通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの作り方 2019 by 現役社長

ネットショップの作り方講座 2019 by 現役社長

ネットショップの作り方 タイトル
ネットショップの作り方  タイトル


平成も終わり、令和時代ですよ。来年は2020年東京オリンピックって。まだピンとこないですね。EC業界は相変わらず変化の波が激しく。昨日の常識が今日の非常識・・・そんなスピード感です。

さて、ネットショップの作り方について語るページです。2005年作のこのページを更新すること15年にもなりました。昨今いろいろなネットショップを見かけますが、その作り方は様々です。下では11パターンに分けて解説しています。

ネットショップを作る前に、絶対にチェックすべきポイントが2つあります。1つ目は、目的です。ビジネスなのか小遣い稼ぎなのか、趣味なのか。2つ目は、これから作るという人やあなたのスキルレベルです。3つ目はお約束の資金。

これについては、第一項目で触れているのでぜひ確認してみてください。

このページのカテゴリ
1.作り方を探す前のチェックポイント3つ
2.作り方は11パターン
3.ネットショップを実際に作ってみた
4.ネットショップ作成前の基礎知識
5.通販システムの仕組みを学ぶ
6.中級ノウハウ WEB編集・カスタマイズ情報
7.関連ブログ記事一覧


※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

作り方を探す前のチェックポイント3つ

ネットショップ、ECサイトを作る人の目的は様々です。情報を探す前に、かならず2つのポイントについてしっかり検討することをおすすめします。

1つ目は目的の設定です。ビジネスとして真剣に取り組む場合もあれば、「副業で小遣いが稼ぎたい。」とか、「趣味なので売れたらラッキーくらい。」といったパターンまでいろいろです。

目的を定めると、どのようなコースを選べば良いかが定まってきます。例えば、「企業の通販部門を立ち上げてEC市場で新しい売り上げ販路を作りたい。」そんな場合は、しっかりしたシステムを使わなければいけません。

一方、「趣味で作ったハンドメイド作品を公開したい。売れたらラッキー。」そんな目的の人が、毎月15,000円もかけて本格通販システムを借りたり、100万円近く払ってショッピングモールに出店するのはおかしい・・・

2つ目は、作る人、あるいは担当者のITレベルです。「ネットショッピングをたまに利用するくらい。パソコンはなんとか使える。」こんな人が企業の通販担当になってはいけません。

「自分でブログをやっていて、記事を書くのも写真編集をするのもイージーだ。」最低限、これくらいのレベルの人は必要です。逆に「趣味程度」ならレベル関係なく、ゆっくり進めていけば良いです。

3つ目はお約束の資金です。「1円も出したくない。パソコン苦手。でも本格的な通販サイトが作りたい。」・・・無理です。極端な例ですが、資金についても、どこにどの程度使えるのか?といった、簡単な計画表くらいはよういしておくのが良いです。

作り方は11パターン

作り方は11パターン

「ネットショップ」=「ネットでモノを販売するサイト」とするなら、その作り方は少なくとも11通りはあります。初心者の方は★の数の多いところからチェックしてみてください。☆1個などはプロフェッショナルレベル(かなり難しいです。。(2019.4更新)

方法 簡単度  ひとこと
1 レンタル・ネットショップ ★★★★★ ビジネスするなら普通はこれですね!
2 ショッピングモールに出店する ★★★ ちょっと余裕があるならこれも
3 ネットオークション ★★★ 何もやったことのない人向け
4 無料レンタルサービスを使う ★★ 実店舗ショップやおためしに
5 ネットショップ作成専用ソフトを使う PCソフトを使いたい方向け(古風)
6 レンタルカートを使う HTML、CSS等習得者向け
 7  オープンソースで作る  HTML、CSS、PHP、MySQLの知識
8 自作する HTML、CSS等習得者向け
 9 ブログで作る 少ないけど存在する
10  メール受注のネットショップ 昔の方法で今はあまり見かけない
 11  業者によるオーダーメード(スクラッチ開発) 豊富な資金力とノウハウのある人や企業向け

ネットショップ実際に作ってみた

作ってみた

「実際に作ってみた」コーナーを新設しました。実際に販売できるサイトあり、サンプル的に作ってみたのもあり。第一段は、ネット卸のトップセラーを使ったネットショップの作り方を講座にしてみました。

ネットショップ作成前の基礎知識

ショップ運営者の基礎知識

2016年現在、通販開業アプリのBASE(ベイス)を使えばスマホでネットショップが作れてしまいます。しかも無料です。便利になって、とても良いことなのですが、、例えば、ショップスタッフを募集した際に「BASEが使えます。(使ったことがあります。)」では、まともなショップ運営の戦力にはなりません。本格的なネットショップを動かすためには、やはり基礎知識から、それなりのスキルが要求されます。そういった観点で、「本格派」を目指す人は参考にしてください。

通販システムの仕組みを学ぶ

現在の主流はレンタル・ネットショップです。レンタル・ネットショップはこのサイトの造語で、正確にはASP(エーエスピー)と言います。わかりやすく言うと、ネットショップ開業アプリです。LINEアプリと違って、内容量があるので使えるようになるまで多少時間が必要です。

ショップサーブ・カスタマイズ

当サイトの管理人は、ショップサーブでネットショップを運営しています。ショップサーブは、カスタマイズ性、拡張性にすぐれた通販システムなのでウェブが得意な人も多く利用しています。と同時に、新規開業者も簡単に使えるサービスなので、ちょっと変わっているかもしれません。

ここでは、その拡張やカスタマイズなどの技術情報を公開しています。同社に「自分の店に欲しい機能をつけてくれ!」と言っても要望をあげても、そう簡単には装備されないので、「じゃ、いいわ。自分でつけちゃうわ。」そんなノリです。超絶に便利な無料機能を解説しています。

「ネットショップの作り方」関連ブログ記事

過去のブログ記事リニューアル中!

2005年から2014年までのブログから「作り方」に関する記事を集めました。 情報が古く、中身のない記事は、ぼちぼちリニューアルしています。ページのデザインやレイアウトがこのページと同じものは加筆、リライトしたものです。

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP