて、2代目が別会社を作ってもいきなり課税(税逃れ企んでるんじゃねーの?的疑いから)。」など。

彼らは、法の抜け穴を埋めることに余念がありません。ご苦労なことですねw。税理士さんもタイヘンです。

おっと、言いたいことは、節税方法は旬のモノ。そのときにしか効果がないかもよ?未来永劫続くわけではないよ〜ってことです。

最後に、今年でもまだ有効なのは、個人事業主としてのネットショップ開業(ECサイト)でしょう。こんなおいしい商売はないですよ。

あまり詳しく書くと税務署に目をつけられるので避けますが、そーいうことです^_^

以下の記事などご参考に

個人事業主のネットビジネスは極楽だ!
ネット販売は”ショップサーブ”を使え。



Adsense

関連記事

アマゾンに勝てる

ライバルに教えたくないアマゾンに負けない方法が書かれてる本

販売商品の6割くらいがアマゾンで安売りされてしまっている残念なネットショップのオーナーです。

記事を読む

セールス文章実践ドリル

ド定番。セールス文章実践ドリル(竹内謙礼さん)

新規ビジネスのためにキャッチコピーやセールス文章について再びお勉強中です。 ネットショップのキ

記事を読む

マーケティング22の法則

マーケティング22の法則

今から20年も前、1994年発売の本ですが大事なことが書かれてますね~。なぜもっと評価されないの

記事を読む

ネットショップ成功

成功するネットショップ集客と運営の教科書

「ネット業界」なんて本があれば読んでみたい、と思ってブラついていたら、ネットショップに関する本格的な

記事を読む

なぜか仕事がうまくいく人の習慣

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣

オリジナルは2001年の出版ですが、目に止まったのは再編集を加えた2015年版です。好きなんですよね

記事を読む

色で人を操る心理学

色で人を操る心理学

色って意外に大事ですよね。時間つぶしで、セブンイレブンで書籍コーナーに行った時に期になったムック

記事を読む

マインドマップ

マインドマップを描いてすべて解決

アイデアや構想はあるものの、どこから手を付けてよいやら・・・と右往左往していたところ、マインドマップ

記事を読む

父の日

セブンイレブンの父の日ギフトパンフレットに学ぶ

セブン-イレブンで買い物したときに「ご自由にお持ち帰りください」だったので1冊入手。父の日キャンペー

記事を読む

ワル知恵最強バイブル

ワル知恵 最強バイブル(知らない人は一生損する)ムック本

セブイレで一目見てジャケ買いです。 こういうタイプの本は、「ワル(悪)」とは入っていますが

記事を読む

メールマガジン

山口さんのメルマガまとめ読み

山口拓朗さんという方のメルマガを購読中。と言っても、ほとんど読めてないのですが、たまに、まとめ読みを

記事を読む

Adsense

Adsense

写真優位効果
写真優位効果(ユーザーは文字を読みたくない!)

返報性の法則やら、アンカリング効果やら、フット・イン・ザ・ドア

11月の販促
11月のイベントに向けて販促キャンペーン・スケジュールを立てよう。

気づけば、今年も後半戦じゃないですか。販促は計画どおり進めてい

クロスセル
EC事業者のトップセラーの活用方法(クロスセルに使う)

ネット販売のお手軽副業のお供、在庫不要ネット仕入れのトップセラー(

管理画面改善
朗報。ショップサーブの管理画面少々改善される(オリンピック!?)

このヘッダーの通り、ショップサーブの管理画面の「メニュー部分」

カラーミーの優れたLP(ランディングページ)がGOOD

カラー・ミーショップ・プロを、たまに覗くのですが脱帽です。日々

→もっと見る

PAGE TOP ↑