« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月23日

LPOでコンバージョン率が高くなるページ作り7つのポイント

LPOでコンバージョン率を高めるためのテクニックをまとめてみました。

1.広告内容とランディングのページ内容は一致

これは大大前提。広告が大げさすぎて呼び込んだわ良いわ、広告内容とマッチしていないとコンバージョン率は落ちますよね。かと言って広告を普通にしてしまうとクリック率が落ちるので難しいところ!


2.ユーザーが知りたい基本事項は探さなくても簡単にわかる

これも基本中の基本。実践がわりと簡単。

・商品代金以外にかかる費用(送料や手数料)
・在庫(数)
・納期(最短発送日)
・支払い方法(クレジット、代引き必須)
・運送会社名
・時間指定の可否
・返品交換の可否
・他の注文方法の有無(電話やFAX?)


3.お店会社がリアルに存在しているアピール

なぜか最近多いです。「会社本当にあるの?」「ちゃんと商品は送られててくるのか不安。」心配性のお客さんもけっこういます。そこは、店長の顔写真や社内の風景を写真で紹介してお客さんの不安をクリア。

※顔写真を出さない方が信頼度が上がってしまう人は要注意!(爆)


4.お客さんの声や実績

お客さんの最新の声。数はできるだけ多く。ただのテキスト情報よりも、お客さんからの写真や手書きの文字や、映像などがあるといい。権威のある人の声には、日本人弱いですよね(笑)BtoBもやっているなら納入実績なども公開。


5.きれいな写真

そのままですが、きれいな写真。いろんな角度からのショット。さらに、モデルさんが登場するアパレルショップのように、モノでも人やペットが使用している写真。

ピンぼけ、暗い、洗い、商品のサイズがわからない、色が全然違う写り方(クレームになりやすい)、といったNG写真にならないよう注意。良いカメラなら素人でもそこそこの写真が撮れますし。

物を大事にするのはいいことですが、古いデジカメより新しいデジカメ!


6.キャッチコピーの工夫

「商品そのものをアピールするのではなく、商品を使って得られる体験をキャッチコピーにする。」など。キャッチコピーについては書籍が豊富に出てるので勉強しやすいですね。


7.細かいテクニックを散りばめる

・お得感のある価格設定(9、8の利用)
・1日あたり◯◯円などの別の計算方法
・早めの注文を促す文言
・商品数の限定や時間の制限
・プレゼント(おまけ、もう1個ついてくる)
・緊急性(今買わないとデメリットがあることを知らせる)
・松竹梅(理論通り!)
・割引率はできるだけ大きな数字で
・強調語(たったの、ほんの、わずか、~だけ)
・リピート注文用の割引クーポン


最後に
これだけおさえて売れなければ商品や時代が悪いとあきらめる。


2014年01月21日

DVD講座がたったの1000円!?初心者必見だわ。

Eストアーのビジネススクール。プチDVD講座が発売。

【セミナーDVD】
専門(入門)リスティング広告講座 リスティング広告を始めるためのポイントと手順
専門(入門) 写真撮影講座 商品写真を変えるだけで購入率がアップ!商品撮影の基礎
専門(入門) 画像編集講座 商品を魅力的に見せるための画像編集の基礎
専門(初級)SEO講座 SEOの基礎知識から、対策方法や手順を分かりやすく解説
専門(初級)リピート講座 成功するリピート対策で利益を増やす方法がわかる
専門(初級)キャッチコピー講座 キャッチコピーづくりの手順とポイントがわかる
専門(初級)GoogleAnalytics講座 アナリティクスの基本的な見方を知りお店改善に活かす

このDVDのラインナップを見れば、ネットショップ開店後、何に力を入れればよいかよくわかりますよね~初級レベルはしっかりマスターしておきたいところです。

でも、今時DVDのというのもどうでしょう。DVDってかさばるし。プレーヤーで見るよりPCに落としておいて好きなときに見る感じですし。1本1200円くらいの有料動画配信とかでいんじゃね?な~んてね。

個人的に気になるのはキャッチコピー講座ですかね。もう、自分の商品のキャッチコピーなんて何を書けばお客さんの心をキャッチするのか、まったくわかりませんから!

後は、GoogleAnalytics講座ですね。毎回アクセスの推移やキーワードのチェックくらいしかしていないです。それ以外は難しそうで見てないです。うまい活用方法教わりたいです。

関連して、Eストアーさんに提案したいのは、ポッドキャストで音声だけの講座を配信してみてはいかがでしょう。

映像って「見る」動作と「聞く」動作2つじゃないですか。2倍速とか4倍速とかもできないし。でも、音声だけなら、飛行機、電車、車の移動の時に聞けるし、寝る前に聞いたりできるんで無駄がないんですよね。

ぜひ。

2014年01月20日

SEOとリスティング広告の使い分け

今日は、、SEOとリスティング広告の使い分けについて少し学びました。

キーワードには、大きくわけると2種類あって、ひとつは、「ダイレクトに購入につながるキーワード」。もうひとつはそれ以外。例えば、単なる調べ物キーワードであったり、購入検討のためのキーワードなどです。

「ダイレクトに購入につながるキーワード」は、キーワード全体から見るとごくわずか。イメージ的には、1対9くらい(便宜上の比率)。

だから、「ダイレクトに購入につながるキーワード」はリスティング広告に、そうでないものは、SEOに使うと良いということでした。

なぜこのような使い分けをすると良いかというと、ダイレクトに購入につながるキーワードというのは検索数が少ないので、それに対してSEOを行うのは効率が悪いから。

「それ以外のキーワード」に対してSEOを行ったほうが、検索ユーザー(90%以上のユーザーは購入目的外の検索)の需要にマッチするので、長期的かつ広範囲の集客ができるから。

いや~、言われてみると確かにそうです。

知らずにそんな感じでやってましたが、言葉で説明されるとハっとしました。

「購入につながらないようなキーワード」をリスティング広告に使っていたり、「購入につながるようなキーワードでSEO」をしていたりと、まったく逆をやっていたパターンもあるので、この辺りははっきりさせたほうがよさそうです。

2014年01月16日

いかにクリックしてもらえるか

広告文には「キーワードを含める」とか「数字を入れる」とか、そういった基礎テクニックがありますが、もはや皆さん実践中なので、そこでは差がつかない状態です。だから、基礎的なことを踏まえた先で差別化していかないといけないです。

今、新しく出した広告(検索結果の広告一覧)を見て思ったのは、特にどの広告が目立つというのもなく、他社も含め、いたって普通の広告ばかりが出ているということです。

一応みんな、一生懸命セールだの安さや数量限定などでアピールしてますが、結局、大きなくくりでは、みんな切り口が同じなんですよね~

本来、一番上の広告がクリックされやすいのでが、そればかりを狙うとコスト増になるので、ここは、別のやり方でクリック率アップを狙うしかないですね。

いくつかアイデアはあるのですが、まず第一に目立つということでしょう!

クリックしてもらわないと始まらないですから・・・

まずは、「えっ!?」と思えるキャッチコピー。

みんな服を着ている中で、すっぽっぽんになれば目立ちますが、文字だけの世界ですからね・・・

ヤフーリスティングからのお知らせでも、今月から、使える記号がだいぶ制限されますから、記号などを使って目立つのには限界があります。

では、どのようにして目立つか?

それがわかれば苦労しない!

目立つ、かつ、クリックしたくなるキャッチや広告文を作る。さらに、クリックの後のページにも整合性を持たせる、という流れですかね。結局。

※参考
kigou.jpg

2014年01月14日

リスティング広告(マッチタイプ)

ネット販売のメインイベントであるリスティング広告。

リスティング広告なくしてネット販売は語れない。

数年前の知識でストップしてしまっているので、年も変わったことですし、あらためて勉強しなおしたいと思います。

まずは、キーワードのマッチタイプから。

何回読んでも忘れてしまうので、この場で復習です。

マッチタイプとは、検索キーワードのマッチ方法・・・説明になっていませんが、要するに、どのようなマッチのタイプがあるかということです。(これも説明になってない!w)

大きくは3つです。

1.完全一致
2.フレーズ一致
3.部分一致

1.完全一致

完全一致とは、文字通り完全に一致した場合に広告が表示されるマッチタイプ。例えば、「お好み焼き 通販」とキーワードを登録したなら、「お好み焼き 販売」では広告は表示されません。

メリットとしては、「探している人」に対する発見率やコンバージョン率が高くなる可能性があります。デメリットは表示回数が少なくなります。


2.フレーズ一致

「お好み焼き 通販」とフレーズ一致で登録したなら、このキーワードがこの順番で含まれる場合に広告が表示されます。「お好み焼き 通販 広島」「大阪 お好み焼き 通販」といった場合。でも、「通販 お好み焼き」と逆になると表示されません。完全一致よりは露出は多くなります。

(このフレーズ一致がなかなか覚えられない・・・)


3.部分一致

文字通り、部分が一致した場合広告が表示されます。「お好み焼き 通販 広島 有名店」「通販 大阪 おいしい お好み焼き」。

また、類義語や関連性のある言葉が含まれる場合も表示される点に注意が必要です。入札キーワードは「お好み焼き 通販」ですが、「ショッピング 広島焼き」などでも、広告が表示されるという感じです。

部分一致のメリットは、とにかく露出が多くなる点です。そうなると、デメリットは費用がかさんでしまう点です。

これを知らなかったため、部分一致で、まったく売れない検索でクリックが多数発生して無駄に費用が発生しているのを発見したときは失神しそうになりました。

2014年01月11日

ネットショップで成功するために

こんなページを見つけました。

http://ascii.jp/elem/000/000/434/434341/

全部タダで読める記事です。

これから始める方は隅から隅までしっかり読むと役に立つでしょう。

戦略だの逆転の発想だのと書かれてますが、今となっては、わりと常識的なことになっていたりします。それをいかに早くやるかってことでしょう。公開された基本的ノウハウという感じですね。

http://ascii.jp/elem/000/000/492/492951/

「ビッグキーワード以外を探っていて、穴場キーワードを見つけた。」という記事です。これも、よくあることです。でも、こつこつやっていないと、なかなか発見できないんですよね。地道な作業です。

http://ascii.jp/elem/000/000/466/466500/

「運送会社が用意する割れものシール以外のメモを荷物に貼る」というのもたまに見かけます。確かに、ドライバーに聞いても、どの荷物にも貼られているシールなんて目に入らないから別の工夫をしたほうがいいって言います。

ちなみに、写真の荷物に貼られているメモは、A4サイズというのは間違いじゃないですかね?どう見てもA4サイズには見えません。B6じゃないですかね。

2014年01月07日

何から始めたら良いのか?

2014年も始まりましたね。

ネットショップ開業に関してよくある質問に2014年版で答えてみます。

独断と偏見です。

まずは、個人売買からでしょう。

「何から始めれば良いの?」というレベルにいる人は、まずは、ネットでモノを販売する経験を積むのが良いですね。

ヤフーオクションや楽天フリマなどが最適です。

商品ではなく、自宅で転がっている不要品を1円スタートなどで出品。

売れやすい1円スタートが良いですね。

「処分できればよい」というスタンスです。

出品商品が売れると落札者とメールのやり取りをしますが、これはネットショップでのお客さんとのやり取りのシミュレーションになります。

メールの内容でお店のレベルがバレますから、このタイミングで、ビジネスメールの書き方などを学びながら、連絡を取るとなお良いでしょう。

誤字脱字のないよう、正しい日本語で、伝えたいことを伝える。

後は、お金のやり取りから出品商品の発送など。

出品から代金回収、商品の発送までの流れはネットショップとまったく同じです。

不要品をネットで売ることができたらネットショップができるも同然です。

そして、そこまでインターネットを使いこなることができる人は、次に何をすべきかは自ずとわかるようになります。