企業の通販事業の立ち上げや楽天などからの移転

楽天退店組が切り替え

この記事は約4分で読むことができます。

2020年になって、楽天問題を端を発した退店が急増していますね。

廃業するお店もある一方、通販システムを他に切り替えて継続する企業もあります。

そのようななか、ちょっとだけかかわったことのアルアル店ショップが退店して、他の通販システムに移転したのですが・・・

えっ?なんで、そこなの????

その選び方の意味がわからない・・・

残念・・・

やはり、楽天だけでやっているお店さんは、若干ネットリテラシーが弱いのかなっと思いました。

確かに、通販システムは、いろいろ選択肢があります。

でも、「まともにネット通販ができるちゃんとしたシステム」って、実は数社だけなんですよね・・・

この通販システムチェックしていますか?

私自身、自社で10年以上使っている(株)Eストアーのショップサーブです。

クライアントさんもたくさん乗り換えています。

「なーんだ。ショップサーブか。」と思った方は、ショップサーブの何を知っているのでしょうか。

使ったことはありますか?

あるいは、同社を使って売り上げを伸ばしている人や企業を知って言いますか?
(※うまく行っていない人や企業は、おそらく道具(通販システム)が悪い、なんて言い訳をします。)

ネットの情報だけで判断していませんか?
生の一次情報を持っていますか?

無料セミナーを聞いてみてください。

Eストアーセミナー

数ある通販システム会社のなかで、唯一、まともなセミナーをやっているのはEストアーだけです。

あっちっこっちのセミナーに参加してきたので、これだけは確実に言えますね。

ただ、以前と変わっている点があります。

それは、同社は、商品を持っていないような「副業」とか「個人事業主」は受けない方針になっているという点です。(これはウェブサイト上には書いていない内部情報です。(セミナーでこっちょり聞いちゃいました^^))

楽天やフューチャーショップ、メイクショップなど、大手の通販システムからの引っ越し組が増えているのもあって、もはや、実績のある通販屋さんしかとらないような方針に変わっています。

新規の、個人事業主や副業さんは、別の安いシステムを選んだほうが良いですね。

しっかりした紙資料もあり

ショップサーブ資料

ペーパーレス化が進んでいますが、ショップサーブについても、同社はしっかり作りこんで、検討している企業には無料で配布してくれています。

同社のサービスをすべて網羅した数冊に渡るパンフレットをもらえます。

ショップサーブ資料

隅から隅まで、パンフレットを見ながら検討することができます。

ま~よくも、ここまでお金かけるなぁ~っと関心しちゃいます。

これまで、無料資料は変更されて、現在のバージョンになっていますが、正直「すべて」ではないと思います。

できれば、資料にプラスして 無料セミナーEストアーの社員さんと直接お話することを激しくおすすめします。

2020年に入ってから席数を減らして、満員になることが多いのでお早目に予約することをお勧めします。

繰り返しますが、セミナーは無料です。そして、よくある「変な売り込み」など一切ありませんからご安心ください(^^)。