LP作成、ショップサーブは使えない

ランディングページ

この記事は約4分で読むことができます。

ランディングページ

「単品販売用のちゃんとしたランディングページ(LP)作る場合、ショップサーブって使えないよね~」って話になりました。

確かに、そうなんですよ。ショップサーブは、総合的なショッピングサイトには向いてるんですが、LPに集中しようと思うとちょっと相性が悪いんです。

カラーミーショップなど、ほかのASPにはない「HTMLのオリジナルページが作れる機能」は、「ショップサーブいいじゃん!」と言える所なんですが、(A)ページ内に申し込み用フォームが埋め込めない。(B)カートのUI(デザインや使い勝手)が悪い。というデメリットがあります。

実は、(A)については、オプションサービスが出ています。その名も「LPカート」です。2017年10月にリリースされています。

が、その料金が問題です。月額19,800円(設定料10,000円)

使えるか!

ショッピングサイト機能の月額料金の倍近いオプション料。「一体誰が使うの!?」ま、年商2億だの5億だの、一部の大型ショップは使うかもしれないですが、庶民派ECサイトは絶対に使わないですね。

LPは、あまりSEO考えないケースが多いんで、次のポイントさえ押さえておけばなんでもいいわけです。

(1)HTMLページ
(2)フォーム埋め込み
(3)カート
(4)コンバージョンタグ設置

サンプルプレゼントや資料請求だけなら(3)カートがいらないんで、無料もメールフォームCGI使えば「月額0円」で済みます。

メールフォーム使う場合は、ショップサーブ外ですね。例えば、ブログなんかで使っているさくらインターネット内にページを設置して共用SSLのURLを使えば、あっという間に完成です。メールフォームのTHANKSページにコンバージョンタグを貼り付けておしまい。

カートが必要な場合は、おちゃのこやカラーミーなど、月額500円くらいからのサービスを使えば、カード決済含めて月額3500円~でLPのセッティングはできてしまいまいます。

顧客管理などが別になってしまうけど、後から手動でインポートなりすれば良いわけですからね。商品ページ意外は変更しても、ちょっと使い方が変わるだけでSEOにもお客さんにも一切影響ないですから安心です。

月額19,800円はやりすぎだと思いますけどね。ユーザーに嫌われるような値段設定は、客離れ加速させますよ。

引き続きショッピング機能は使いますが、カート内のUIなど改善等が進まないようなら、「ショップサーブ脱出用ツール」作って、何千店舗と連れ立って出て行きますよw(あ、これビジネスになりそう・・・Eストアー敵に回すけど)

ちなみに、脱出ツールは、ページはそのままで、カート部分と管理画面を他のASPに、ごっそり、一気に、差し替えてしまうものです。1日で引っ越し完了です。