*

最初にやっておきたい、ショップサーブ・スマホサイトCSS基本カスタマイズ5ヶ所

この記事は約6分で読むことができます。

最初にカスタマイズしたいCSS
ショップサーブのスマホ・テンプレートですが、個人的にはイマイチ・・・。

ただ、カスタマイズ性はそれなりにあるので、「最初にこの5箇所のCSSはカスタマイズしておきたい!」ってところを紹介します。これは「CSSがよくわからない」なんて、初心者でも簡単にできますので、もし内容を気に入れば取り入れてみてください。

「スタイルシート編集(上級者向け)」とは書いていますが、今回の記事は初心者でもできますのでご安心を。)

まず、CSSカスタマイズに先立ってやるべきことは、CSSファイルを呼び出して名前をつけることです。これは最初の1回だけの設定です。

あと、CSSファイルないの所定の箇所は、「目視」で探すのではなくて、ブラウザの「Ctrl(コントロールキー)」+「F」を使うと便利です。CSSファイルを開いた状態で「Ctrl」+「F」を押すと、ページ内検索の枠が出てきます。その中に、探す箇所のワードを入れて「Enter」を押すと、その場所表示されます。

その1.文字の影を消す

基本テンプレートを適用して、最初に目につくのが文字の影。こんなもん、いらんでしょう。自分の目がボケてるのかと思いますよね。これを消すにはCSSの「text-shadow」という箇所を、すべて「none」と入れ替えていきます。すでに、none」が入っているものは、そのままで、何らかの指定があれば、すべて「none」に書き換えます。

(例)
text-shadow: 1px 1px 1px #ccc;

text-shadow: none;

その2.行間を広くして読みやすく

行間を広くする

左がデフォルトのダメなやつ、せめて右側くらいの行間を空けましょう。

設定箇所はここ。

body {
line-height:1;  (※読みにくい!)
word-wrap: break-word;
}

body {
line-height:1.5em;
word-wrap: break-word;
}

行間の設定は、%やpx、remなど、いろいろありますが、わりと標準的な1.5emにしています。そこは、お好みで。

その3.「価格」と「還元ポイント」の間のムダな行間を削除

ムダなスペースを削除

スペースの限られたスマホ画面は、できるだけ有効活用したいところ。このような、意味不明な行間は削除してしまいましょう。CSSカスタマイズ箇所は以下の通り。数値はお好みで変更を。

.productprice div:last-child{font-size: 75%;margin-top: 10px;}

.productprice div:last-child{font-size: 75%;margin-top: 1.5em-10px;}

 

その4.「カートに入れる」ボタンを大きく目立つように

カートボタン大きさ

デフォルトの大きさでも良いのですが、ページ内で一番重要な箇所ですからね。ここを押してもらうためのものですから。可能な限り大きくしたいものです。設定箇所は次の通り。

.curt_l{ padding: 10px;font-size:120%;width: 80%;color: #fff !important;font-weight:bold;}

.curt_l{ padding: 10px;font-size:160%;width: 95%;color: #fff !important;font-weight:bold;}

※カートの英語は「cart」です。CSSを作った方のミスですね。「curt」は「そっけない」という意味の単語です。

160%は文字の大きさで、95%はボタンの画面横幅に対する割合です。100%にすると左右ピッタリになります。あと、文字の色を変える場合は「color:#******」。ボタンの縦の大きさを変える場合は、「padding: 20px 20px;(上下、左右20px空ける」など変更が可能です。

こんな感じ。大げさに上下60pxを取ってみました。これは、やりすぎです。

カートボタン

 

その5.カートボタンの上の無断なスペースを削除

カートのスペース

右のスペースくらいで十分でしょう。CSS設定箇所は次のところ。

.shopping_form .variation1,.variation2,.variation3{
border-collapse: collapse; border-spacing: 0;
width: 97%;
margin:10px auto 30px;
table-layout:auto;
}

.shopping_form .variation1,.variation2,.variation3{
border-collapse: collapse; border-spacing: 0;
width: 97%;
margin:10px auto 0px;
table-layout:auto;
}

ちなみに、ここは「購入数」エリアと「在庫」エリアのスペースの感覚に合わせた感じです。逆に、在庫の上を30px空けるとバランスがよくなりますね。


Adsense

関連記事

CSSでレイアウト

ショップページをCSSでレイアウトするコツ

TABLEに慣れてるるので、レイアウトもついついTABLEを使ってしまいます。でも、そろそろCSSで

記事を読む

エクセルCSV変換

もしもドロップシッピングのCSVファイルの列にあるカテゴリーを小分けにする方法

「そんなこと誰が知りたがっているのか!?」というような内容ですが、意外にいるかも? というわけ

記事を読む

レスポンシブWEBデザイン

レスポンシブ・デザインへの移行に際し学んだこと(その1)

自分のサイトをスマホで見た時の残念感・・・なんとかしたい。でもやる気ない・・・そんなこんなで数年が経

記事を読む

EC CUBE HETEML

EC CUBEを使う場合の注意点(共用SSL)

「EC CUBEを使ってお店を作りたい。お店サイトは独自ドメインで、カード部分は共用SSLを使いたい

記事を読む

SSL

フォームメールCGIを設置しよう

取扱商品が数千点、数万点となってくると、ショップサーブの問い合せフォームでは正直、間に合わないんです

記事を読む

たたりなし

CMS・・触らぬ神に祟りなし

「触らぬ神に祟(たたり)なし」とは、『かかわり合いさえしなければ、余計な災いを受けることもない。』の

記事を読む

CS-CART

新種発見か?レスポンシブ対応CSカート

サーバーにインストールして使うCS-CARTというカートプログラムを発見。 レスポンシブ(端末

記事を読む

CGI、PHPフリーのプログラマーの(集客)マーケティング・アイデア

ネットショップを自作する人が超マニアックであるように、レスポンシブ対応の掲示板を探している人

記事を読む

メールフォームCGI

レスポンシブ対応メールフォームCGIを設置した

ショップサーブのメールフォームが気に入らないので、レスポンシブ対応の無料CGIメールフォーム

記事を読む

カウントダウン

繁盛感の演出~注文が入りました!自動スクロール~

楽天ショップなどでよく見かける「注文が入りました!」逆スクロールをショップサーブに導入しよう!企画?

記事を読む

Adsense

Adsense

リピート販促
「保有ポイント失効」のお知らせでリピート購入を促す方法があります。

もったいない精神。 多くの日本人がもつ感情ですが、そこに

base進化
無料ネット販売アプリのベイスの進化がヤバイ。

最近、周りで、ベイス(BASE株式会社@東京都港区)で、ネット販売

パソコンは人にやるな
使わなくなったパソコンは人にあげてはいけない

個人事業主は1月~12月が事業年度です。12月ともなれば、「ちょっ

airCloset エアクロ
ビジネスアイデア!月額制レンタルファッション「airCloset」

悩みやコンプレックスに直接訴求して、解決、解消できる商品やサービス

個人事業主
個人事業主の極楽は、いつまで続くのか。

年収300万円程度の正社員の払う所得税は約6万円住民税が約12万円。言

→もっと見る

PAGE TOP ↑