通販ショップを始めよう。現役店長が教える開業運営きほんのきほん
ホーム > ネットショップの開業方法 > Q&A > ネットショップって簡単に儲かるの?

ネットショップって簡単に儲かるの?

わりと誰でも、簡単に儲かった時代もありましたが、 今は、「簡単に」というと言い過ぎです。 でも、「効率的に稼げる」というのは本当です。 副業でやっている方が多いのも、その理由のひとつだと言えます。 仕事や子育ての合間、夜間、週末だけ働くといったスタイルが簡単に取り入れやすいビジネスのひとつです。

また、ただ商品をネットに公開するだけで売れるような時代ではありません。ネットショップのやり方の基礎から学び、しっかり実践している人や企業だけが良い結果を出せています。

1.ネットショップは効率的に稼げる

副業でやっている人が多いように、ネットショップのメリットは「効率が良い」ということです。 「効率が良い」とは、時間がかからない、手間がかからない、体力がいらない、などです。

例えば、飲食店の場合、お店を開けている間は、店員は常駐する必要がありますが、 ネットショップの場合は常駐という考えがありません。 つまり、常にパソコンにかじりついておく必要はないわけです。 いわゆる拘束時間がほとんどないのです。 経営が起動に乗ってくれば、注文や問い合わせがあったときだけ対応すれば良いのです。

もちろん、仕入れや買い付け、発送作業がある場合は、身体も時間も取られますが、 ネットショップの編集作業や問い合わせに関してはモバイルパソコンとネットの環境があれば、 いつでも、どこでも、好きなときに取り組むことができます。 仕事の合間や旅行中にもできることです。

※関連
儲かるネットショップ・儲からないネットショップ

2.ネットショップの成功法則やノウハウがわかってきた

ネットショップビジネスが始まって20年程(2017年現在)です。百貨店の三越の創業が1673年の江戸時代です。年齢で言えば三越は344歳です。両方10で割ってみると2歳と35歳です。大人と赤ちゃんの違いです。リアルの小売業のノウハウは300年以上の歴史があることになります。(小売業の歴史はもっと古い)

そんな古い業態と比較すると赤ちゃんレベルかもしれませんが、20年も経つと、非常にスピードの早い業界ということもあって、いろんなことがわかってきました。つまり、「ネットショップはどのように始めて、どのように運営すれば結果が出せるか。」ということがある程度法則が固まってきたのです。

具体的には、「お店をどのように作れば良いのか?」であったり、細かいところでは、「どのような写真を用意するのが良いか。」などです。また、お店づくり以外にも、FACEBOOKやTwitter、InstagramなどのSNSの使い方などもノウハウがわかってきました。

ただ、そういったノウハウを教えてくれる学校も無ければ書籍もないので、多くの人が自己流でやっているのが現状です。その自己流がノウハウと一致すれば結果が出せますし、見当違いのことをすれば結果はでないということになります。

3.ネット通販が飽和状態というのは間違い

2010年頃から、「ネット通販は飽和状態【ほうわじょうたい】だ」と言う人がいます。 でも、「飽和」とは「満タンになって、それ以上入らない」と言う意味です。 これは完全に間違っています。

2011に創業して大成功しているところもありますし、2012年~2015年に新しく始めたお店でも当っているところはいくらでもあります。2016年にアラフォーの女性がオープンしたネットショップがいきなり月商100万円を叩き出した例もあります。

ネット通販全体が飽和状態なら、これらの現象は説明がつきません。「飽和状態の部分もあるし、そうでないところもある」というのが正しい見方です。

ですから、飽和状態のところに入ってしまうと、 もれなく押し出されてしまいますが、満タンになっていないところに入れば簡単におさまってしまうのです。その空きスペースを見つけるのが、今のネットショップ開業の醍醐味【だいごみ】で、楽しめるところです。

(関連)今からネット販売で儲けるのは難しい?

4.EC業界は成長産業なので興味ある人には入門としてもおすすめ

ネットショップを含め、ネット上で展開するビジネスのことをEC(イーシー)と言います。業界自体後退する気配がありません。2020年の東京オリンピックまでは確実に上り調子ということがわかっています。

EC業界では、月商100万や1000万が話題になるネット販売などはかわいいもので、たった1つのウェブサイトやサービスで何億、何十億、何百億と収益を上げているビジネスもあります。

ネット通販は、「ネットショップを立ち上げて商品を公開し注文が入ればお届けする。」という実にシンプルな仕組みで、運営のほとんども単純なビジネスです。プログラミングなど難しいこともいらないので、すぐに始められます。
→ノーリスク小学生の小遣いレベル!300点仕入れのセレクトショップから始めよう

ネットショップを始めることで、ECの中でも別の業界に興味が出て、そっちへ鞍替えする人も多くいます。いきなり高度な業界に入るより、ソフトに業界が学べるという意味で、ネットショプはEC業界の入門編のように思います。

※ネットショプ成功事例無料パンフレット配布中

開業予定者にオススメ

ショップサーブ資料請求

↑ PAGE TOP