*

銀行振込やクレジットカード決済後の領収書発行について

公開日: : 最終更新日:2016/03/14 ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ, 経理と会計と税金

結論から言うと、銀行振込やカード決済での買い物は領収を発行してもらわなくてもOK。

と思うよ・・・客の立場の場合。

と言うもの、領収書が必要なのは、結局のところ、税務調査で、「この支払は何ですか?」と聞かれた時に、ちゃんと答えられるかどうか、という話。(会社で「領収書がないと精算できない」という場合は話は別で、ここでは法人とか個人事情主の場合)

確実に振り込んで、経費で購入した事実があれば、何らやましいことはないわけですから、税務調査官に対して、自信を持って「○○の費用です。」と言えますよね。さいあく「疑うならお店に問い合わせてください。」と言えば済むと思いますが。それをネチネチつついてくる滑稽な税務調査官なら、ハズレを引いたと思えば済むはずです。

ネット販売屋を長年やってると、しばしば領収書を求められます。それが、「発行して当然だろう」というスタンスのお客さんは、「ネットで色々調べてご苦労ですが、うちは発行しないんですよ。ごめんね。(文句あるなら消費者庁でも何でもどうぞ)」とお断り。

逆に、最近はすごく良いお客さんが多いですが、例えば、「誠に申し訳ないのですが、経理上領収書が必要なんです。お手数でなければ発行して頂けませんか?もし、費用がかかるのであればお支払いします。」といったお客さん。喜んで発行するという感じですね。(※二重発行にはならない。)

こちらもボランティアでやっているわけではないですし、社員に給料を払って働いてもらっているわけですから、ただ働きはないですわね。裏事情じゃないですが、その辺のことを配慮できるお客さんは領収書の発行歓迎ですね。ある意味、これは領収書をもらうテクニックですなw

確定申告の期限は3月15日です。

急げ!

Adsense

関連記事

オモシロ質問

問い合わせに返答したところ、おもしろい返信が!

ネットショップ開業に特化したサイトをやっていると、やはり、それに関連した問い合わせが入ります。問い合

記事を読む

文脈効果

文脈効果をセールスに使おう

商品を普通に載せるだけでバンバン売れる時代は、とっくの昔に終わって、今はあれこれ心理テクニックを駆使

記事を読む

wixでブログ

ネットショップ用ブログをWixで始めるのも良い

ネットショップの運営にブログはつきものですが、ブログの書き方がわかっていないお店や活用しきれていない

記事を読む

no image

売れているお店は何が違うのかPart2

ショップサーブ出店ユーザーの中から選ばれるネットショップ大賞。前回は、カテゴリ1位のメンズセレクトシ

記事を読む

不良品

「不良品ぐらいでガタガタ言うな」と言いながらも

家庭で使っている電化製品が壊れたので、新しく買おうと熱帯雨林を物色していました。その家電は、もは

記事を読む

過大評価で大失敗

過剰評価or過大評価で大失敗

4月からの人材採用を検討しているお店さんも多いかもしれません。 例えば、こんな話。 アル

記事を読む

no image

扱いやすい商材、扱いにくい商材

いくつかの商材を取り扱ってきましたが、最も、扱いにくいと思ったのが賞味期限、消費期限があるものです。

記事を読む

売れない対策

「ショップサーブ売れない」と嘆く前にやるべき3つの対策

ショップサーブは、本格的なネットショッピングサイトを作るには優れたツールだと思います。いろいろな機能

記事を読む

ハードルクリア

副業ネットショップにつきもののハードルも、今はらくらくクリアできる時代

ネットショップを始める場合、サイト上に運営者情報を表示する必要があります。住所であったり名前であ

記事を読む

閉店

あまりに残念な売上げ・・・閉店か移転かプラン変更か

ショップサーブのライトコースで出店しているお店さんの生々しい台所事情。 年商13万円、

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑