ネット通販の実情を垣間見るならこのサイト


この記事は約3分で読むことができます。

サイトキャッチャー
モノを販売する物販ながら、一般の人の目に触れることのないネットショップ。実業なのか虚業なのかよくわからない微妙なポジションですが、実は、あるサイトを見ると、その内容を垣間見ることができます。

そのサイト、とは「サイトキャッチャー」

いろいろなウェブサイトの売買ができる「マッチングサイト」というジャンルのサイトです。

例えば、個人事業で始めたネットショップですが、「諸事情で運営することができなくなった。」そこで、閉店する選択もありますが、「売却」するという選択もあるわけです。

具体的には、「マニアックな下着ショップを運営していたが、急に旦那様の長期の海外転勤が決まり、ショップを運営するのは難しくなった。」というようなケースです。

例えば、今見た「ランジェリーショップ」などは、月間の維持費用は3400円ほどで、売上げは35万~85万円です。サイト運営業務内容と時間は、「新入荷商品の掲載  20時間」とかです。

繰り返しますが、月額3500円ほどで、月に20時間働くだけで35~85万円の売上げなんです。利益(手取り)は、おそらく10~30万円はあると思います。そんなサイトが200万円で販売されているわけです。

ま、売却価格の話は置いておいて、「月20時間で10万~30万円のお給料。」

これが多くのネットショップの実情です。もちろん、違う場合もあります。300時間働いて5万円ということもあるでしょう。でも、ネット販売は、基本的に効率が非常に良いのは事実です。

ネット販売をやる醍醐味はここにあります。1000万円儲かるとか1億円儲かるとか、そういう話ではないんですね。「アルバイトやパートで、汗水たらして丸一日働いて、ヘトヘトになってやっと稼げるような金額が1分くらいで稼げてしまう。」そんなことは、別に騒ぐようなことでもない、そんな業界です。