« 納品書や請求書の一括印刷ができる | メイン | やはり利益率は独自ドメインが一番 »

2014年05月12日

餅は餅屋に、船は船頭に

「餅は餅屋のついたものがいちばんうまい。その道のことはやはり専門家が一番であるというたとえ。』(goo辞書)

ここ数日間、CMSと格闘してました。

CMSとは、コンテンツ・マネージメント・システムの略です。

ブログで例えるなら、「ブロガーとしてブログを書く」のではなく、「IT屋さんとして、ブログが書けるシステム(CMS)を導入・調整する」といった感じです。

カラオケで客として歌うのではなく、業者として、カラオケマシーンを入手して、マシーンを調整したり、設置したりする感じですかね。

まぁ、たまに、こういうことをやりたくなって、やってみるんですが、餅は餅やということを痛感します。モジュール、ブロック、レンダーシステムだの、もう、専門用語のオンパレードで理解不能です。

やってできないことはないんでしょうが、片手間では不可能ですね。覚えることがあまりに壮大すぎます。ひと通り完成しても、メンテナンスがついて回りますしね。

実は、5、6年前にも同じことに挑戦してる形跡があるんですが、これは、学習能力がないってことですね。5、6年の間に知識が増えているわけでもなく、むしろ、減ってるのに(笑)

ま、でも、改めて、「餅は餅屋」ということがわかったので、ある意味収獲・・・という慰めでもって、今回のチャレンジを終了したのでした。

もう、一生、ブログは書く側でいいです。カラオケも歌う側でいいです・・・

PS
ショップサーブの管理画面も実は、CMSなんですよね。他のCMSに比べると、桁違いに使いやすいというか、ずぶの素人が扱うことが前提で作られているというのがよくわかりますね。