ホーム > ブログ1 > 間違った情報を鵜呑みにする人

間違った情報を鵜呑みにする人

ツイッターで流れた情報を信じ込んでしまうような人を「リテラシーが低い」と言います。お客さんは、できるだけリテラリーが低いほうが都合が良いと考えているショップオーナーも多いことと思います(笑)

ただ、店主や、これからネットショップを始めようとする人のリテラシーが低いと、これは困ったことになります。

誰から聞くか

ある人は、ネットショップを始めたく、周りの人に聞いたらしいです。「どうやって始めるの?」と。すると、ネットショップをやったこともない人が「ワードプレス(ブログ用ソフト)を使って作るらしいよ。」と。

もう、この情報を信じ込んだら大変ですね。3年経っても開店できないんじゃないですかね。長年ECサイトをやっている人でも、ワードプレスでのネットショップ構築は、ハイレベル過ぎて手が出ない人がほとんどですから。

聞く相手を間違えた典型的な例と言えます。

いろいろ周りからアドバイスしてくれるとは思いますが、そもそも、その人はネット通販をやっている、あるいは、しっかりやったことがある人なのかを確認しないといけないですね。

ネットの情報を見聞きした程度で、ご立派にアドバイスするのは良いですが、それを鵜呑みにしてしまう人がお気の毒でございます。情報の取扱はくれぐれも注意しましょう。

アマゾンが売れる!?

ネット販売をする場所(サイト)は、いろいろありますが、「アマゾンが一番売れる」と、どこで聞いたのか、「アマゾンが一番だと聞いて、アマゾンに出店したのですが、いっこうに売れないのですが。」と。

アマゾンは売れるジャンルとそうでないジャンルがはっきりしていますから、売れるジャンルの商材ならアマゾンでも良いと思いますが、売れないジャンルだと、そりゃ売れませんよね。なんで、そんなウワサレベルのことを軽く信じ込んでしまうのでしょう。お客さんとしては理想的ですが。

ショップサーブ売れない

通販ウェブアプリの定番ショップサーブに関しても、こんなウワサを信じる人がいるんです。ショップサーブでネットショップを出して売れないのは、100%そのお店に原因があるわけですが、なぜかシステムのせいにされています(笑)

ま、道具のせいにしたい気持ちは、痛いほどよくわかります。「ゴフルのスコアが伸びない→これはゴルフクラブが悪い。」「テニスが上達しない→ラケットが悪い。」「料理がうまくならない→包丁が悪い。」「儲からない→景気が悪い」。ですよね~。ぜーんぶ自分以外が悪いんです!はい。

ちなみに、ショップサーブは、リピーターを獲得して長く運営するネットショップには非常に向いています。逆に、100円200など、単価の安いハンドメイド作品の販売などは不向きです。まったく利益がでなくなりますから。単価が安い場合はカラー・ミーか、ベイスあたりですね。

※2008.8.21の記事を加筆しました

↑ PAGE TOP