« ウェブ制作会社に制作委託 | メイン | テレビ通販絶好調? »

2008年08月19日

ショッピングカートの品質は要注意

通販サイトにショッピングカートの機能は付きものです。そして、このショッピングカートにも品質があり、ピンからキリまで、玉石混淆(こんこう)なのです。知ってました?

例えば、街のスーパーなどで使う本物のショッピングカート。「車輪の状態が悪く押しづらい」なんて経験ありませんか。前に押しているのに、なぜか右へ右へと行くと、とか。

ま、その程度のことで買い物をやめる人はまずいないと思います。

やめたとしても、別のスーパーへ行くのもかなりの労力を伴いますから、よっぽど短気でない限り買い物を途中で中断する人はいないでしょう。

ところが、ネットショッピングの場合は、瞬時に買い物をやめられますし、クリックひとつで別の店舗へ簡単に瞬間移動できます。

ですから、ちょっと状態の悪いショッピングカートに遭遇しようものなら、「やーめた。」と途中で買い物をやめてしまうお客さんも意外に多くいるのです。思い当たる方もいるかもしれませんね。

この「ショッピングカートの途中で買い物を中断する」ことを「カゴ落ち」と言います。

質の低いショッピングカートの場合は、カゴ落ちの割合が高く、非常にたくさんのお客さんを取りこぼしていることになります。つまり、頂けるはずの売上を自ら放棄しているのと同じなのです。

しかも、最悪なのは、取りこぼしたお客さんの数がまったくわからない点です。ですから、売上が上がらない原因のひとつがショッピングカートにあったとしても、永遠に気付くことがないのです。

「じゃ、どんなショッピングカートを選べば良いの?」と思うかも知れません。答えは簡単です。質の高いものを選べば良いだけです。質の高いものとは、実力のあるショップ運営者からの意見がよく反映されていて、作りこまれたショッピングカートです。

作りこまれているからこそ、お客さんにとって使い勝手が良く、スムーズに買い物ができるシステムになっています。当然、カゴ落ち率も低くく、努力がそのまま良い結果に結びつくような通販サイトが実現できるのです。

そのようなショッピングカートを装備している通販システムをひとつあげるなら、やはり、まず、ショップサーブでしょう。サンプルを試すなどして、他のサーバーと比較してみてください。その違いがわかると思います。

ちなみに、お店の声を反映して改善が重ねられたショッピングカートの対局にあるのが、「ネット販売の現場を知らないプログラマーが自己流で作ったシステム」です。「だれが読むねん!」というような分厚いマニュアルをつける日本の電機メーカーみたいなもんですね。使う人の視点が欠落しているやつです。