急増する問い合わせ2つのタイプ

問い合わせ急増中

この記事は約3分で読むことができます。

問い合わせ急増中

最近、問い合わせが急増中。そして、その内容が、きっちり2パターンに分かれているのが特徴です。

「問い合わせが入った!」と思えば(A)か(B)かです。

なかなかおもしろいですね~

その2パターンとは:

(A)海外から日本に販売したい
(B)送料安くする裏技とは?

(A)は昔からの「あるある」ですが、ここ最近特に集中しています。

(B)はご存知の通り、運送会社の値上げが、半端ないご時世なので、送料に関して悲鳴を上げている運営者が増えているのがよくわかります。

さて、海外から日本へ向けて通販を始めたい。いわゆる逆!?越境ECですが、「これが正解」ってのは無いですね。検索されるようなモノなら「アマゾンで決まり。」ですが、無名の商品だとAmazonでも難しいのは、言わずもがな。

じゃ、ショップサーブで開店すればいいか?って話でもない。(同サービスは国内事業者の国内販売向けです。海外から販売は使わないほうが良いいでしょう。)

海外から「無名の」、言い換えると、「需要があるのかないのかもわからないような」モノを販売するのは、「かなり高度な(Web)マーケティング力が必要になる」とは言えそうです。

まぁ、それは直売の場合であって、卸し(exporter)的にやるのであれば、その商材を「売ってくれそうな」ECサイトを見つけて卸売するのが手っ取り早いですが・

次は、送料の裏技。

本日現在も、当該裏技は公開されています。実は、これを使おうと思ったのですが、今契約している運送会社の運賃とほぼ同じだったんで乗り換えるメリットがなかったので見送りました。

でも、今は、どこも運賃値上げです。悲鳴を上げているネットショップはチェックしてみてもいいんじゃないでしょうか。(ただ、運賃値上げ当たり前の状態になっていますから、その裏技もすでに完売かも知れませんが。)

円高だし、たまには新しい地域に商品発掘と買い付けに行こうかな、と思う今日この頃。