本気のインターネットショップ開業派
ホーム - 初めての方へ - カートを見る/清算 - お問い合わせ  
info2012
space


トップ > ネットショップの運営 > その他 > 個人事業主の屋号で銀行口座を開設する方法

個人事業主の屋号で銀行口座を開設する方法

屋号口座個人事業主の屋号で口座が開設できる銀行と言えば、楽天銀行 やJNBでしょう。ネット販売をしている人なら常識中の常識です。信金とか地方銀行とかでもかまわないのですが、JNBなどのネット専業銀行は口座開設(郵送だけでOK)が楽ですし、ネットバンキングのシステムもとても使いやすく、ショップ運営には欠かせない銀行です。

個人事業はおいしい個人事業主の銀行口座テクニック


新生銀行の屋号口座

屋号口座についてもっとも多い質問は新生銀行についです。こちらは残念ながら屋号口座は作れません。法人口座のサービスもありません。

個人事業において、この銀行の口座を使うのはやはりメリットがあると思います。新生銀行のメリットをひとことで言えば、振込手数料の安さ。月間5回まで無料です。他行での振り込みを1回210円と考えて月に1050円、年間で少なくとも12600円の節約ができる計算です。3万円以上の振込専用にしたなら、420円×5回×12ヶ月=25,200円もの節約になります。

売上げの少ないうちの12600円は大きな金額ですし、三井住友やUFJなど普通の銀行に、無駄に手数料を払うより、新生銀行で節約したお金を広告費やその他の費用にまわすのはとてもカシコイやり方だと思います。

管理人のネットショップの場合、広告費12000円は10万円相当の売上げを作ることができます。二度と返ってくることのない手数料をドブに捨てるのか、広告費や書籍代等に回して、さらに売上げを作るか、それはあなた次第です。

※りそな銀行
りそな銀行の個人口座のインターネットバンキングの他行宛の振込手数料は、金額にかかわらず一律100円です。近くにりそな銀行があるならこれもいいかも知れませんね。(2011年現在)


屋号で銀行口座を開設する-三井住友銀行の場合

古い話になりますが、三井住友銀行で屋号口座を作るためには、窓口に行く必要があります(2004年当時)。ポイントは、通常の個人口座を作ると同時に、窓口のおねえさんに「この口座は事業用なので屋号をつけたい。」と申し出します。そうすれば屋号付にしてくれます。つまり、屋号口座とは、個人口座の屋号仕様のようなものです。

ところが、そのままでは「屋号+個人名」の口座になってしまうので注意が必要です。例えば、屋号が「スポーツテポ」なら「スポーツテポ ヤマダ イチロウ」となるのです。その場合、お客様が振り込みをする際は「スポーツテポ ヤマダ イチロウ」までを入力する手間が発生します。

そこで、ここ重要ですよ「屋号だけで振込ができるようにしたい。」とお願いします。つまり、「ヤマダ イチロウ」は省略して「スポーツテポ」だけの口座名にするのです。すると、確かA4用紙が出てきて、「屋号だけの口座にしてしまってトラブルが起きても当行は関知しません。よろしいですか?」といった同意書にサインをさせられます。

屋号名だけの口座でトラブルなんて、考えられませんので、普通サインすればOKです。これで晴れて屋号名だけの口座が開設できます。

ちなみに、銀行へ来る客で「屋号口座を作りたい。」って客はかなり少数派と思われます。だから、窓口のおねーちゃんは、このことに関して全く知識を持たない可能性があります。

あなた「屋号口座を作りたいのですが?」
窓口 「は?なんですかそれ?」

という流れになった場合は、説明してあげましょう。

※余談
三井住友で口座作ってネットバンキングをするならパスワードはしっかり覚えておいて下さい。ネットバンキングにログインするときパスワードを3回間違ったらロックされてしまいます。これを再開するのになんと・・・書類郵送。個人を証明する住民票やらつけて返送。(なんじゃそれ!)

さらに、書類のわかりにくいことなんの。2回も不備で返送されてきました(経験あるかたも多いかも?)。結果、ネットバンキング再開できるまでに1ヶ月以上かかってしったということがありました。という残念な経験を持つ者として一言アドバイスしておきます。ちなみに、新生銀行やUFJでもうっかりロックされたことがあります。こちらの銀行は先進的で電話だけでロック解除できました。


郵便局で屋号口座は作れない?

2009年3月現在、「郵便局、つまり、ゆうちょ銀行では屋号口座は作れない。法人のみ。」という情報になっています。そんなはずはない。と思うのですが、詳しくは郵便局へ。ちなみに、2004年には、何の書類もなく、超簡単に屋号で口座を作ることができましたが、、時代の流れは速いものですね。


銀行口座開設時の注意点

銀行からお金を借りる際、「口座も持っていない」、「取引経験もない」そんな状態ではお金は貸してくれません。 実は、口座の新規開設も似たようなところがあって、個人として利用のない銀行で、いきなり「屋号口座を作って欲しい」といっても断られる場合があるかも知れません。(楽天銀行 (旧ebank)、JNB除く)逆に、地方銀行などでも、昔から使っている取引銀行なら、屋号口座さえ簡単に作れるかもしれません。

管理人が屋号口座を作った際は、「個人事業を行っている証明」なるものの提出は不要でした。でも、今は架空口座やら犯罪の増加で個人口座の開設さえも手続きが面倒になっているご時世です。「個人事業開業の届出」。何度も言っていますが、控えはありません。必ず数枚のコピーを用意しておくと役に立つかも知れません。



TOP| ネットショップの作り方| 運営ノウハウ| ショッピングカートCGI| レンタルサーバー比較| 教材販売
当サイトはWADAX(ワダックス)のサーバーで運用しています。

当サイト内の記事や写真、文章などすべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright(c) 2005-2013 本気のインターネットショップ開業派(Netshop7.com) All Rights Reserved.