« 2012年06月 | メイン | 2012年08月 »

2012年07月27日

リアルタイム注文状況(自作!)

ショップサーブにない機能。待っていても仕方がない!自分で補えばいい話。「リアルタイム注文状況」を手動で作ってしまおう大作戦!?失礼、正確には、ほぼリアルタイム注文状況です。これで繁盛感を醸(かも)しだして売上アップを目指しましょう。

レベル:☆☆☆(中級)

使うソフト
1. エクセル (表計算ソフト)
2. HTML編集ソフト (ホームページビルダー等)
3. FTPソフト (管理画面で設定済ませておく)

手順(かんたん7ステップ3分!)

受注台帳には、処理が終わっているものも含め常に100件の注文を残しておきます。(50件でも10件でもいいですが)

1. 受注データ前項目のダウンロード(CSV形式)

   ↓

2. エクセルで開き、4列目の注文日時の列をA~Z(昇順)で並べ変える
  (シートの上部に注文がまとめられる)

   ↓

3. 注文番号、注文日時、注文者都道府県、商品合計の計4列以外全て消去
  (※個人情報は絶対に残さない!)

   ↓

4. 残ったデータのセルを全て選択してコピー

order_list.jpg

   ↓

5. HTML編集ソフトを立ち上げ新規HTMLにペーストしてファイル名をつけて保存
  (今回は「realtime.html」とした。)

   ↓

6. FTPでサーバーの任意のフォルダにアップロード
  (どこでもいい)

   ↓

7. トップページなど任意のページに作ったHTMLを呼び出すiframeタグを挿入
  (トップページがいいですね。)

インラインフレームの例

どうですか?見た目は楽天などのリアルタイム注文状況とそっくりです。というかそのまんま。違うのは、手動なのでほぼリアルタイムということ。3分もあれば更新できるので、時間のある方は、手動にて頑張ってください。繁盛間違いなし!

※注意
「リアルタイム」という言葉は使わず、「最新の注文状況(◯◯時更新)」くらいにしておきましょう。

※この注文状況は架空です。架空なので景気よくしておきました(笑)

2012年07月23日

身軽になったショップ運営

ショップ運営に必要な機材は、お店の形態にもよりますが、在庫を持たないタイプのショップの場合は、もはやパソコンとスマートフォンさえあれば、いつでもどこからでもショップ運営ができてしまいます。旅行や出張など、短期的な運営ならスマートフォンだけでも十分です。

写真も動画もスマートフォンで撮影できるのでデジカメは不要。コピー専門店やコンビニなどを使うとプリンターも不要。FAXもメール送信が一般的ですし、コンビニからも送信できますからFAX専用機なんてのは、もはや無用の長物ですね。デスクトップパソコンも最近お目にかかることもなくなりました。

オフィスを持たない派にとってはモバイル回線は必須ですね。イーモバイルやドコモのFOMAハイスピード、Pocket WiFi、ホットスポット(Wi-Fiスポット)などを使えば、いつでもどこでもネット回線付きオフィスです。「スターバックスがオフィス」という人も多いでしょう。固定費が気に入らない場合は、Willcomのエアエッジのレンタルなども便利ですよ。

mobile1.jpg

スマートフォンからショップ管理画面(ショップサーブ)を操作。見慣れた画面です(合成ですが)。商品情報編集はもちろんのこと、メール送信や各種設定もできます。毎回パスワードを入力しないといけないのは面倒ですが・・・

先週の金曜日、在庫の更新をし忘れて帰ったある店長は、自宅のトイレで、そのことを思い出し、愛用のスマートフォンで在庫の数字を更新したそうな。10年前なら確実に緊急出動でしょう。

2012年07月13日

メルマガで売れた!

お店ではメルマガは発行していませんが、年に数回、思いつきで、集めたメルアドにメルマガを送信してみたりします。すると、それだけで、注文が入ります。ウソのような本当のハナシ。

その都度、「なるほど、ショッピングモールではこういう感じなのか。」と思います。ショッピングモール(YやR)出店のお店のやり方は、プレゼントはじめ、いろいろな手法で見込み客のメールアドレスを集めます。そして、メルマガを発行して、売上を作るのが一般的です。

さて、具体的数字です。プレゼントに応募してくれた人1300件に送信。そのうち約130件(10%)ほどがエラー。注文は翌日に2件(その後多少はあるかもしれない)。売上約5万。プレゼントへの再応募が10件くらい。極めてゆるい結果ですね。それでいいんです。独立型は(笑)。定期的に発行すればもっと良い結果が待ってるんでしょうねぇ~

ところで、メルマガと言っても、内容は非常にあっさりしています。長いメルマガはもはや書けません。文字数を数えてみましたが、わずか280文字。要件はひとつ。「プレゼント始めました。ご応募ください。」後は、季語を入れた挨拶ほか、リンクの案内など。

「メルマガ面倒くさそう。」とか「メルマガなんて興味ないな。」という人も多いとは思いますが、発行する予定はなくても、登録者を募集するだけしておけば、後で役に立つかもしれませんよ~

メルマガ設定

1. デザイン設定
   ↓
2. メルマガ紹介ページ

 ここでメルマガの案内や、登録時の返信メールの内容などを設定します。


メルマガ募集フォーム設置

1. デザイン設定
   ↓
2. 全体のレイアウト
   ↓
3. 「メルマガ登録」を「表示」に変更
  左カラムか右カラムに表示するかチェック
   ↓
4. 「表示レイアウト設定へ反映」
  「表示レイアウト」では、できれば上のほうの配置にしておくと良いです。
   ↓
5. 「設定を保存する」