起業のために勉強すべきではない4大勘違いジャンル

無駄な勉強はするな

この記事は約7分で読むことができます。

「起業のために勉強しておくことって何ですか?」って質問あるじゃないですか。

この質問って難しいですよね。

「販売業したんですが、何販売すればいいですか?」みたいな質問に近い・・・

でも、確実に言えるのは「起業をしたい人」が事前に勉強してはいけないこと、しても無意味なことの4大ジャンルがあります。

税金の勉強は無駄

起業する前から税金の勉強をすることほど意味のないことはないです。

特に、法人税などの節税。

節税は儲かってからするもの。払うべき税金が見えている段階で、それをいかに減らすか?というところで勉強し始めるものです。

サラリーマンなら、税金を取り戻すためには何をするべきかってのを考えたほうが良いですね。

消費税も売り上げ1000万円から関係してくることなので、起業前に考えることは1ミリもありません。

経理の勉強は無駄

税理士、会計士など簿記を駆使してお金を扱う専門職で起業する場合は、経理、つまり簿記は必須です。

1級目指して勉強しましょう。

でも、それ以外の職種で起業する人に簿記は不要です。

必要なのは「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」そして、「記録」することです。

お小遣い帳が付けられるレベルで十分です。

ただし、そんな状態でスタートしても、儲かってきたら、上記の節税のために簿記の基礎的なことは知らないと大損をこいてしまいます。

特に、物販業を含め「仕入れはいくらしても経費にならない。」とか「商品券を買っても経費にはならない。」などです。

儲かってくれば、否応なく勉強することになります。

無駄な税金払いたくないですからね。

資格の勉強は無駄

起業するために何か資格を取ろう。

そんな人も多いと思います。

確かに、お医者さんや看護師、弁護士や会計士などを目指す場合は、「その資格がないと仕事ができない」ので取らないと始まりません。

独占業務資格って言いますね。

でも、独占業務資格以外、基本的に資格はいらないです。

経営コンサルタントになるのにも資格は不要で名乗るだけで即起業です。

中小企業診断士って資格もあるんですが、別にこれがなくなって経営コンサルタントを名乗っても違法でもなんでもないです。

中小企業診断士って、はっきり言ってめちゃくちゃ難しいですからね。

ちょっと興味が出たことがあって、過去問を見ましたが即あきらめめました。

勉強している間は金にならないわけだから、「そんなことなら商品仕入てネット通販で売ってるほうがよっぽどまし。」と。

一生懸命勉強して診断士の資格を取っても、仕事を取るのは100%自分の営業力にかかっています。

営業力0なら収入も0です。

診断士の資格は絵に描いた餅です。

医師免許や看護師などとは、まったく別の資格なので注意したいですね。

会社設立の勉強は超絶無駄

アマゾンで調べれば「自分で会社を設立する方法」的な本もありますが、起業するのに自分で会社設立手続きをする人は、よっぽどの変わり者です。

まず、いないと思いますが、念のため。

会社設立は、テーマや方針などを決めるだけで、設立は司法書士など専門家に丸投げするのが基本です。

いくら設立の勉強をしても1円にもなりませんから。

今なら、株式会社よりもLCC(合同会社)が良いかもしれません。

株式会社を設立(30万くらい/資本金は1円から)するよりも、はるかに安く(LLCなら10万くらい)できて法人口座ももてますから。

本気で副業するサラリーマンならLLCの設立者を奥さんや身内にすれば、100%バレませんしね。

勉強しておいて損はない3大ジャンル

ちなみに、起業を夢見ているとか起業予定の人が勉強すべきの1つ目は「マーケティング」でしょう。

どんなビジネスでも、これが理解できて使えるかにかかってます。

いくらいい商品を持っていても、いくらいい記述を持っていても、マーケティングができないとゼロ。

2つ目は、セールス。お客さんをうまく集められても「買ってもらえない」とゼロです。

集めた後は買ってもらうための、テクニックをあれこれと駆使します。

セールステクニックの基本は心理学でしょう。

ということは、マーケティング+心理学って話になります。ここまでは。

3つ目は、事例のインプット。

起業前ですから、いろいろな起業の成功例や失敗例などの事例を、ネットはもちろん書籍から大量に入手するのが良いでしょうね。

その時に、意識するのが「ビジネスモデル」。

この会社や人は、「どんなビジネスモデルで稼いでるんだろう。」という視点です。

一見、すごそうな起業家も多いですが、たまたま有名になって、稼いでいるのはコンテンツだけって場合もあります。

そんな人の、実業に対する意見はあまり役に立ちません。(コンテンツビジネスは虚業であるため)。

とりあえずこの1冊

マーケティングとか、販売とか、心理学とか、良い本はたくさんあるんですが、今思いつくのはこれくらい・・・

読みやすく、起業で必要な全体像が把握できる1冊です。

この本が「難しい」という人は、まだその段階ではないかもしれないので、もっとイージーなところからスタートすると良いでしょう。

怪しくなければ、東京や大阪を中心に開催されている起業勉強会とかも、たまには良いと思います。

また、ネット通販なら無料で受けられるセミナー(怪しくないやつ)なんかも参考になると思います。インプット用ですね。