通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの作り方

ネットショップの作り方講座2016

ネットショップの作り方 タイトル
ネットショップの作り方  タイトル


普段、ネットショッピングで利用できる通販サイトは何百万、何千万とありますが、 実は、作り方は、11パターンほどです。どの作り方を選ぶかは、今のあなた(企業含む)の目標や環境を考えて決めると良いでしょう。

目標とは「趣味なのか?」「小遣い目的なのか?」 「本格的なビジネスが目的なのか?」「とりあえず上司から指示があったので形だけ用意するのか?」などです。環境とは、例えば、持っている技術レベルや人材、資金、顧客などです。

いまだに「ネットショップ開業」=「ホームページ制作」と勘違いしている人が多いので、ぜひ、いろいろあるパターンを知ってください。

中学生でもわかる

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

作り方は11パターン

「ネットショップ」=「ネットでモノを販売するサイト」と定義するなら、その作り方は少なくとも11通りはあります。初心者にとっては、内容が難しすぎ理解できないものがあるかもしれません。理解できない方は、そもそも、そのレベルに達していないので、そこは読まなくて良いです。(2016.6更新)

方法  オススメ度  ひとこと
1 レンタル・ネットショップ ★★★★★ ビジネスするなら普通はこれ。
2 ショッピングモールに出店する ★★★ ちょっと余裕があるならこれも
3 ネットオークション ★★★ 何もやったことのない人向け
4 ネットショップ作成専用ソフトを使う PCソフトを使いたい方向け
5 無料レンタルサービスを使う ★★ 実店舗ショップやおためしに
6 レンタルカートを使う HTML、CSS等習得者向け
7 自作する HTML、CSS等習得者向け
8 オープンソースで作る HTML、CSS、PHP、MySQLの知識
 9 ブログで作る 少ないけど存在する
10  メール受注のネットショップ 昔の方法で今はあまり見かけない
 11  業者によるオーダーメード 資金力とノウハウのある企業向け

ネットショップ作成前の基礎知識

ショップ運営者の基礎知識

2016年現在、通販開業アプリのBASE(ベイス)を使えばスマホでネットショップが作れてしまいます。しかも無料です。便利になって、とても良いことなのですが、、例えば、ショップスタッフを募集した際に「BASEが使えます。(使ったことがあります。)」では、まともなショップ運営の戦力にはなりません。本格的なネットショップを動かすためには、やはり基礎知識から、それなりのスキルが要求されます。そういった観点で、「本格派」を目指す人は参考にしてください。

レンタル・ネットショップの仕組みを学ぶ

現在の主流はレンタル・ネットショップです。レンタル・ネットショップはこのサイトの造語で、正確にはASP(エーエスピー)と言います。わかりやすく言うと、ネットショップ開業アプリです。LINEアプリと違って、内容量があるので使えるようになるまで多少時間が必要です。

中級ノウハウ WEB編集・カスタマイズ情報

当サイトの管理人は、ショップサーブ数店で電脳商店(昔の言い方)を運営しています。ショップサーブは、カスタマイズ性、拡張性にすぐれた開業サービスなので、ウェブが得意な人も多く利用しています。と同時に、新規開業者も簡単に使えるサービスなので、ちょっと変わっているかもしれません。

ここでは、その拡張やカスタマイズなどの技術情報を公開しています。自分の店に欲しい機能をつけてくれ」と言っても、そう簡単には装備されないので、「じゃ、もう自分でつけちゃおう。」そんなノリです。とりあえず、まだコンテンツが少ないので、他の情報も入れています。ご参考まで。

「ネットショップの作り方」関連ブログ記事

過去のブログ記事リニューアル中!

2005年から2014年までのブログから「作り方」に関する記事を集めました。 情報が古く、中身のない記事は、ぼちぼちリニューアルしています。ページのデザインやレイアウトがこのページと同じものは加筆、リライトしたものです。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP