*

在庫を持つ、在庫を持たない、仕入れの塩梅

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ネットショップの仕入れ, ネットショップ運営

この記事は約2分で読むことができます。

某モールからの出店者向けメルマガ。

「売上アップのためには在庫を切らさないようにしましょう。」

って。

よくもまぁ、そんなに簡単に言えますよね~。そんなこと、みんなわかってること。在庫率100%を常に維持できれば苦労しない、って話です。

よく売れるもの(売れ筋)は在庫を切らさないように常に気をつけいるので、めったに切らせることはありません。これはどこのお店もそうでしょう。売上アップのためというより、機械損失(販売機会を失うこと)を避けるためですね。

逆に、売れ行きの悪いものや死に筋商品なんかは、積極的に在庫しても倉庫の肥やしになるだけ。不良在庫になってしまうリスクをはらんでいます。倉庫なども家賃がかかってるわけですから、置いてるだけでコストです。

また、在庫を持たないネットショップの場合、販売店がメーカー側の在庫はコントロールできませんから、「在庫を切らさないようにしましょう」なんて言われても、「それはメーカーに言ってくれ」としか言いようがないです。ま、それを言ったところで、メーカーも「そんなことはわかってる」というのがオチです。

物販ビジネスでは、いろいろ苦労する点はありますが、在庫もそのひとつです。仕入れ過ぎても困るし、在庫切れを起こしても困る。ちょうどいい塩梅の仕入れをするのがバイヤー(仕入れ担当)の仕事ですね。スゴ腕バイヤー目指しましょう。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

ランディングページ

ランディングページの重要な7つのポイントをわかりやすく

ランディングページを作るたびに、「参考になるサイトはないか?」と探してまわります。たくさんの参考サイ

記事を読む

会員ランク

ファン化促進のための顧客会員ランク分け設定について考えてみた

ほとんどのネットショップが会員制やポイント制度は導入していると思いますが、難しいのは会員のラ

記事を読む

価格改定

メーカーから価格改定(値上げ)のお願いが来たら

物価の上昇だの円安だの、現地工場の人件費の高騰だの理由で、メーカーから価格改定のお願いのFAXが届く

記事を読む

no image

お客様からの電話を積極的にとると・・・

「郷に入れば郷に従え」というコトワザがあるように、ネットでショッピングする場合は、ネットで注文、問い

記事を読む

売れない理由

ショップサーブで売れない場合の3つのチェックポイント

「ショップサーブ 売れない」という検索ワードがほぼ定番化してしまいました。おそらく、「ショップサーブ

記事を読む

no image

恒例になりつつある月末検索ワードをネタにしたライティング

netsea 評判 netsea(ネッシー)は、いわゆるBtoBサイトです。仕入れしたい個人事業や

記事を読む

ネットバンキング

ネットバンキングが使いやすい銀行と使いにくい銀行

「あほか。」と言いたくなるダイレクトバンキングのシステムってありますよね。セキュリティーを高めるのと

記事を読む

ハードルクリア

副業ネットショップにつきもののハードルも、今はらくらくクリアできる時代

ネットショップを始める場合、サイト上に運営者情報を表示する必要があります。住所であったり名前であ

記事を読む

SSL引っ越し注意

共用SSLの使い方にちょっと注意

個人情報などを送信するページはSSL(暗号化通信)を使うのが常識。でも、独自SSLを買うのはもったい

記事を読む

動画風・・・意味なし

クリック率が高くなる仕掛け(動画風)を作ってみた

動画風バナーというか、「これクリックすると動画が再生される」と思ってしまうバナーです。で、ついクリッ

記事を読む

Adsense

Adsense

ECサイト運営者の思い込み
ECサイト運営者の間違った思い込み。。

「コンテンツマーケティング」と言う言葉もすっかり馴染みましたが、その重

メディアEC
ネットショップの基本「メディアEC」

ここ数年、コンテンツマーケティングとかメディアECという言葉が取り

no image
「フレーミング効果」の事例や活用方法

ネット販売をするなかで、◯◯の法則だの、△△効果など、よく使います。キ

常時SSL
常時SSL化(https://)進めていますか?

ショップサーブのクライアントさんは少なめですが、すでに関わっていな

ネットショップは電話対応しない
「ネットショップは電話対応しないのが基本」の法則

ネットショップが電話を受け付けない3つの理由といった定番記事があります

→もっと見る

PAGE TOP ↑