« Eストアーニュース | メイン | サイト構築 »

2013年01月25日

新機能のテスト(キーワードリンク他)

知らない間に「キーワードリンク」という機能が追加されていました。「今日」気づいたので他の人にとっては「旧」かも知れませんのであしからず。

キーワードリンク

人気のキーワードで検索した結果のページに直行できる仕組みです。早速使ってみましたが、設定が超簡単すぎ。

この「検索結果」というのはサイト内での検索結果なので、商品名や説明文に、「検索する言葉」が入っていることが前提です。

入力は2箇所だけです。

1.キーワード
2.リンク先名(任意)

例えば、食品全般を扱ってるネットショップの場合、「牛丼」が人気キーワードなら次のように設定します。

1.牛丼
2.http://myshop2013.co.jp/SHOP/keyword/gyudon

キーワードに関しては日本語ですが、2.のリンク先名(一番最後の文字列)は半角英数字です。キーワードをローマ字するのが良いですね。

本来、サイト内での検索結果は、動的URL(例:~SHOP/keyword/search.php?A5%E5%B8%8)になるのですが(ショップサーブは何も出ない)、このキーワードリンク機能は静的URLでリダイレクトという形式です。SEO上も役に立ちそうです。


署名の一括変更

自動返信メールやテンプレート内に記載する署名を挿入することができます。これまでは、メールひとつひとつ記載していかないといけないという面倒がありました。でも、この機能のおかげで「ポチ」っとするだけで署名変更できるようになりました。

これは便利。

ただ、欲を言えば、メールヘッダーに挿入するメッセージも一箇所から操作できるとありがたいですねぇ。署名よりヘッダーのほうがダンゼン重要ですし、お客さんの目に入りやすいですから。

2012年05月08日

オリジナルテンプレート枠増加

以前要望したオリジナルメールテンプレートの登録可能件数が20件までになっていました。10件プラスですね。これで、ちょっと細かい定型文などを登録できそうです。早速次のテンプレートを追加しました。

・注文内容の変更
・入金催促(銀行振込)
・入金催促(コンビニ決済)
・商品の交換
・商品の返品
・住所の間違い・・・※

※住所の間違というより入力不足。番地が抜けてるお客さんってけっこう多いです。郵便番号で町名までは自動で入力できるのですが、どういうわけか、港区西新橋で終わっていたり、港区西新橋1丁目で終わっていたり。

メールと言えば、最近利用したお店の「自動返信メール」の「挨拶文」が良かったので、ちょっと変更を加えて掲載しておきます

この度ご注文いただき、誠にありがとうございます。

改めて担当よりご連絡させて頂きます。
当店は土日祝日はお休みです。

お休み中のご注文の対応はお休み明けとなります。
また、18時以降のご注文は、翌営業日対応となります。

土日祝が休みであること、18時以降の注文は翌営業日の対応になるといった点を最初に持ってきているので、お客さんにもわかりやすいですね。また、営業時間、休業時間をきっちり分けたいネットショップにも参考になると思います。


2012年05月01日

会員ランク機能を使ってみる

早速会員ランクなるものをいじってみました。顧客管理はきちんとやってないのでちょっと難しいかなぁ~と思ったのですが、意外ににシンプルでした。

まず、管理画面に入って「お店設定」→「会員ランクの設定」

image1.jpg

1.集計期間を決める→24ヶ月にしてみた
(本当は36ヶ月にしたかったけどMAX2年!なぜ!?)

2.会員ランク名を決める→意味なく帯の色にしてみた

ここで「設定を保存」

3.会員ランクを利用するにチェック

4.自動ランクアップ→「アップダウン」に設定

ここでもう一度「設定を保存」

image2.jpg

次に、ランク別に、その内容を決めていきます。最高ランクの「紅帯」は対象期間の購入金額が5000万円以上に設定。2年間で5000万円以上ご利用頂いたお客様は、永遠に20%OFFと送料無料の特典をプレゼント。

ランク別にカートページのメッセージもカスタマイズできるので、こだわる方はここもしっかり作ってもいいですね。(できればバナーとか写真とかも出せると良いですね。)ひと通り入力したら「設定を保存」で完了です。

後は、顧客台帳で一覧を書き出して、顧客別のランクを確認してみましょう。

image3.jpg

・・・ちょっと条件が厳しすぎたみたいで、ほとんどのお客様がランク外となってしまいました(笑)送料が無料になる金額の設定のように、顧客ランクの条件も絶妙なボーダーラインがあるんでしょう。

※注意・・・帯の色は冗談です。金額は景気よく大げさにしてみただけです。ランク分けはくれぐれも、各々のネットショップに相応な条件を心がけましょう。

2012年04月26日

会員ランク分けで顧客満足度UP

会員ランク機能がつきました。個客商売のショップにはこれほどありがたい機能はないです。1000円買うお客さんも100万円買うお客さんもお客さんには間違いないですが、はやりねぇ~・・・お買い上げはありがたいのですが、その程度の金額で大きな顔されてもね・・・と言いたくなることもよくありますね。

会員ランクをわけておくと、上位のお客さんにピンポイントでより手厚いサービスを提供することができるので、ますます顧客の囲い込みができそうです。逆に、ランクの低い(というと問題あるかもしれませんが、、)顧客層に向けてまとめて、上位ランクをインセンティブにしたキャンペーンなどを打つこともできますね。

良い顧客ってなんでしょう。↓にあるように金額や頻度などが関係してきますが、個人的には頻度に重点を置きたいと思います。購入金額が高いからといって必ずしも良いお客さんとは限らないことが、意外に多いですから。お店を気に入ってもらって少ない金額でもコンスタントに利用してくれるお客さんが一番ありがたいですね。

・ランクは最大5つ
・ランク名は自由につけられる
・ランク分けは購入金額や回数
・ランク別特典の自動計算機能
・ランクは自動的にアップ&ダウン
・ランクごとにメール送信可能

機能面は抜け目なく作りこまれているようです。

2012年04月18日

売り逃しをなくせ!

ショップサーブのオススメ機能のひとつが「入荷連絡」。通常は、商品が在庫切れとなった場合、「在庫切れ」と表示して終わりですが、それではもったいない!機会損失です。入荷を待ってでも買いたいお客さんもいますからね。しっかりメルアドを入手しておきたいわけです。

そこで、「入荷連絡機能」をオンにすると、オンにした商品が品切れになったときは、下記のようなリンクがカートボタン付近に現れます。クリックするとポップアップウィンドウが立ち上がり、希望者はメール登録ができます。

image.jpg

商品が入荷した際、お店側はメルマガを出したり、お客さんに個別メールを送る必要はなくて、在庫情報を更新するだけです。数分後には自動的に登録メールアドレスに「入荷のお知らせ」が自動配信されます。そして、注文が入る。地味な機能なんですが、確実に売上がアップする機能なんで積極的に使って行きたいですね。

2007年04月29日

ブラウザ操作(CMS)の隠れた利点

Eストアーショップサーブのお店管理はCMSです。

CMSとは、簡単に言えば「専門知識なしでウェブサイトの編集ができる仕組み」のことです。

昔は、ネットショップを作ったり管理する場合、HTML、CGI、SSI、CSS、など多くの専門知識を必要としましたが、CMSを使えばキーボードさえ打てればOKというわけです。

さて、EストアーのCMSには隠れたメリットがあります。

それは、ショップサーブのCMSになれておけば、ほかのCMSをスムーズに使えるようになるのです。

具体的には、ヤフーショッピングや楽天などの有料ショッピングモールなどに出店することになったとき、仕組みは非常に似ているので、分厚い説明書を必死で読まなくても、すんなり入れるのです。

逆に、パソコン上でネットショップを作ったり管理するソフトがありますが、そのようなソフトはCMSとは違って、独特の操作方法があります。

そのため、「他のパソコンソフト」を使うときには多少役立つかも知れませんが、CMSに関しては、やはりCMSを使っておくほうが望ましいのです。

CMSが今の主流ですし、今後の流れにもなっています。
乗り遅れないようにしたいですね。

と言うような話は、Eストアーが言っていないので、ここで書いておきます。

Eストアー

2007年04月22日

メルマガ機能!CGIなんて・・・

ショップサーブには標準でメルマガ機能もついています。

通常、ネットショップを自作したならメルマガはまぐまぐや独自のCGI、またはASPなどを使うことになります。

まぐまぐは広告がついて汚いし、独自でCGIを入れようとすると、まともなCGIがないのに気づきます。ASPは有料です。

これらを考えると、さりげなく付いていますが、非常にありがたいことです。

ちなみに、2万円も出せばわりとちゃんとしたCGIを入手できますが、「エラーメール」の処理ができなかったりします。

エラーメールとは、エラーで返ってくるメールのこと。
プロバイダを解約したり、フリーメールを廃止にしたり。

安いCGIなどでは、これらのエラーメールを「手動」で削除する作業をしないといけないことも多いのです。1個、2個ならまだしも、増えてくると削除作業は苦痛です。

一方、ショップサーブのメルマガ機能は、もちろん「自動削除」です。

したがって無駄なメルアドがたまってくることもなく、快適にメルマガを運営できるのです。

これは、おすすめです。

「おすすめ」

この一言には、長年メルマガCGIやASPなどを使ってきた経験と「ほんと便利で楽になったなぁ~。」という思いが込められています。