2014年05月09日

「やってはいけないこと」のまとめ

「注文しやすくするため(売上を上げるために)にやっておくべきこと」の他に、「やってはいけないこと」ってけっこうあります。ま、逆にすると「やっておくべきこと」になったりしますが。

自社サイトを眺めながらまとめてみた的。

※思いついた順

やたらデカイヘッダー
ブラウザの半分も占めるような大きなヘッダーに意味なし。4分の1~5分の1以下かな。

文字が小さい
ASPを使っていない自作ショップなどで良く見かけます。老眼の方にもきついのでは?

英語を多様
日本人相手なら基本日本語で。海外のお客さん用のサイトは別で用意。

イケテない人(店長・スタッフ)の顔写真
容姿についてどうこういうのは良くないことですが、セールス的にイケてるやつとイケテないやつがあることは知っておいて損はないでしょう。

縦長すぎ
モノには限度あり。ブラウザがヒィヒィ言うほどのデータ量の縦長ページはNG。

店長のプライベート日記
カリスマでもない店長の日記に興味があるのは知人友人だけ。一見さんには地雷かも。

誤字脱字
ページ数が多くなるとチェックできなくなるのは仕方ないですが、発見したらすぐ修正ですね。

名指し批判
批判する場合は読み手に不快感を与えないよう婉曲表現で。

BGM付
ウェブサイトを開いた瞬間に音が鳴るネットショップ。あれば非常に貴重です。過去にはそういうホームページたくさんありましたが・・・

キーワード頻出
SEOでやってはいけないことのひとつですが、読み手が大変です。

変則レイアウト
ネットショップはヘッダー、左ナビゲーション、メインスペースなど、シンプルなので充分だと思います。CSSを勉強して凝ったレイアウトで注文が増えるなら、そのレイアウト教えてください。

2014年05月08日

オリジナル商品

http://president.jp/articles/-/12258

普段、マーケティングや商品の選考をするとき、ほとんど勘だけが頼りですが、さすが大手は違いますね。過去のデータの分析や市場調査、テスト販売など、きっちりセオリー通りのことをやるんですね。

勉強になりました・・・

いや、反省のほうが大きいですが・・・

NBとかPBとか言うと、流通大手の話なので、ちょっと規模をネットショップレベルに落として言い換えてみます。

ナショナルブランド → メーカー既製品
プライベートブランド → オリジナル商品
ダブルチョップ → コラボ商品
リージョナルブランド → 該当なし(あってもいいかも!?)

といった感じですかね。

やっぱ、ネットショップ運営者としては、オリジナル商品がある意味最終目標ですよね。どこにも売っていない自社だけの商品。多少リスクはあるけど利幅はウハウハ%。コラボ商品もよく売れますね。

ただ、記事にもあるように、最近のお客さんは安っぽいものを嫌う傾向があります。個人的にも、あるメーカーの雑貨を買った時、あまりの安っぽさに、そのメーカーとは決別した過去があるので、できるだけ、質の高い、価値訴求できる商品を開発したいですね。

2014年05月03日

失敗しようがないネットショップ開業

ほとんどタダで開業できるので、『失敗』という結果がありえないネットショップ・・・と言うと言い過ぎかも知れませんが、失敗する方が珍しいかも知れません。

もちろん、何をもって失敗とするかは、人それぞれだと思いますが。

個人的にも、失敗という失敗経験がないのですが、なんとか3つほど思い出せました。

1つ目は、仕入れの掛率です。7掛けとか75%っていう商品を扱ったことがあるんですが、こんな掛率で小売は非常に厳しいです。(ネットもリアルもじゃないでしょうか。)

低い掛率の商品ばかりの中の一部として販売するなら、さほど影響ないですが、高い掛率の商材だけでやっていくのは、ビジネスそのものが継続できない可能性が高いです。

いくらタダで始められるネットショップでも、運営していく上では、広告費をはじめ多少の経費はかかるし、売上から売上原価を引いた額が丸々残るわけじゃないですからね。

2つ目は、委託販売。「商品を借りて販売し、売れた分だけ仕入れ代金を後で支払う」という、リスクフリーの販売方法ですね。

ノーリスクというは非常にありがたいのですが、必死になって売らなくても損をしないので、今ひとつ販売する情熱がわかないです(個人的には)。

そうなると、数字も出ませんから、取引先からは期待されず(感謝されず)、関係性も強化できず、気がつけば、同業他社がごっそり買い取って、ガンガン販売していたり。

委託販売の場合は、リスクがない分、やる気や情熱のある人にとっては儲けやすい、ありがたいしくみですね。

3つ目は、運営丸投げ。ショップ運営を自分でせずに他人(業者)まかせにしてしまうケース。ほとんど丸投げされたことがあるんですが、こちらは、ひと通りのことをやるだけで後はほったらかし(笑)

あらかじめ決めておいたこと以上のことはやりませんから、「売上が伸びないから」といって、このお客さんのためだけに、ボランティアで必要以上の時間を取ることはしません。

他人や他業者に任せる場合は、成果主義のほうが良いですね。結果がでなければゼロ円。結果が出れば、それの数%の手数料という感じで。

以上の3つのポイントをまとめると、「仕入れは有利な掛率で商品を買い取り、自らネットショップを運営する」のが一番良い運営方法、ということになるでしょうか。

2014年05月01日

ネットショップの集客、宣伝、広告のまとめ

ネットショップの集客、宣伝、広告についてまとめてみます。

考えてみると、集客って、仕入れ以上に重要なところですからね。ネットショップ失敗例の原因のトップは「集客不足」と言っても良いほどですから。

しっかりエネルギーを注いでいきましょう!

()内は個人的なコメント
「必須」は、「おすすめよ」程度の意味

1.yahoo! リスティング広告 (必須)
2.Google アドワーズ (必須)
2.SEO (必須)
3.相互リンク (最初に数サイトで良い)
4.メルマガ (リピート商材なら積極的に)
5.ブログ (商品説明で説明しきれないことがあるなら)
6.FACEBOOK (リアルな活動がある場合)
7.アフィリエイト (手数料10%出せて、ユーザー教育できるなら)
8.サテライトサイト (情熱300%の方w)
9.モニター (新商品などの場合ある程度効果)
10.park (ショップサーブ(Eストアー)は必須)
11.カラメル (カラーミーユーザーは必須)
12.アイテムポスト (Makeshopユーザーは必須)

ちなみに、7のアフィリエイト(ASP)を何年か利用してきましたが、アフィリエーターのフォローができず完全に失敗に終わりました。手数料も10%以上も出せませんしね。ちゃんとアフィリで稼げる方法をユーザーに伝えられる場合は、アフィリも有効だと思います。

個人的には、8が、急がばまわれで、最終的にはもっとも効果的な集客方法のひとつになるのでは?と思ってますが、なんせネットショップを運営するうえに、さらに新しくサイトを立ち上げていくわけですから、並大抵の情熱では無理です。

燃えに燃えている方専用ですねw

2014年04月30日

差別化のヒント

「既成品を仕入れてネットで売る。」

同業他店が少ないうちはなんとかやっていけますが、増えれば増えるほど、埋没していってしまうのはネット小売の性。そして、お約束の価格競争に陥ってしまうということも・・・

そうならないためにも、常に差別化を探る人も多いでしょう。

「どのような差別化をするか?」という点でヒントになることが多いのが、どちらかというとネットショップの事例ではなく、ネットショップ以外のITビジネスであったり、リアルのビジネスであったり。個人的には。

そして、普段、そういった事例を勉強するために利用しているのがJnews(ジャパン・ビジネス・ニュース) 有料メルマガベースのビジネスサイトです。

不動産業界にはじまり、料理業界、英会話、建設業、中古車などなど。普段知ることのできない業界の事例はとても刺激になります。

日本国内の話題が大半ですが、海外ネットビジネスの事例のコーナーもあるので、ネット業界限定で起業を考えている人にはぴったりではないでしょうか。

1996年スタートのサービスなので記事も膨大です。過去記事から大きなヒントを頂きました。どの回もしっかり取材された感があるので、情報ソースとしての信頼度も高い気がします。

このGWお休みしている方は、読み漁ってみてはいかがでしょうか。

きっと良いインスピレーションが得られることでしょう。

2014年04月29日

海外から生きた情報を入手

生きた情報は足(リアル)で入手することが多いです。

ネットでは日本語のサイトより、海外のサイトのほうが、断然、おもしろい情報が多いです。

お気に入りのはサイトは、http://www.entrepreneur.com/

起業をテーマにしたサイトです。

Success Stories(サクセスストーリー)からは、ビジネスで勝つためのヒントが得られたり、フランチャイズコーナーからは、日本にはないビジネスを見つけたり、読みどころ満載です。

マーケティングなどノウハウについては、ほぼ時間差なく、日本に入ってきていると思うので、その辺りはカットしても大丈夫そうです。

もうひとつのオススメは、http://www.springwise.com

こちらも起業をテーマにしたイギリスのサイトです。

イギリスのみならず、フィンランドやノルウェーなど世界中の新しいビジネスなども取り上げられているので、脳みそがワールドワイドに広がる感じです。

どちらも英語のサイトですが、ブラウザ(Chromeがおすすめ)がすぐに日本語に翻訳してくれるので、内容はほぼ把握できると思います。ある程度英語力があるとなお良いです。

ネットショップを選ぶ理由(ワケ)

連休のたびに思い出したり話題になるんですが、やはり、ネットショップを選ぶ理由の第1位は「自由に時間が自由に使えるから。」じゃないでしょうか。

好きなときに、好きな場所で、好きなだけ働ける。

好きなときに、好きなだけ、休むことができる。

基本的には世の中の動きに合わせて「平日働いて土日祝日は休む」というパターンを採用しますが、必要ならば平日でも休み、土日祝日でも働く。

働き方を自分で100%コントロールできる点を考えると、例え理想の収入が得られていなくても、時間や場所に拘束されるお仕事には戻れない人も多いかも知れないですね。

「お仕事は?」と聞かれたとき、「ネットショップです。」と言っても、相手には、そういった仕事のスタイルまでは伝わらないので、具体的に話たりすると驚かれたりすることも多いと思います。

「仕事を家庭に持ち込みたくない」という方もいますが、ネットショップの場合は、「いつでもどこでも」と、場所の概念が弱いので、割り切りたい人には向いていない職業です。

気の向くままに仕事をしたい。

そんなふうに思っている方には最適の職業じゃないでしょうか。

2014年04月26日

サポートに頼らない

完全無料化になったyahoo! shoppingですが、無料ゆえ、出店者が爆発的に増えているのは、充分予想できるかと思います。

初心者の方には酷かもしれませんが、そのような状況下で、ヤフーのサポートのメールや電話に期待するのは、間違いかな?というのが正直なところ。

ノーリスクでお気楽に起業できるネット通販業界ですが、弱肉強食のビジネスの世界というのはリアルと変わりないです。

頼りたい気持ちはよくわかりますが、自力でやっていかないといけないです・・・

一方、有料でサポートにも力を入れているショップサーブ(Eストアー)などは、メールや電話でしっかりサポートが受けられます。

そういった点で、ビギナーの方には、無料のヤフーショッピングに出店すると同時に、標準的な有料サービスを利用することをおすすめします。

身銭を切ることが、いかに大切かということに気づいて頂けるかと思います。

消費税UPにもかかわらず、良い季節で、消費は非常に好調です。

このチャンスはしっかり掴んでおきたいですね。

yahooshopping_support.jpg

2014年04月20日

消費税対策(補助金で取り戻す)

消費税アップで家庭の支出が増えることはあっても、消費税を下げることができないので、その他の部分でコストを下げる工夫をするのが庶民の消費税対策。

例えば、幼稚園費用などの各種補助金。

八王子市のウェブサイトを見ると、年収730万円がボーダーラインとなっています。

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/fukushi/kosodate_hoikuen/8322/017586.html

年収1000万あたりを超えとなると、さすがに、この補助金は狙えないですが、800、900万前後の人は、個人事業を開業することで、申告の年収を下げて、補助金をゲットできるのではないでしょうか。

まぁ、非常にせこい話ですが、このご時世、自衛あるのみです。

幼稚園の補助金は一般市民としての対策ですが、国が事業主に対して出す補助金や助成金なども、実は、けっこうあったりします。

例えば、従業員を雇うときに、一定の条件をクリアして申請すると、返済不要の助成金を頂けたりします。

ただ、そういった情報は国や地方自治団体はウェブサイトに掲載するだけで、わざわざお知らせしてくれませんから、自分で探さないといけないですけどね。

※参考
事業主の方のための雇用関係助成金

2014年04月18日

メール送信のマナー

海外からのスパムメールは英語で内容もわからないので、そのままゴミ箱に直行(迷惑ボタンをポチ)ですが、どこでリストを買ったか集めたか知りませんが、最近は、大手企業からのスパムメールも目立つんですよね。

メールの送信については、「受信者の同意がないと送信してはいけない」と法律※で決められています。だから、どこかで買ったリスト(受信が同意されていない)にメールを送るのは法律違反。

でも、実際は、個人から上場企業、有名企業、そんな法律お構いなしにメールをどんどん送信しています。

個人的には、この法律は、あくまで悪質なメール送信業者を規制するものであって、一般的な企業の一般的なマーケティングを強く規制するものではないという解釈もアリかな?と思ったり。

ただ、そういう解釈で、「受信不可」のお客様にメールを送ると怒られますから。

「許可してないのに送るな!」と。

法律以前にお客様との信頼関係の問題、マナーの問題ってことですかね。

ダイレクトメールなどを検討している人や企業は、一度、「メールマーケティング」「オプトイン」「オプトアウト」などのキーワードで、改めてルールやマナーを確認してみてはいかがでしょうか。

※参考
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律