*

在庫を持つ、在庫を持たない、仕入れの塩梅

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ, ネットショップ運営

この記事は約2分で読むことができます。

某モールからの出店者向けメルマガ。

「売上アップのためには在庫を切らさないようにしましょう。」

って。

よくもまぁ、そんなに簡単に言えますよね~。そんなこと、みんなわかってること。在庫率100%を常に維持できれば苦労しない、って話です。

よく売れるもの(売れ筋)は在庫を切らさないように常に気をつけいるので、めったに切らせることはありません。これはどこのお店もそうでしょう。売上アップのためというより、機械損失(販売機会を失うこと)を避けるためですね。

逆に、売れ行きの悪いものや死に筋商品なんかは、積極的に在庫しても倉庫の肥やしになるだけ。不良在庫になってしまうリスクをはらんでいます。倉庫なども家賃がかかってるわけですから、置いてるだけでコストです。

また、在庫を持たないネットショップの場合、販売店がメーカー側の在庫はコントロールできませんから、「在庫を切らさないようにしましょう」なんて言われても、「それはメーカーに言ってくれ」としか言いようがないです。ま、それを言ったところで、メーカーも「そんなことはわかってる」というのがオチです。

物販ビジネスでは、いろいろ苦労する点はありますが、在庫もそのひとつです。仕入れ過ぎても困るし、在庫切れを起こしても困る。ちょうどいい塩梅の仕入れをするのがバイヤー(仕入れ担当)の仕事ですね。スゴ腕バイヤー目指しましょう。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

no image

送料の安い運送会社はエコ配できまり(条件は3つだけ!)

もう運送会社の値上げがすごいったらありゃしない・・・でも、時代に逆行するように格安の運送会社も台頭し

記事を読む

記事が多い理由

なぜショップサーブの記事が多いのか。その理由。

なぜショップサーブの記事が多いのか。 最大の理由のひとつは、「ショップサーブを使っている人が多

記事を読む

事件簿

ネットショップ運営のかる~い事件簿

長年ネットショップをやていると、いろいろあるのですが、おおむね平和な運営が10年以上続いてい

記事を読む

レディース・アパレル

オッサンが悔しがる「レディース・アパレル」のネット販売

レディース・アパレル業界(通販)って参入が激しく撤退も激しい業界のひとつですね。大手だから成功す

記事を読む

no image

個人事業の会社概要でモリモリ信用度アップ

個人さんとは取引しないんですよ~ とお断りされたこともあるし、周りでそういった話はよく聞きます

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

no image

クーポンを活用してリピーター獲得大作戦

ショップサーブの便利な「クーポン発行機能」ですが、あまり活用できていないお店さんが多いようです。クー

記事を読む

ヤフーショッピング出店失敗

ヤフーショッピング出店失敗は3タイプか

何をもって「失敗」とするのか?考えてみると3つくらいありそうです。 1.まったく売れなかった・

記事を読む

no image

ステマは倫理観の問題

たまたま同業者のサイトを見た時、レビューのひとつが、明らかに自作自演でした。一般ユーザーが知る由もな

記事を読む

クロスセリング

クロスセリング(ついで買い)テクニックを導入する方法

マーケティング用語「クロスセリング」。日本語で言えば「ついで買い」。古くは、ハンバーガーチェーンの「

記事を読む

Adsense

Adsense

最強のメルマガCGI
メルマガCGI、こんなに素晴らしい最強のCGIがあったのを忘れていた・・・

2018年からの傾向なんですが、通販システムを借りているショップサ

事情
一部のネット販売店の実情

最近話したAさんのお話。。。「ネット販売やっています。」というと、

確定申告
2019年確定申告の時期だよ~テキトーな個人的裏(ウラ)話

来ましたか?確定申告のハガキ!1月下旬に来たハガキ、忘れないように

みるみる残高が増える
やれば、銀行口座残高がみるみる増えるヽ(^o^)

銀行口座の残高が増えるって嬉しい! って思いませんか? 思

insta
instagramやるべき店とやるべきではない店(ネット販売)

インスタは一応アカウント持ってますが何年か放置です。当然です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑