オリジナルのデザインTシャツをネットで販売する方法

Tシャツ販売方法

この記事は約6分で読むことができます。

毎年、5月あたりから夏のような気温の日があったりすると、Tシャツが欲しくなりますよね。

Tシャツといえばシルクプリント!?

「デザインから始まって金型(プラ製もある)を作って、数十枚単位でプリントして製作。」というのも古いやり方かもしれません。

今は、デザインをネットでぽいっと送れば、1枚からオリジナルTシャツを販売できます。

しかも、在庫を持たずドロップシッピング(顧客直送)。

オンデマンドでTシャツ販売ができるメジャーなサイトは4つ。

1.Tシャツ・トリニティー(ttrinity.jp)
2.スズリ(suzuri.jp)
3.アップT(up-t.jp)
4.クラブT(clubt.jp)

落とし穴に注意

「オンデマンドで1枚から販売ができる。在庫を持たなくて良い。」

これだけ聞くと、副業にもピッタリなので「やってみたい。」って思いますよね。

ところが、実際には、ちょっと困ったこともあるんです。

それは納期。

注文した翌日に商品が届くのが当たり前のようになった、日本の通販事情ですが、これらオンデマンドのオリジナル商品は、早くて1週間くらいかかります。

ある意味オーダーメードですから、仕方ないのですが、他のショッピングに比べてあまりに遅く、すぐほしいのに「は!?10日後?」なんて話になるわけです。

Tシャツ・トリニティーで作ってみた

印刷品質などをチェックするためにTシャツトリニティーで自分用のオリジナルTシャツを作ってみました。

届くの遅い遅い。

2週間くらいかかりましたかね。

しかも、上記の写真のようにガチガチ梱包。割れ物でもないのに。

郵便受けに入れてくれりゃいいのに、手渡しです。

印刷クオリティーは、まずまず、でしたが、納期があまりに遅いので、Tシャツトリニティーを販売のプラットホームにするのはあり得ないですね。

アップTで作ってみた

オリジナルTシャツのオンデマンド新参サイトの、オリジナルTシャツ製作「Up-T」」でも作ってみました。

ここは3~4日くらいで届きました。

早いです。

おそらく、「新規参入なのでユーザー数がそれほどいない」のが理由ではないかと思います。

ヤマト運輸のネコポスで郵便受けに入ります。

ビニール系の封筒にTシャツがそのまま入っていました。

個人的にはこのシンプル梱包は、ゴミが出ないの好みです。

印刷クオリティーも良くて、ぜんぜんアリですね。

ちなみに、up-Tは、石川県に本部を置く、創業60年以上の繊維専門の企業「丸井織物株式会社」。

「オンデマンドTシャツ販売プラットホーム事業部」的な、社内のプロジェクトの一環なのでしょう。

もともと、繊維専門なので無地のTシャツなど、とても安く仕入れられるのではないかと思います。

オンデマンドのデメリット

Tシャツのオンデマンド印刷に使われているのはガーメントプリンター。

このようなやつ↓

ブラザーガーメントプリンター

Brother以外、エプソンなど、いろいろなメーカーも出していますが、家庭用のプリンターを大型化したようなものです。

家庭用と同じく、プリンターのプリントヘッドが右に左に往復して印刷していきます。

1枚印刷するのに数分。

印刷した後、生地にインクを定着させるためにアイロンプレスをします。

この工程はシルクプリントも同じですね。

そして、Tシャツをたたんで袋に入れるところまでを考えると1枚製作に最短でも10分はかかります。

ということは、1台で1時間に6枚しか製作できない。

1台で10時間稼働させて60枚ということです。

オンデマンド各社は、ガーメントプリンターを数十台から数百台、工場のようなところに設置して、印刷以外は人の手で行っているのではと思います。

売れる商品は在庫を持て

数十万円から数百万円もするガーメントプリンターを購入してまでTシャツ販売をする人は少数派だと思います。

そんなリスク負いたくないもんね。

邪魔になるし、メンテも必要になるし。

もし、いろいろなデザインを販売してみて「売れ筋」がわかってきたら、まとめて在庫を持っておくことをオススメします。

そのメリットは、すぐにお届けできる。

裏を返せば、すぐに金になる。

暑くなってきて、「Tシャツ欲しい!」って思ったとき、「お届けは2週間後です。」って言われて買いたいと思いますか?

在庫を持っていれば、「発送は当日!」って書けるんです。

在庫を持っていないオンデマンドの同業者とは、確実に差別化できます。

Tシャツなんて6畳の部屋があれば、相当数ストックできますよ。

発送も別に運送会社と契約しなくても、例えば、レターパックに入れてポストにインすれば良いだけですから。