通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん

第11回 ネット問屋一覧 2018

仕入先を見つける方法

「仕入れは街の現金問屋などに足を運んで・・・」という昔ながらの構図は崩れつつあります。 いち早くIT化を進めた問屋やメーカーは、誰もがネットで簡単に仕入れができるシステムを構築し、ネット通販の新規参入者に支持を得ています。

以下、オンライン問屋として有名なところや誰も取り上げていない企業などを一覧にしました。なお、ネット問屋には、問屋がIT化した純粋な卸しタイプと、 メーカーや問屋と小売店の橋渡しをするBtoBサイトに分かれます。(2018年9月更新)

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

ネット問屋一覧


1.トップセラー

トップセラー

ネット仕入れのスペシャル定番トップセラー。40万点弱(どんどん増えている)という豊富な商品アイテムの中から好きな商品を選んで販売できます。しかも、在庫の買い取りはなし。売れたときに仕入れが発生するだけ。発送もおまかせのドロップシッピング形式。

そりゃ副業派にウケるのもわかりますよね。ネットビジネスのコツは「小さく始めて大きく育てる。」場所も時間も限らている方の副業ネットビジネスのお供です。通販システムは相性の良いメイクショップがおすすめです。

《《急朗報2018!》》 300点仕入れのセレクトショップから始めよう!


問屋一覧に戻る↑

2.ネッシー

NETSEA(ネッシー)

こちらもネット仕入れド定番のNETSEA(ネッシー)です。トップセラーのような直送式ではなく在庫を買い取るスタイルに向いています。

「すでにネットショップを運営していてアイテム数を増やしたい。」「新規の取引先を見つけたい。」という場合に重宝します。

仕入れ会員もサプライヤーも利用無料なのも嬉しいです。管理人もサプライヤー(卸会員)で登録して売れる商品を卸しているので探してみてください。

関連記事
仕入れのネッシーてどう?


問屋一覧に戻る↑

3.オロシ─(orosea)

オロシー

大阪府高槻市にある1964創業業の日本タイガー電器株式会社が運営するネット卸のオロシー。なんとも、大阪らしい?オヤジギャク的要素満点のネーミングです。この会社の得意とするのはその名の通り電器機器、美容機器、健康機器が中心です。

ただ、トップセラー同様に、商品をお客様に直送してくれるドロップシッピング式に対応しているとは言うものの、取扱商品数が、はっきり言ってショボいです。また、品切れも多く残念な感じです(笑)。膨大なアイテム数を持っているにかかわらずネット掲載は手が回っていないのでしょう。中小企業あるあるですが頑張って欲しいですね。


問屋一覧に戻る↑

4. Web現金問屋

Web現金問屋

こちらもかなり昔からあるネット卸のWeb現金問屋です。「アパレル・ドレス卸問屋街・仕入れサイトのイチオク」とサブタイトルが付いているようにアパレル系が得意です。

基本的に有名ブランドはないので、セレクトショップの開店に向いていそうです。「カジュアル」「セクシー」「ストリート」「エスニック」などのタイプからも商品が探せます。


問屋一覧に戻る↑

5.通販素材

通販素材

言わずとしれた通販素材。トップセラーと同じく、「商品データを借りて販売、商品は顧客直送。」というノーリスクのドロップシッピング式ネット問屋です。

サイトをひと目みてわかるように「家具系」を得意にしている企業です。注目すべきは商品写真の質の高さです。Webサイトはやや古めかしい感じがしますが、写真の質はかなりのハイレベルです。

月額利用料は無料なので、レンタルネットショップはカラーミーを使えば、月額たったの3,240円で通販サイトが運営できてしまうというからびっくりですね。便利な時代になりました。


問屋一覧に戻る↑

6.未来問屋

未来問屋

ブランド腕時計の仕入れに強い未来問屋(いいネーミング)。腕時計のネット販売ではトップシェア。1点から卸売。返品可。ドロップシッピング可。

2016 年現在、アクセサリーやインテリア、キッチン用品、家電、自転車や喫煙具、オモチャなども充実してきています。インテリアに反応する管理人も会員になっていて、利益率の高い商材も発見すべく日々物色中です。


問屋一覧に戻る↑

7.スーパーデリバリー

スーパーデリバリー

元祖ネット仕入れのスーパーデリバリー。婦人服から雑貨類、家具、寝具、アウトドア用品や電化製品、食品、日曜品にいたるまで、取り扱い商品数56万点(2016年現在)と、ネット業界では最大規模です。

ただし、在庫を持たず直送したい人はお断りのサイトです。以前は、ネット販売NGで実店舗のみでしが、現在は「サイトの規模感、コンセプト、クオリティーなど」を審査され、それにパスすればネットショップでも仕入れることができます。

また、「オークション、極端な値下げをされるサイトはご入会いただけません。」という注意書きからわかるように、かなり本気向けの商売向けです。実店舗ショップのアイテム数強化などには向いてそうです。


問屋一覧に戻る↑

8.GOMEN Online

Gomen

GOMEN Online。なんと大正12年創業の、大阪に拠点を置くアパレルの総合卸商社のオンラインサイトです。単なる輸入商社ではなく、マーケティングから、商品企画、研究開発、生産、販売まで一貫して行っている点は注目に値します。

会員になるには審査があり、また、一般消費者を一切受け付けない方針をとっていいるため、きっちり利益の取れる仕入れができるのは本格開業派にとっては見逃せないサイトですね。


問屋一覧に戻る↑

9.TRADEX

TRADEX

宮城県仙台市に拠点を置くTRADEX社。RED KAP、アメカジ雑貨、KALASTYLE SOAP、HUSTON、JOEY FACTORYなどを取り扱う小売兼卸販売の企業です。

総合卸ではなく、セレクト卸と言う感じですね。ネットショップ「BOOMJAPAN」というショップ名で、楽天とyahoo! shoppingにて直営店も運営しています。審査はあるものの、初回の取引から掛売の取引ができるのは親切です。


問屋一覧に戻る↑

10.BUYON(バイオン)

buyon

BUYON。韓国のアパレルが仕入れられるオンライBtoBサイトです。韓国の東大門市場の問屋4358社(2016年12月現在)が出店していて商品数は50万点を超えます。毎日1300点以上の新商品が更新されています。日本にいながら中間業者を通さず韓国卸問屋から直接現地卸値で直接仕入れらるので他のBtoBモールより50%~30%安く仕入れるのが特徴です。

メンズはちょっと弱い印象ですが、レディースはかなり充実してそうです。主婦が個人事業主として開業しバイオンから仕入れてネット販売しているケースも増えてきているみたいですよ。


問屋一覧に戻る↑

11.juraice.C

シルバーアクセサリー専門の小売兼卸企業juraice.C(http://www.juraice.com/)素材は、ステンレスや石からダイヤモンドやプラチナまで。BURBERRY、Emporio Armani、Gucci、Swarovski、BVLGARI、COACHやCalvin Klein、ドルチェ&ガッバーナなど、トップブランド品も取り扱う。初回3万円から、2回目以降は1点からでも販売というややゆるい条件なのでビギナー向けかも知れません。

※2018年現在、以前のサイトは閉鎖されています。しかし、yahoo! shoppingなどでは販売されているようえす。

問屋一覧に戻る↑

12.Purestone.com

Purestone

Purestone.com。東急ハンズや百貨店、テレビ通販などとも取引のある天然石やビーズ、シルバー、水晶などの卸売専門ストア。取り扱いは約8000アイテム。特に、天然石ビーズの取り扱いは業界ではNO.1とのことです。


問屋一覧に戻る↑

13.雑貨問屋アイシステム

雑貨問屋アイシステム

雑貨問屋アイシステム。カントリー雑貨をはじめ、アメリカン雑貨・アジアン雑貨、フレンチ雑貨・イタリアン雑貨など。かわいい雑貨やおしゃれな雑貨などが取り揃っています。

見ていて思わず欲しくなるアイテムの数々。1点からの仕入れが可能でロット仕入れ限定の商品もあります。セール品コーナーなど、掘り出しものを見つける楽しみは見逃せないかも。


問屋一覧に戻る↑

14.ザッカネット

ザッカネット

文字通り雑貨系の問屋やメーカーが一堂に会するから卸サイトのザッカネット。今では、雑貨に限らず、他ではなかなか見ないアウトドアやペット用品、ガーデニング関係や植物なども取り扱う。

2018年現在、サプライヤー(商材提供メーカー)は2516社。こちらはどちらかというとマッチングサイトになったようです。


問屋一覧に戻る↑

15.卸の達人

卸の達人

太鼓の達人ではなく、卸の達人。名称の通り卸専門。美容や健康系のサプリメントやグッズ、ダイエット食品関係の商材が中心です。会員登録も簡単で、32,400円(税込み)以上で送料が元払い(発送元払い)になる。それ以下の場合は一律700円(安い!)。支払い方法は銀行振込と代金引換も利用できます。クレジット払いや掛け売りはなし。

※他の卸サイトも同様ですが、登録名は屋号を付けましょう。何でも良いです。事業所ぽいネーミングです。というのも、運送会社によっては、個人宛の荷物はバカ高い料金になる場合があります。同社も一律700円とは書いていますが、これは事業所宛が前提の可能性があります。


問屋一覧に戻る↑

16.もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング トップセラーと商品は同じです。こちらは、ネットショップを持たずに販売が開始できます。 アフィリエイトに近い販売方法がとれるのと運営者情報は出さなくても済む点は、内緒の副業派には嬉しいですね。

問屋一覧に戻る↑

17.USnet

USnet

USnet。サーフィン・スケートボード・スノーボード等のボードカルチャーを中心に関連のファッションや雑貨やなども取り扱う仕入れ・卸サイトです。

アウトドア用品は約170点以上、ドッグギア約40点、自転車関係約40点と、ボード関係には及びませんが、関連ショップさんはチェックされるもの良いでしょう。


問屋一覧に戻る↑

18.アパレル問屋.com

アパレル問屋

アパレル問屋.com。2017~2018年期に、BtoB市場に新規参入してきたネット問屋(会社設立は2005年)。その名からもわかるように、アパレルが中心です。で、他の問屋と一線を画すポイントがあります。

それは、「在庫処分」。ちょっと聞こえは悪いですが、仕入れ掛け率がなかなか見ものです。「できるだけ利益を出したい」という方は要チェック!もしかすると、人に教えたくないサイトになるかも!?


問屋一覧に戻る↑

19.株式会社ファースト・アロー

ファースト・アロー

輸入雑貨のファースト・アロー。ひと目で何を扱っているかわかりますね。おもちゃを中心に輸入雑貨が仕入れられるサイトです。個人的には、あまり見たことのない変り種!?雑貨など、「もしかしたらこれ、ヒットれるかも?」なんて思ったモノもありました。

担当者と直接お話したことがありますが、個人事業主でもネット販売でも普通に仕入れができるそうです。ただし、直送ドロップシッピングの形式ではなく、普通の卸だったと思います。


問屋一覧に戻る↑

20.株式会社ハシモト

ハシモト

輸入雑貨のHashy。カラフルでかわいい雑貨が勢揃い。バス用品にインテリア、ステーショナリー、そして、Miffyやサンリオのキャラクターグッズも仕入れが可能になっています。

こちらは小ロットからの発送が可能、しかもクレジット払いもOK.もちろん、登録費用等はなし。OEMもやっているので、「後々オリジナル商品を作りたい!」なんて場合は良いかも知れません。


問屋一覧に戻る↑

21.MARUSHIN BtoB(丸眞株式会社)

MARUSHIN BtoB(丸眞株式会社)

輸入雑貨のMARUSHIN BtoB。2018年4月新規オープンのBtoBサイト。このサイト、一番のキーワードは「タオル」です。タオルを中心にバス・トイレ、キッチン他。なんと言っても、それもキャラクター系が豊富なのが特徴でしょう。

「となりのトトロ」を中心にスタジオジブリ、ムーミン、リサ・ラーソン、サンリオ、ドラえもん。そして、ファンも多いでしょう、スターウォーズやマーベルまでありますよ。誰か仕入れて売ってください。欲しいです(笑)


問屋一覧に戻る↑

21.TEN TO TEN MARKET(テントテン)

TEN TO TEN MARKET

輸入雑貨のTEN TO TEN MARKET。『「日本のいいもの」「世界のいいもの」をテーマとして、衣・食・住・遊の「伝統」「技術」「デザイン」「機能美」を取り集め編集し、厳選したアイテムをお届けします。』(同サイトから引用)

雑貨にカテゴライズされますが、「九谷焼」とあるように、品質は一定以上のモノを取り扱っています。

2017年9月の開設のため、まだまだ品数は少ないですが、同サイトを運営する株式会社大西(資本金1億)は1944年の創業です。すべての商品を載せきれるとは思いませんが、今後は商品の充実、そして、『商品特長はもちろん、その商品が生まれた背景や、世界観、ディスプレイノウハウなども掲載』となかなかの気合いの入れようです。しばらく注目したいですね。


問屋一覧に戻る↑

23.秋田県産株式会社

秋田県産株式会社

毎年9月、東京ビッグサイトで開催されるインターナショナル・ギフトショーに常連出店する秋田県産株式会社。社名の通り秋田県の企業ですが、秋田県産の農産物や製品とは無関係のアンティークやレトロ雑貨の輸入販売を手がけています。(過去は知りませんが)

ギフトショーの出店では、限定品やレア物を求め、オープン前から行列ができ、オープンと同時にダッシュする人がいるほど、その業界のお店さんにとってはカリスマ的商社だとか。

そんな同社が本格的な卸サイトを開設しました。ここ1、2年の話です。以前も専用サイトはありましたが、今のように簡単に仕入れができるタイプではなかったんですよね。リニューアルってことは、積極的に新規の取引先を募集する意思があると考えて良いでしょう。一応、担当の方に「個人でも仕入れられるか?」と聞いてみたところ「OK」とのことでした。(2018年9月追加)


問屋一覧に戻る↑

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP