*

QUESTの法則ランディングページ

公開日: : 最終更新日:2018/05/24 日記

この記事は約4分で読むことができます。

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか迷います。ランディングページは縦長で、幾つかのパーツで構成されますが、「ウェブで見つけられる作り方」通り作ればそれで良いか?というと、そうではないことがあるのでやっかいです。

できるだけ多くの消費者行動モデルを知って、自社商品をランディングページで販売するには、どの法則を適用、あるいはアレンジしていけば良いか探る必要があります。今回は、わりとお悩み解決系商品に相性のよいQUESTの法則について軽く。

QUESTの法則では、ターゲットは「老若男女だれでも」ではなく、例えば、「20代の女子大生」であったり、「専業主婦で時間を持て余している人」、「副業をしたいけどまだ行動できていない人」このように、かなり絞り込む場合に有効です。

そんなわけで、絞り込みからスタートするQUESTの法則は次のとおりです。

Q・・・Qualify(絞り込む)
U・・・Understand(共感する)
E・・・Educate(教育する)
S・・・Stimulate(刺激する)
T・・・Transition(変化させる)

絞り込みについては、「就活中の女性大生の方へ」という直球でターゲットに訴求する方法は、「早く内定をもらって楽になりたいと思っていませんか?」といった質問形式のパターンも多く見られます。この絞り込みの段階で重要なのは、「ターゲットを絞り込む」ことと、ターゲットの抱えている「問題を自覚」させることです。

副業に興味がある人がターゲットなら、「給料が少ない。あと1、2万円でも多ければ、あれもできるしこれもできるのに・・・。もし、簡単なネット副業を始めることで1万円でも2万円でも収入が増えると嬉しくないですか?」という感じですね。

ターゲットを絞り込んだあとは、「共感」「教育」「刺激」「変化」と続くわけですが、このへんは他のAIDMAの法則であったりPASONAの法則なんかにもかぶりますね。言葉は違えど、定番的な流れです。

共感は、読み手に「ですよね~」「そうそう。わかるわかる。」と言わせられるような内容がベストです。ですから、例えば、40代、50代のオッサンが女子大生に向けて共感してもらえるような文章を書こうと思うと、これがなかなか難しい。

そんな場合は、女子大生としっかり話をして共感を得られるようなポイントを入手する必要があります。ここ結構重要で、その悩みが共感できないのに、共感を誘う文章ってなかなか書けないですから。ランディングページを作る前に、「何が共感」になるのか下調べが必要になります。パソコンに向かってうぅ~んと考えながらできるもんでもないんですよね。

教育は商品の説明ですね。どんな商品なのか伝えるだけです。ただし、読んでいる人が興味を引くような特徴をあげて、欲しいと思えるような書き方をしないと、ここで離脱されてしまいます。多少盛ってでも、読み手を軽く煽るくらいが良いでしょう。

刺激は文字通り、欲求を更に煽ります。リアルなお客様の声を載せるのいも良いですし、保証や得点をつけるのは定番中の定番です。「もし、いま行動しなければ1年後も同じ悩みで苦しむかもしれません。でも、今ちょっと行動することで、あなたの1年後は今とは全然違ったものになりますよ。」的な感じですかね。

最後は、「申し込みめ。」で締めるのも全法則共通です。大きなボタンでわかりやすく購入へと導きます。ショップサーブでもカートボタンは自由にデザインできるので、次のようなボタンを作って差し替えましょう。

注文ボタン



Adsense

関連記事

No.1

クラウドソーシング・サイト比較

クラウドソーシングに関しては、クラウドワークスが最新で最大かと思っていたら違っていた!こりゃお恥ずか

記事を読む

すいか

ナンバーワン商材かオンリーワン商材

久しぶりにネットショップ仲間ができました。大変忙しく繁盛しているようです。嬉しいですね。儲ってるお店

記事を読む

アクセス拒否

迷惑客やクレーマーはブラックリストとアクセス拒否

ショップサーブの新しい機能に、ブラックリスト機能が追加されました。(10月22日付のお知らせ)

記事を読む

クラウドワークスで仕事依頼中

仕事依頼をかけたわけですが、まず、入力フォームがもたついて、いきなりいらいら・・・とりあえず、メモ帳

記事を読む

サイト風テーマがない

WordPressのサイト風テーマがない

あるテーマを思いついたんですが、ブログというよりサイトなんですよね。で、今さらHTMLでページ作成な

記事を読む

転職

会社の内部事情がおもしろい(転職サイト)

転職の相談を受けました。 この業界のことなら、ある程度のアドバイスはできます。でも、業界変わる

記事を読む

シェアの逆転

シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じゃないでしょうか。以前は、Wi

記事を読む

何が売れるか

ネットでは何が売れるのか?Rランキング20位まで

楽天のランキングを見ると、季節的に売れているものや、季節に関係なく売れているものなども知ることができ

記事を読む

円グラグサムネイル

2015年のブラウザ利用状況とユーザー端末環境の行方

ショップ運営者としてときどきチェックしたいのが、ユーザー(訪問者)の利用しているブラウザや端末の情報

記事を読む

おすすめPC

ネットショップ運営おすすめPC

オススメのパソコンはズバリ「ハイスペック」です。 つい、「安いのを」と考えてしまうんですが

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑