*

「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

他店のランディングページから学ぶ

ショップサーブで販売中の商品のひとつをピックアップして、ランディングページを作ることにしました。大体の構想はありますが、どうせ作るなら一番いいヤツを作りたいわけです。 そこで参考にするのが他

続きを見る

貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザーや楽天などのモールからの乗り換え・多店舗展開ユーザーを対象にした無料セミナーの回数を減らしています。近いうちに打ち切りになるような

続きを見る

QUESTの法則ランディングページ

2018/05/24 | 日記

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか迷います。ランディングページは縦長で、幾つかのパーツで構成されますが、「ウェブで見つけられる作り方」通り作ればそれで良いか?という

続きを見る

インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー名もはっきり写っていたので、検索して直接見てみてました。インスタ投稿者は、彼か彼女かわかりませんが、投稿の目的はすぐにわかりました

続きを見る

ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

2018/05/18 | CSSやHTML、CGI

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをいじってページを作るのですが、とにかく忘れているんですよね。検索すれば何でも出てくるのですが、記憶しておくに越したことはないです。

続きを見る

問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひとつ、ここ数年増えている「問い合わせ」、というより、「依頼のメール?」があります。 それは、ズバリ・・・ 「(メーカー

続きを見る

カートボタンを押した後は何をして欲しいのかを考えると

お客様がカートボタンを押した後、それも購入商品が決まったなら、お店としては、できるだけ早く「購入完了」まで手続きを進めて欲しいわけです。購入までのステップが多すぎたり、画面デザインのメリハリがなく、ど

続きを見る

過去にブームになったモノやことの復活

2018/05/10 | マーケティング

キャンプが一部でブームだそうです。最近「グランピング」という言葉を聞いて「それは面白そうだ!」と、さっそく行ってみました。なかなか楽しかったですよ。「昔ながらのキャンプに新しい価値を付け加えたスタイル

続きを見る

急増する問い合わせ2つのタイプ

最近、問い合わせが急増中。そして、その内容が、きっちり2パターンに分かれているのが特徴です。 「問い合わせが入った!」と思えば(A)か(B)かです。 なかなかおもしろいですね~

続きを見る

LP作成、ショップサーブは使えない

「単品販売用のちゃんとしたランディングページ(LP)作る場合、ショップサーブって使えないよね~」って話になりました。 確かに、そうなんですよ。ショップサーブは、総合的なショッピングサイト

続きを見る

騙しのテクニック、消費者はどこまで許容してくれるか

日本製と書いていたので買ったら中身は「Made in China」と書いていた!騙された!(怒) このようなクレーム的な書き込みが価格コムにありました。消費者目線では、けしからん話ですが、販売者

続きを見る

アマゾンvsモノプリ動画対決?

2018/05/03 | 日記

スーパーに行ったらレジの機械が変わっていました。レジの店員さんがバーコードをピピっとやって、すぐ隣の清算専用台で自分で支払いをします。現金にもクレジットカードにも対応しています。これを「セルフ清算レジ

続きを見る

トレンドの変化に気づかない怖さ

以前テレビ番組内で18歳の女性タレント(アイドル?)が、「もうLINEスタンプは使っていない。」というニュースがありました。スタンプを使うのは「もう時代遅れ」とか。じゃ、何を使っているかというと「1文

続きを見る

Adsense

Adsense

ショップサーブがレスポンシブ・デザインに対応していない常識的な3つのワケ

レスポンシブWEBデザインとは、1つのページを作るだけで「PC

B2B
BtoBビジネス入門エッセイ「もっと儲かりまっせ」

もっと儲かりまっせ。 15年近く前の本です。ドッグイヤー

ショップサーブ・CSSカスタマイズ
最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・

park終了
9月30日Eストアー「park.jp終了」の裏事情!?と通販サイトの二極化

ショップサーブにとっては、棚ボタ的な広告サービスだったEストア

商品写真
商品のメイン写真にはベネフィットのベストポイント・イメージを

「バナーを作らねば・・」ということがあって、度々参考にするショップサー

→もっと見る

PAGE TOP ↑