*

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 ネットショップ運営, 起業や開業

この記事は約2分で読むことができます。

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名を言うと「え?大丈夫なの?(怪しいんじゃないの?)」って。

名前を知っている銀行=安全

名前を知らない銀行=怪しい

なんか、そんな感じで思っているようです(笑)。ま、そこは、別に「全然大丈夫ですよ。」とか説得はしないですけどね。「ふぅ~ん」って感じ(若干バカにしてるかも・・w)。

さて、屋号口座が簡単に作れるのは楽天銀行ですね。ネットショップ運営者には定番の銀行なので、まだ作っていない場合は作っておきましょう。

新生銀行も人気があるのですが、こちらは残念ながら屋号口座は作れません。プライベート用に使うか、仕入れ代金の支払い用に使うかにしたほうが良いです。なんたって、振込手数料が無料ですからね。しかも、コンビニATMからの引き出しも無料。知らない人意外に多いんじゃないでしょうか。

ちなみに、新生銀行はネット専業ではなく、少ないですが店舗があります。北は北海道(札幌)から、仙台、東京、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡まで。沖縄はないです。

各店舗は9時から17時まで開いています。直接行けば、店舗で口座を開設することができます。面白いのが、紙て、後日キャッシュカードや暗証番号(その場で決めることもできる)が送られてきます。同時にネットバンキングも使えるようになります。最初の預け入れも不要で0円でOKです。

ただ、、、、口座開設完了後、粗品はついてきます。

これ。

新生銀行粗品

いらね~。

そこは、粗品なしでスマートにしてほしかった!

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

no image

他店のほうが安いという言いがかりクレーマーの対策

「言いがかり」とは、「筋の通らない主張や論理のこと」。つまり、自己チューのたわ言。ショップ運営をやっ

記事を読む

あなたの知らない世界

使わなければ一生知ることのない世界

時速制限のないことで有名なドイツのアウトバーン。そこを日本車(GT-R/日産)で300km以上のスピ

記事を読む

no image

廃棄食品横流し

CoCo壱番屋の産廃業者の冷凍ビーフカツ横流し事件のニュース。以前、デリバリー(出前)のポータルサイ

記事を読む

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

事業用口座

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソ

記事を読む

メール便の代わりの手段で商品を安く送る

先月末でメール便が終了したんですよね。メール便はめったに使わないけど、たまに使うので「なければ困る」

記事を読む

仕入先を聞かれたら

お客様に仕入れ先を聞かれた場合

ネットショップをやっていると、必ずくる問い合わせのひとつが「仕入先を教えてほしい」「メーカーはどこで

記事を読む

レスポンシブ・ウェブ・デザイン

レスポンシブ・ウェブ・デザイン(RWD)急務!

Googleのモバイル検索のランキングに影響があると言われてるレスポンシブ・ウェブ・デザイン。簡単に

記事を読む

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑