通販ショップを始めよう。netshop7.com
ホーム > ネットショップの開業 > 準備や手続き > 失敗しない屋号のつけ方

失敗しない屋号のつけ方

屋号の付け方

個人事業でビジネスをスタートする場合、株式会社で言う会社名にあたる屋号を決めます。屋号をつけなければ、そのまま個人名になるので、それで問題のない人は決めなくてかまいません。

ネットショップにおいては、お客さんの振込口座になる場合があり、「個人名」だと詐欺だと怪しまれることもあるので、 屋号口座がかんたんに作れる楽天銀行でひとつ開設しておきましょう。

検索結果は、広告と関連情報に分かれています。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中


屋号とは

屋号とは芸能人でいう芸名みたいなものです。本名でも良いし芸名でもOK。屋号は、あなたがビジネスを行うときの芸名のようなものです。ラーメン屋「山田太郎」でもかまいません。普通は、「来々軒」とラーメン屋っぽい屋号をつけるのが普通です。屋号のネーミングは原則自由です。

もちろんNGとなるネーミングもあります。例えば、ソニーやパナソニックなど一流企業の名前をそのまま使ったり、「東京都◯◯サービス」など、官公庁関係の事業と勘違いしてしまいそうな名前は勝手に使っていると問題になるでしょう。税務署に開業届けを出すときに、屋号はいちいちチェックされません。

屋号とお店の名前は違ってもいい?

「ユニクロ」を展開しているのは株式会社ファーストリテーリング。
「無印良品」は株式会社良品計画。

このように、運営会社の名前と店名が違う例は枚挙に暇がありません。同じように、ネット通販の場合でも、個人事業主としての屋号とネットショップ名が違っても全然かまわないのです。

ただし、楽天銀行などで屋号口座を作った場合、口座名がお店の名前と異なる場合、混乱するお客さんが出てくることもあるので、もし、ひとつだけのショップ名でやっていく場合は、屋号とそろえておいても良いでしょう。

かしこい屋号のつけ方は?

最近はネーミングに関する書籍も多く出版されているので、それらを読んでもらうと、確かに「かしこいネーミング方法」が書かれています。うまい屋号のつけ方の例をあげれば、「事業内容が適切に表されている」です。

例えば、ペット用品を扱う会社が、「スーパー・マッチョ・マン」などと屋号をつけてしまうと、屋号と事業内容が結びつきにくいですから、まず覚えにくいです。 そこは「ワンニャン○○」などと、ペットをイメージできるような屋号にしておけばし、文字を見ただけで何の会社かすぐにわかります。 あるいは、鼻毛山建設とか尻毛谷法律事務所なども、ベタかもしれませんが、これほどうまいネーミングはありません。

屋号で失敗した話

これまで、個人事業を何度か開業しましたが、初めての時は大失敗です。「かっこいい屋号にしよう。」と思ったのが、そもそもの間違いでした。何日もかけて考えに考えぬいた結果、最高の屋号名を思いつきました。10文字程度の英語です。名刺も作りました。

ところが、名刺を受け取った相手が口をそろえて・・・

「これ、なんて読むの?」
「どういう意味?」
「何してる会社?」

会う人会う人にいちいち説明しないといけない羽目になったワケです。しかも、かっこいいと思っているのは自分だけで、誰一人「かっこいい会社名ですね。」なんて言ってくれた人はいませんでした。ひとりよがり、ただの自己満足の世界です。

さらに、自分でネーミングしておきながら、「○○(屋号)の山田です。」と電話で屋号を名乗ることがあることをすっかり忘れていて、発音しにくいものにしてしまったわけです。毎回、自分の会社名を言うのに、噛む人はなかなかいないでしょう。スムーズに発音できる屋号にすべきでした。

かしこい屋号のつけ方は?

最近はネーミングに関する書籍も多く出版されているので、それらを読んでもらうと、確かに「かしこいネーミング方法」が書かれています。うまい屋号のつけ方の例をあげれば、「事業内容が適切に表されている」です。

例えば、ペット用品を扱う会社が、「スーパー・マッチョ・マン」などと屋号をつけてしまうと、屋号と事業内容が結びつきにくいですから、まず覚えにくいです。 そこは「ワンニャン○○」などと、ペットをイメージできるような屋号にしておけばし、文字を見ただけで何の会社かすぐにわかります。あるいは、鼻毛山建設とか尻毛谷法律事務所なども、ベタかもしれませんが、これほどうまいネーミングはありません。

ネットショップ名(店名)の決め方

ネット販売においては、屋号より「ショップ名」のほうが100倍重要です。屋号なんて二の次です。ショップページの<title>~</title>に、どのような言葉を入れるかが、運命を左右します。

お店やページのタイトル(<title>~</title>)が、ネット上でどういった意味を持つか知らない人は、好き勝手に店名を考えます。

でも、儲けるために始める人は、戦略的な店名にします。ひとつEストアーが無料配布している資料にもありますが、とりあえず抑えるべきポイントを2つ上げておきます。ひとつ「一瞬で何の店かわかること。」そして、2つ目は「キーワード」がしっかり入っていること。

これだけでも守って決めたなら、失敗はないですね。

失敗しない。後悔しない。屋号の決め方マニュアル2015(先着30名無料配布中)

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP