ネットショップ開業でやってはいけないこと

やってはいけない

やってはいけないこと。それは、マルチタスク。マルチタスクは言ってみれば「ながら」です。「ウェブ編集しながら会計ソフトを操作する」とか、「受注処理中にメールチェックもする」とかですね。普通にやっている人が多いと思いますが、実は、これダメなんです。

何がダメかって、効率が悪くなる・・・つまり、並行して色々処理すると、一見効率が良いように思えるんですが、実際は、非効率極まりないことをやっているわけです。スタンフォード大学(米)の研究成果として、それが認められたということなので、信じたほうが良いのではないかと思います。

これはネットショップに限らず、仕事をしている人には共通して言えることじゃないですかね。例えば、「仕事中にLINEにメッセージが届いたから見てみると、家族から旅行の日程を決める連絡。そこで、脳のモードは、スケジュールについて集中し始める。我に返ると、それまでの仕事のペースを失っている。あるあるですよね。

マルチタスクは「脳を損傷する」とか「脳を破壊する」なんて恐ろしい記事まであるくらいです。ま、脳に関しては信憑性はどうかと思いますが、マルチタスク癖を脱した者にとっては、確かに、マルチタスクは非効率だったというのは、すごく感じます。

メールチェックは9時~10時、受注処理や検品、梱包は10時~12時、1時間休憩を取って、13時~15時はウェブ編集というふうに、学校の時間割のようにタイムスケジュールを決めてやるのが、最も効率的と言えそうです。

もちろん、ウェブ編集が調子が良く18時までぶっ通しで作業してしまった。」というのはアリだと思います。何をするにも、ひとつのことに集中するのが、脳的には優しいかと思います。この非マルチタスク、1タスク集中型は、ネットショップ開業当初から取り入れると良いと思います。

ショップサーブの管理画面内を開いた場合でも、「受注処理」に「商品管理」、「ウェブ編集」「広告管理」など幾つかのジャンルがあります。

受注処理中というか、他の作業しているときに限って、「あ、思い出した!スマホ用のあのページのあの個所を変更しなければ!」なんてことしょっちゅうですからね。そこは、TO DOリストに書いておいて後からやる方が効率がよくなるって話です。

今回は、ショップ運営者として「働き方」の点で「やってはいけないこと」をひとつあげてみましたが、ネットショップ(ウェブページ)上でやってはいけないことも色々あるので、そちらも合わせてチェックしてみてください。

追伸
偶然にもプロの演奏家と話する機会がありました。音楽の世界ではマルチタスクは演奏力に現れてしまうそうです。同じ音楽家で、いつもスタジオに長く入っている割にうまくない人がいるそうです。練習スタジオの小窓からこっそり中を覗いてみると、スマホをいじっていたそうです。