メルカリ売れた!(初注文)苦節200日!?

メルカリ売れた

この記事は約2分で読むことができます。

メルカリに出品すること100日か200日か。コメントやイイネなどがつくものの売れる気配なく完全放置すること3ヶ月か6ヶ月か。

もう、いつ出品したのか、出品したのは何なのか、誰が出品したのかさえも忘れそうな、果てしない月日が過ぎようとしたその日、メルカリからメールが届きました。

メルカリ売れた

なんと、出品していた商品が売れたというお知らせです。そして、「発送してください。」との指示です。(※このメールのキャプチャーはそれっぽくフェイクにしています。出品商品や価格、IDなどもデタラメです。)

これで思うことは3つです。

1つ目は、売れるには売れたけど、年に1回か2かしか売れないような商品では、とてもビジネスにならない。もう嫌だ。

2つ目は、ヤフオクのように「出品終了」がないので、再出品などの手間が大幅に削減できて、運営上販売はしやすいな。っと。

3つ目は、「ネットに出すまえは、売れるか売れないかはわからない!とにかく出すことが大事!」ということです。

くり返します。

とにかくネットに販売商品として公開せよ

出品する前から、「売れないかも」だの「売れるかも」だの、つべこべ言わずに、「とにかく出せ。」ということです。出せば何かが起きる可能性は0%より大きくなります。出さなければ0%。

メルカリでもいいですし、ヤフオクでもいいですし、本格的なネット販売用にショップサーブを借りて販売を開始してもいいし。

まずは、行動ですね。行動って言っても、パソコンに向かってキーボード打つだけですから。楽ちんです。こんな、お気楽なビジネスがあるのに、なぜ始めない!?

ま、ひとつ売れたくらいで調子に乗ってはいけませんね。

今回の、商品、売れたのはいいけど、全然利益出てないし・・・orz