女の子二人組で運営している人気サイト(起業の見本?)

女の子2人だけでの起業?

この記事は約5分で読むことができます。

これは斬新なアイデアです。

例えば、この写真。

ガーリードロップ

http://girlydrop.com/

被写体もおしゃれな雑貨ですが、おしゃれな色彩の加工が施されています。

無料写真素材を提供するガーリードロップです。このサイトは、女の子2人で運営されているそうです。良いカメラを持って日々、いろいろなアイデアを出して写真を撮影、加工して公開しているのでしょう。

上記の雑貨の写真以外の風景や動物に植物、カフェやファッションなどなど、ほんと「キュン」な感じで、かわいく、かっこいいんですよね。 (オッサンが言うとキモイけどな。)

切り口次第だな

「女の子がおしゃれな写真を撮って無料素材として提供」

これって今までなかったんですよね。よく気づいたというか、その切り口を思いつきましたよね。

これまでの無料写真サイトと言えば、「トイレットペーパーから有名人まで」というわけではありませんが、なんでもかんでもの総合的なサイトがほとんどでした。

2011年スタートの「ぱくたそ」も、高画質かつテーマも豊富、モデルも多く起用したやり方で、写真無料素材のジャンルではトップレベルまできています。ありとあらゆるサイトで使われていますよね。

ぱくたそさん、いつもお世話になっております。m(_ _)m

古くからやっている写真サイトは、カメラそものもがコンデジなのか、ガーリードロップ(girlydrop.com)や「ぱくたそ」と比べると完全に見劣りしてしまいます。申し訳ないですが、もはや使おうとすら思いません。

起業スタイルの見本

girlydropさんのサイトはwordpressをうまくカスタマイズして見やすいサイトを作っています。

カメラ撮影に加工、そして、CMSを使いこなすとは・・・

恐るべし女子。

と思ったら、ちゃんと協力者がいましたね。

その名も「マークアップ・エンジニア」のSさん(調べたらわかりますが)。おそらく彼が技術部門を総合的に担当しているのでしょう。

Sさんは、見るとWEBのプロ中のプロです。HTML5、CSSのコーディングはもちろん、WEBデザイン、フォトショップまで使いこなす人という印象です。

Girlydropは、おそらく、それなりの広告収入になっていると推測します。ま、事業というほどではないと思いますが、起業アイデアの実現パターンとしては正攻法ではないかと思いました。

ホンダも、技術者の本田宗一郎と経営を担当した藤沢武夫。この組み合わせで世界的な企業になったわけです(簡単に言えば)。

起業を考える場合、何から何まで1人やろうと思うと限界があるんですよね。もちろん1人でできる人はできます。

その点Girlydropは、適材適所的に、それぞれ得意な分野を持ち寄り、かわいくかっこよい、センス溢れる女性2人のアイデアはウェブ上で実現したわけです。(勝手な分析ですが!)

女性2人の起業多いかも

ふと気づいたんですが、周りで20代の女性2人組で起業しているパターンがいくつかありました。仲良し2人組です。

オッサンとしては、こういうの見ると、ちょっとうれしいし、老婆心から、かかわりたくなるけど、そこは我慢。静観を決め込んでいます。

でも、見ていると、ここにスポンサー、じゃないけど、IT系やマーケティング系の要素をプラスすると、今の何倍も成長できるんだろうなぁ~なんて思っちゃいます。

でも、我慢(-.-)。(←時間ないし。)

周りでもいくつか起業例があるわけですから、女性の仲良し2人組で起業するパターンて日本全国探せば、相当数あるのかもしれませんね。

共同経営ってのは「失敗しやすい典型例」なので、危うさは含んでいるとは思いますが、「喧嘩したことない。」ほど仲良しなら一緒に起業しても楽しいですよね。

男子は失敗する割合が多いけど・・・(経験者)

開業届けなんて出さない!

まわりの女性2人組の起業をみていると、100%共通しているのは「開業届けなんて出してない。」ということです。

素晴らしい本質的順番じゃないでしょうか。

個人事業主で起業するのに、クソ真面目に、教科書通りに「開業届けから」って、正直「ダメよね~」って思います。

税務署からは怒られるかもしれませんが、起業するなら「まずやる。開業届けとか無視。」

順調にビジネスになりそうなら開業届けを出す。

これが一番ですね。