自作ネットショップの作り方【動画あり】(現役ウェブクリエーター)

通販会社の社長兼ウェブクリエーターです。

はじめまして。

「通販サイトを始めたい!」ってときには、2つの選択肢があります。

1つは、手っ取り早く通販システムを借りる。

2つは、自作する。

今回は、「自作する。」に特化したコンテンツでございます。

こんな自作だけはやるな。自滅するだけ。

時は2000年。平成12年。

当時は、「パソコンソフト」を使ってネットショップを作る手法が流行っていました。

具体的には、パソコンソフトの「ホームページビルダー」や「ドリームウィーバー」などを使ってウェブサイトを構築していきます。

お店ページを手作業で作っていくのは、とっても楽しいのですが、とにかく時間がかかります。

パソコンソフトを使ってお店を作ったならば、商品数にもよりますが、早くて1ヶ月、通常なら、公開できるまで半年はかかろうかというくらいです。

もちろん、「作ることに楽しみを見出した」人の趣味としては、わくわくするようなやり方です。

でも、できるだけはやく「ネット販売で収益を得たい。

そんな場合は、パソコンソフトを使ってちびちび通販サイトを構築するのは、令和のこの時代、超絶に頭の悪い方法です。

イケてる”最新”自作通販サイトはこれだ。

どうしても自作にこだわりHTMLを編集したい人に、おすすめの自作ネットショップの構築方法はwordpress(ワードプレス)。

wordpressは、ブログを書くためのWEBアプリですが、これに通販機能を組み込めば、自作ネットショップを作ることができます。

わりと世界的にも普及している方法なので、情報も豊富なので何かとやりやすいです。

自作系のWEBアプリは、他にもいろいろあるんですが、全部使ってみた結果、自作で通販サイトを作る場合は、wordpressに軍配があがります。

プログラミングは100%別ジャンル

中には、通販サイトを作るのに「プログラミングが必要。」と思っている人がいるかもしれません。

確かに、プログラミングを学べば通販サイトを作ることができます。

でも、それはエンジニアの仕事です。

「モノを仕入れて通販サイトで販売する。」ということを目的にしている場合、まったく業界が違ってきます。

販売するのは「事業者(起業家)」という職業です。

プログラミングをするのは、「プログラマー」「エンジニア」という職業です。

両方をあわせもったハイブリッドでレベルの高い人もいますが、めちゃくちゃレアで例外です

ふつうに考えた場合、どちらかを選択するのが正解です。

「プログラミングもできて販売もできる。」人は、100万人に1人くらいのレベルです。

プログラミングにはプログラミングの膨大なスキルがあり、販売には販売のための膨大なスキルがあります。

両方「良いところ取り」は、かなり難しいです。

自作通販サイト作成は3ステップ

自作の通販サイトを「持つ」場合、進め方は3テップです。

ステップ1:ドメイン(「*****.com」など)(ネット上の固有の住所)を取得する。ムームードメイン(mumu domain)が安価で定番になっています。

ステップ2:サーバーを借りる。月額300円程度~。このサイトは、さくらインターネット(月額500円)を利用

ステップ3:wordpress(無料)を入れて通販用プラグインのWooCommerce(無料)を入れて通販サイト化。

ステップ4:商品情報を掲載してネット販売開始。

wordpressを使った通販サイトができるまで【動画】

百聞は一見にしかず。

架空の商品を1点用意してみました。

商品名:デディベアNAPOLI
価格:9,980円

この商品をネット販売するまでの動画を作ってみましたので、よかったら参考までにご覧くださいませ。

音声解説はしていません。

無音です。

ECサイトの運営者は、「ふだんこんなことをやっている。」というのを知ってもらえれば幸いです。