*

銀行振込やクレジットカード決済後の領収書発行について

公開日: : 最終更新日:2016/03/14 ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ, 経理と会計と税金

結論から言うと、銀行振込やカード決済での買い物は領収を発行してもらわなくてもOK。

と思うよ・・・客の立場の場合。

と言うもの、領収書が必要なのは、結局のところ、税務調査で、「この支払は何ですか?」と聞かれた時に、ちゃんと答えられるかどうか、という話。(会社で「領収書がないと精算できない」という場合は話は別で、ここでは法人とか個人事情主の場合)

確実に振り込んで、経費で購入した事実があれば、何らやましいことはないわけですから、税務調査官に対して、自信を持って「○○の費用です。」と言えますよね。さいあく「疑うならお店に問い合わせてください。」と言えば済むと思いますが。それをネチネチつついてくる滑稽な税務調査官なら、ハズレを引いたと思えば済むはずです。

ネット販売屋を長年やってると、しばしば領収書を求められます。それが、「発行して当然だろう」というスタンスのお客さんは、「ネットで色々調べてご苦労ですが、うちは発行しないんですよ。ごめんね。(文句あるなら消費者庁でも何でもどうぞ)」とお断り。

逆に、最近はすごく良いお客さんが多いですが、例えば、「誠に申し訳ないのですが、経理上領収書が必要なんです。お手数でなければ発行して頂けませんか?もし、費用がかかるのであればお支払いします。」といったお客さん。喜んで発行するという感じですね。(※二重発行にはならない。)

こちらもボランティアでやっているわけではないですし、社員に給料を払って働いてもらっているわけですから、ただ働きはないですわね。裏事情じゃないですが、その辺のことを配慮できるお客さんは領収書の発行歓迎ですね。ある意味、これは領収書をもらうテクニックですなw

確定申告の期限は3月15日です。

急げ!

Adsense

関連記事

自社内で

自社内でネットショップを立ち上げた場合の運用コストについて

自社内で通販事業部を立ち上げる場合の運用コストについて。 すでに製品があるものとして考えた

記事を読む

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

no image

アクセスユーザーは4タイプに分けて考える

ネットショップを公開すると、予想通りのアクセス以外、予想外の訪問者もたくさんやってくるようになります

記事を読む

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

no image

長時間作業に集中したい時にはクラシック

「この3時間で、ショップサーブの商品ページの作り込みと、ブログを2つ書いておきたい。」と気合を入れた

記事を読む

HP業者選び危険

HP作成業者を使うのが危険な理由

珍しく「ネット販売 個人起業 雑貨 HP作成業者 おすすめ」という5ワードによる訪問。 「雑貨

記事を読む

wixサムネイル

イスラエルからやってきたネットショップ開業ツールWixを使ってみた

Wix.comは、本社がイスラエルのテルアビブ。「無料でホームページが作れる」ということは知っていま

記事を読む

人材

採用したい人材採用してはいけない人材

採用って難しいですよね。考えれば考えるほど難しくなる・・・ ズバリ採用したくない人はこのタイプ

記事を読む

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

会計事務所

会社を設立すると会計事務所からダイレクトメールが届く

新年度が始まるわけですが、このタイミングで会社を設立する人も多いでしょう。法人を作ると、法務局にいろ

記事を読む

Adsense

Adsense

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

コンビニ経営
「セブン-イレブンで年商2億」の広告のLP

関係無くても年商2億と見るとついクリックしてしまった先は、セブンイレブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑