*

ネットショップ在宅スタッフの需要高まる?

公開日: : 最終更新日:2015/09/08 ショップサーブ, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

ネットショッピング業界は右肩上がりとどまることをを知らずですが、ショップ運営の仕事の外注化が広まっているような感じです。本来、「注文が増えてきて忙しくなるとアルバイトやパートを雇う」というのが事業の一般的な流れですが、実は、ネットショップ運営の仕事の大半は在宅でできてしまいます。

出社が前提だと人材の募集範囲は限られるし、必ずしも理想的な人材が取れるとも限らない。一度雇ってしまうと簡単に解雇はできない。出社の日程を会社の都合の良いようにコロコロ変えることもできない。給料以外に交通費も支給する必要がある。かなりのリスクですね。

・一時的に商品が増えたので登録だけお願いしたい。
・写真の撮影だけを頼みたい。
・バナーの作成だけを頼みたい。
・注文処理を頼みたい。
・商品の出荷を頼みたい。

など、別に誰かに会社まで来てもらわなくてもすべて外注できてしまうのがネットのお仕事のいいところです。

仕事募集のサイトの台頭で、スポット的な仕事は全国に向けて外注するほうが時間的にもコスト的にも節約できます。事業主の多くはそういった方向で考えているのではないでしょうか。

今後はその流れも強くなると考えると、ネットショップ・スタッフという募集は減っていきますね。この職種を希望している人は、できるだけ経験を積みながら、地域に関係なく外注で仕事をこなせるようスキルを身につけるのが良いかも知れません。

ただし、横柄な客がいるように、依頼する側が足元を見てくるケースも多いですね。バナー1つ作って300円とか。報酬については明記されているので、プラットフォームを介さない仕事のように「ギャラがわからない」ということがない点は安心です。

Adsense

関連記事

家計管理も自動化デジタル化の時代がやってきた

ネットショップはデジタルの世界が前提で、運営工程の多くが自動化されています。 注文を受けると同

記事を読む

CRM

顧客管理にはいろいろあるけれどネットショップのCRMは?

ひとことに顧客管理(CRM)と言っても、その意味はさまざまなんですよね。例えば、売上だけ見てあれ

記事を読む

今後10年で

今後10年でなくなる仕事を目の当たりにして実感した3例

オックスフォード大学が702業種を調べて、今後10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポー

記事を読む

no image

「専任の担当者が徹底サポート」に物申す

「ショップサーブのウェブサイトのリニューアルをネタに」シリーズ。今回は、「専任の担当者が徹底ポート」

記事を読む

生き残り

WEB制作業が生き残る方法はあるのか

今から15年前の2000年あたりでしょうか。HP制作業が一番儲かった時期は。その後、「猫も杓子もホー

記事を読む

仕入先

仕入れ先がなかなか見つからない簡単な理由

「◯◯ 卸販売」などと検索しても、希望するような仕入先メーカーがなかなか見つからないです。いくら検索

記事を読む

家電仕入れ

家電仕入れ、家電販売のブレイクスルー?

家電を買のは量販店かカカクコムなどを使ったネットショッピング。そんな家電の買い方が定着しつつあるご時

記事を読む

アンダードッグ効果

アンダードッグ効果にやられる人は多い

別名「負け犬効果」 スポーツの試合などで、劣勢にあるチームをつい応援したくなる、あの心理です。

記事を読む

領収書発行について

銀行振込やクレジットカード決済後の領収書発行について

結論から言うと、銀行振込やカード決済での買い物は領収を発行してもらわなくてもOK。 と思うよ・

記事を読む

plc

ECサイト運営者のお勉強(PLC-プロダクト・ライフ・サイクル)

今よりもっとバカの時代、「これ」を知っていれば、大量の不良在庫に凹むこともなく。ほろ苦い失敗を避けれ

記事を読む

Adsense

Adsense

売れるECサイトの共通点
売れるショップ・ECサイトの共通点

フェイスブックを見ていたら、「売れるショップの共通点」といった話題が流

激増2
ネット販売や開業に関する相談が激増中なのはなぜ!?

最近記事に書くことも増えてきた「問い合わせ急増」の件です。やたら多

値下げしても売れない
値下げしても売れない。

「小学生でもできる販売戦術のひとつが値下げですが、できれば、こんな

no image
店長ブログのテーマやネタに「ネットショップ紹介」はいかが?

ネットショップ運営にブログはつきもの。店長さんはじめ、ブログ担

no image
ニュース記事の編集って楽しそう

最近よくyahooニュースを見ることが多いのですが、「見出しよく考えら

→もっと見る

PAGE TOP ↑