*

屋号を決めるときは商標に注意する

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 基礎知識やノウハウ, 起業や開業

この記事は約3分で読むことができます。

屋号って基本的になんでも良いんですが、国内外の企業が「商標登録」している名称や、意匠登録しているデザインなどを、同じであったり、酷似していると訴訟問題に発展する危険性があります。その点だけクリアして、売れる屋号を決めたいですね。

商標とは、簡単に言えば、登録した人だけが使える名称です。例えば、弾丸ツアー専門の小さな旅行会社を個人事業で立ち上げます。そして、屋号を「弾丸ツアーX」などとします。アウトです。なぜなら、「弾丸ツアー」という言葉は、ご存知JTBが取得している商標だからです。

わかりやすい例だと思いますが、世の中にすでに商品名やサービス名として広まっている言葉は、どこかの会社が商標登録をしている可能性が高いので、もし、使う場合は、「特許情報プラットフォーム」で検索して、該当がないか確かめる必要があります。

ただし、「弾丸ツアー」は一切使えないのかというと、そんなことはないんです。商標には「効果の範囲」というのがあります。JTBの場合は、旅行関係や輸送関係、スーツケースや車いす等などまでが効果の範囲とされています。だから、効果の範囲外の何かなら、使ってしまっても問題がない場合もあります。

よほど意図的(わざと)に、あるいは悪意をもって使わない限り大丈夫だと思いますが、過去の事例などは一応頭に入れておくほうが良いかもしれません。

わりと記憶に新しいニュースでは、千葉県のガールズバーが、スターバックスの商標登録のロゴをパクって加工(偽商標)、書類送検されました。ネット上では、パクった画像でおもしろ加工したものなどはゴロゴロありますが、これを商売に使ってしまうとNGですよね。

2009年には、京都市のスナックが「シャネル」という店名をつけた上に、ロゴもパクってしまい、商標法違反で逮捕されるというニュースがありました。そこまできれいにパクるとお縄ということです。しかも、相手は世界的なブランドですから、一発アウトです。

どちらのケースも、もしかすると、「商標法違反」なんて言葉さえ知らなかったのかもしれません。でも、「知らなかった」で済まされないのが大人の社会です。必要な知識はちゃんと身につけておきたいですね。

ちなみに、通販サイトで使っているEストアーを調べてみたところ、ちゃんと商標登録されていました。「Estore/イーストアー」です。通販アプリを作って、ちょっと変えて「e-store」とやってもダメでしょうね~


※弁護士に相談とその回答(わかりやすい!)
https://www.bengo4.com/houmu/17/1265/q_2579/

Adsense

関連記事

ランディングページの作り方

ランディングページの作り方は2種類!?

ランディングページの作成で3時間格闘しました。 「ランディングページの作り方」と検索すると、い

記事を読む

vacationrental

空き家をビジネスにするアイデア

田舎に帰ったときに毎回気になるのが空き家。親戚も実家にも空き家あり。家政婦さんじゃないですが、空き家

記事を読む

SSL引っ越し注意

共用SSLの使い方にちょっと注意

個人情報などを送信するページはSSL(暗号化通信)を使うのが常識。でも、独自SSLを買うのはもったい

記事を読む

EC CUBE HETEML

EC CUBEを使う場合の注意点(共用SSL)

「EC CUBEを使ってお店を作りたい。お店サイトは独自ドメインで、カード部分は共用SSLを使いたい

記事を読む

提案営業

やめてよかったウェブ制作ビジネス

無料のホームページ作成サービス(ASP)の台頭や需要の減少、制作単価もどんどん下がっているウェブ制作

記事を読む

一番簡単なネットショップ

一番簡単なネットショップの作り方

yahoo! shoppingが無料になったとはいえ、初心者が初めて申し込んで操作するには難しいよう

記事を読む

イノベーター理論

ネットショップ運営者の基礎知識イノベーター理論

日々、ショップサーブ管理画面と格闘しながらネットショップ運営をしていると、EC業界のことは何でも知っ

記事を読む

クラウドソーシング

クラウドソーシング初心者はノーサンキュー

クラウドソーシングといえば、ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)。 ネットショップ

記事を読む

やってはいけない

ネットショップ開業でやってはいけないこと

やってはいけないこと。それは、マルチタスク。マルチタスクは言ってみれば「ながら」です。「ウェブ編集し

記事を読む

コーディング

コーディングという仕事

気がつけば、世の中では「ウェブページ作成」のことが「コーディング」と言われるようになっているらしい。

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

トップセラー
ここへきて、トップセラーの新規ユーザー急増中

ドロップシッピングの先駆けであり老舗の「トップセラー」を始める人が

SAKURA internet
sakura internetへのwordpress引っ越しと常時SSL化

気づけば「そんなブログやってたの!?」というブログを2つ発掘。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑