ホーム > ブログ1 > ネットショップ運営で一番苦労すること

ネットショップ運営で一番苦労すること

「ネットショップを立ち上げたい!」と思っても、「何を仕入れて売るか?」という段階も、ある意味苦労ですし、実際にお店開店してからも苦労は多いと思います。

ECショップ(=ネットショップ)立ち上げから運営までを、(1)仕入れ、(2)通販システム選び、(3)店作り、と3つに分けて、それぞれの段階での苦労話をしたいと思います。

仕入れで苦労!

仕入れ経験のないときの仕入れほど苦労したことはないです。まず、どうやって仕入れたらいいのかわからないわけです。どこへ行けばいいの?ってな感じで。図書館行ってタウンページをめくったこともありました(←まったく無駄)。

たまたま現金問屋を見つけたのですが、一般消費者を対象にしてないので「いらっしゃいませぇ~(^o^)」なんて愛想のいい挨拶なし。無愛想な人ばかりが、せわしなく働いている状況です。まぁ~声をかけづらいのなんのw。

そんな恐怖の初仕入れを経験して、業界のこともわかって、今では仕入れは怖くありませんが、今度は、「売れる商品がなかなか見つからない!」という苦労に直面しております。

先日は、インテリア関係の展示会に行ってきましたが、「これは!」と思った商品があったんです。「まだ、世の中に全く知られていない新商品でメーカーもこれから販売店を探したい。」という段階の商材です。

「これはチャンスかも!?」と思ったのもつかの間、ウェブ検索&リサーチしたところ、なんとヒット商品の二番煎じでした。ヒット商品と差別化できる点、勝っている点が多ければ売りやすいのですが、残念ながらそうでもないので、仕入れはあきらめました。

通販システム選び

今は、ショップサーブを使ってお店を運営していますが、新しい商材が見つかったときが苦労のときです。しかも、今のお店に並べられる共通のジャンルなら、そのまま追加すれば良いのですが、これがジャンル違いってのがけっこうあるんです。

「ネットショップ成功の鉄則は専門店」というのははずせないので、ジャンル違いの商材が見つかると、じゃ、「通販システムはどこにする?」なんて悩むわけです。

もちろん、またショップサーブを使ってもいいんですよ。でも、単価が500円あたりの安い商材なんかもあるわけです。これだとちょっとショップサーブを使うには及ばないかな?と。

じゃ、「安いカラーミーがいいのか?」と考えるわけですが、決済関係があまり好きでないので、できれば避けたい。他に最適なシステムがない・・・

店作り

商品を載せるだけで売れたのは大昔の話です。今は、しっかりページ作りをしないと売れないんですよね。全体のレベルが上がっているのも原因のひとつです。

「写真は、明るく、きれいでないといけない。余計なものが写り込んではいけない。」なんて基礎ルールもありますから、そういった店作りのチェックリストを見ながら作り込みをするわけです。

この部分は苦労とも取れるし、楽しいところとも言えるのですが、そこそこ時間を食います。 で、時間をかけて作ったページが結果を出すかというと、ん~勝率は3割ですかね。3パターンくらい作り直して、そこそこ良い結果の出すページが生まれる、といった感じです。

ページトップのファーストビュー(最初に目に入る)部分のバナーを変えた瞬間、お客さんがり付かなくなって焦ったり(直帰率UP)、元に戻して安心したり。天才的なキャッチコピーだと思って使ったら、即ダメ出しを食らったり。

「このカットの写真が欲しい」と思っても、商品はメーカー倉庫。メーカー担当に電話して写真を撮ってもらうんですが、相手はネットショップの写真の重要性なんて知らないですから、ピンぼけで暗い写真が届くわけです(泣)

ま、そんな感じで、どんな仕事にも苦労はつきもの、って話ですかね。

※2008.6.17の記事を加筆しました

↑ PAGE TOP