ヤフーショッピング出店日記 ヤフーショッピング出店記録、日記、ノウハウ。

2012年04月24日

オークションストア意外に盲点かも!

ヤフーショッピングを退店してから数年経ちました。退店したお店に「再出店」のお誘いはしないんですね。新規出店のときは熱心にお電話頂きましたが、退店したお店が復活する可能性ゼロではないわけですから、もっと積極的に営業すればいいのに!でも、うちには電話しないでね。と思う今日この頃。

最近は、ヤフオクストアへの出店にちょっと興味が出てきています。というのも、ヤフオクストア出店の同業者を見ていると、これが!意外と売れてるんですよねぇ〜。同じ商品ラインナップで出店すると迷惑がられるとは思いますが、なかなか魅力的な市場です。

ヤフオクの場合、すべての出店者に評価が付いているので、それを見れば、何がどれくらいの頻度で、いくらくらいで売れているかということが、だいたいわかるので非常に参考になります。通常のショッピングの評価やレビューよりオークションの評価のほうが付けられる割合が高いですからね。

商材によっては、独自ドメインショップを開設するよりもオークションストアで販売したほうが良い場合もあります。出店企業と出品数、評価、過去の落札相場など判断材料が非常に多いので、検討してみてはいかがでしょうか。

2010年06月02日

あなたはこの波に乗れるか?

いったん退店しましたが、ヤフーとタオバオの提携で再度ヤフーショッピングへの出店も視野に入れないといけないかなと思います。

タオバオ(淘宝)とは、簡単に言えば中国最大のショッピングサイトですが、今回の相互接続で、日本と中国のユーザーがお互いのサイトで商品を購入できるようになります。

注目すべきは、中国からモノが買える点ではなく、ヤフーショッピングに出店すれば、販路をそのまま中国にまで広げられる点じゃないでしょうか。ハンパない市場ですよ。中国の富裕層の購買力ってご存知?

どのように形容すればよいのか・・・ドカ買い?激買い?極買い?

例えば、ある日本製品を買いにやってきたとします。気に入ったら5点、10点というレベルじゃないんですよね。

在庫全部くれ

こういう買い方する人もいるんですよね。

ウン千万円、ウン億円単位のお買いもの。

まぁ、極端な話ですが、そーいう話が現実にあるわけですから、一発当てたい方は熱い熱い中国市場を目指してみてはいかがでしょうか。ドカン!と一回大きいのがあれば、もう、それだけで左ウチワかもしれませんよ〜(ワカリマセンガ!

追伸
中国語できる人は強いですよ〜引く手あまた!

2009年12月19日

ヤフーショッピング解約しました

ヤフーショッピング出店日記として、ときどき記事を書いてましたが、今年の2月末日で退店しました。今後は、ワダックスとショップサーブの2本立てでやっていきます。あと、カラーミーとか細かいのはいろいろあるけど。

ヤフーへの再出店は、恐らくないと思いますが、来年以降楽天市場への出店はあるかも知れません。景気と商材と人員次第です。って、この条件が良ければ誰でも出店しますけどねww

え?ヤフーショッピング解約の理由ですか?

ズバリ、全然売れなかった!(爆)

そりゃ、安売り合戦の中に高値で算入しても無理っしょ。同じ商品、どこのアホが高い方買いますか。気付かず買ったところで、「他のお店のほうが安いんですけど!」なんて、しょーもないクレームが入るだけです。

2009年02月10日

出店申請しても断られる場合も

料金も安くなり、個人事業主でも気軽に出店できるようになったヤフー!ショッピング。某掲示板を眺めていたら、「個人で出店申請したが却下されてしまった。どうしたらいいのか?」といった感じの相談が掲載されていました。詳しくは読んでいないので、わかりませんが実際にあるんですねぇ〜。

そもそも、出店者を募るのは「ヤフーが継続的に収益を上げていく」という最大の目的があるからですよね。だから、それに見合わない出店者はお断りして当然かも知れません。もちろん、他にも細かい審査基準はあるでしょう。

でも、逆に考えると、出店申請して、それが通ったならyahoo! shoppingのお眼鏡にかなったことになるのかも知れません。つまり、「この店は(本人は気づいてないかもしれないが)継続的な収益をあげられる有望なお店であろう。」と見込まれたことになるのかも知れませんね。

2008年09月18日

一般非公開?成功店のインタビュー

yahoo-shopping.jpgヤフーショッピングに出店するには、まずは資料請求。資料の中にある申込書に記入してFAXする。後はひとつひとつ準備を進めるだけ。

さて、久しぶりにビジネスマネージャーにログインしました。色々見ていると、非公開らしき成功店のインタビューを発見しました。(「売上アップコーナー」→「成功ストアに学べ」)

ブランド洋品店にコーヒーショップ。主婦がマンションの一室から始めて会社設立に至った成功ストーリー。激戦業界で勝ち抜いている家電店。インテリア・家具ショップ。とても貴重な話です。

「ヤフーに出店して成功するための秘訣を知りたい。」と思ってる方に、秘訣のひとつを伝授します。

それは、やる気と実践力。

「そんなアホな。」と思うかも知れませんが本当の話。

もちろん、その他にもいろんな勉強はしないといけないです。

でも、初心者でも、やる気と実践力があれば、ほとんどの壁は乗り越えられます。これは自信を持って断言しておきましょう。

やる気を切らさず、「まだまだじゃ〜〜!ヴォケェ〜!」というマグマのように煮えたぎる情熱をもって、ガツガツ実践していくパワーがあれば、「全然売れませんでした。」とか「失敗でした。」なんてことはまずないでしょう。

ヤフーショッピングはそんな人に向いています。

2008年09月17日

分かり易いマニュアルがあります

※2016年6月
↓今はこんな紙のマニュアルなんてありませんので!

ヤフーショッピングに出店するには、まずは資料請求。資料の中の申込書に記入してFAX。

そして開店準備の強い味方、「紙」によるマニュアルがもらえます。「オンライン・マニュアルしかない」なんて不親切なことはありません。結構分厚いですが、図がふんだんに使われているので非常に分かり易いです。

ヤフーショッピング出店資料1

ヤフーショッピング出店資料2

※写真はリニューアル前のマニュアルなので今は使っていません。

2008年09月10日

矢風開店講座DVDを観た

ほんの1分ほどですがDVDを観ました。これは、なかなか良いですよ。全体の流れがだいたいつかめそうな感じです。

『矢風ショッピングへ ようこそ!』

って、出演しているおねーさんの、こっちが恥ずかしくなるような滑稽なジェスチャーに始まり、お店づくり、集客、売上・・・と。

ソファーとかでだらぁ〜と観ながら、「ほう、なるほど。」と勉強になってしまうような内容です。ま、1分しか見てないんで詳しくはわかりませんが。

DVDの原価なんて100円もしないでしょ。開店前の人にもどんどん配れば良いのになんて思いました。

▼ヤフーショッピングへの出店方法

1. まずは、資料請求

     ↓

2. 資料の中にある申込書に記入

     ↓

3. 申込書のFAXと郵送

     ↓

4. ちょっと待つ。

     ・
     ・
     ・
約1か月ほどで開店OK。

2008年09月09日

ゴミ!?ストア出店入門講座DVD

ヤフーストア出店入門講座
ヤフーショッピングに出店したら(欲しくなくとも)もれなくついてくる入門講座のDVD(豪華2枚組み!)。

捨てられるでもなく、拾われるでもなく埃をかぶって放置されていたので、ちょっと不憫に思い、記念に写真を撮っておきました。

DVDとケースはプラスチックでできてると思うんですがリサイクルマークがありません。どのように処分すればよいのでしょうか。ヤフーさん?

中身はリニューアル前のものなので、観ても仕方ないと思うのですが、暇つぶしに見てみたいと思います。

2008年08月05日

ヤフーショッピングの実情と・・・

yahoo!ショッピング。資料は読みましたか?

いわゆる「成功しているショップ」が何店か紹介されていて、それなりに参考になります。またショッピングモールの仕組みも知っておくのはネットの使い手としては当然のことです。

出店者として一言バラすなら、yahoo!ショッピングには、毎月何百何千という参入者(契約者)がいる一方、何十店、何百店という撤退もあります。(実際は何百までは行ってないと思う。)過酷な競争に生き残れなかったり採算が合わなかったり、その他の解約理由はいろいろでしょう。

解約方法について調べたことはないのですが、もしかしたらわかりにくいかもしれません。ないとは思うのですが、意図的に解約しにくくしているのかも知れません(憶測)。ということを考慮するなら、出店料の引き落とし口座は、yahoo!ショッピング専用の口座を用意しておくと、いざという時楽かもしれません。(決しておすすめはしませんが)

2008年07月01日

いたずら注文警告機能

Y!もいたずら注文警告機能が備わりそうですが、不具合が見つかったとのことでリリースは延期。

掲示板等への書き込みでお縄になる人がいますけど、例え匿名で書いても個人は特定されます。「どこの誰が何時何分に書き込んだか。」という情報はすべて記録されています。

ただ、これがある種の高度な知識とテクニックをもった人種だと、うまくかいくぐるのですが、そうでない人は匿名をいいことにイケナイことを書いてしまうと、あっと言う間に塀の中へ。

2008年03月06日

改行コード削除ツール

HTMLをエクセルに貼りつける場合、改行されていると複数のセルに入力されてしまいます。HTMLソースの改行コードをすべて削除したなら、ひとつのセルにHTMLを挿入することができます。

http://sunafukey.fc2web.com/deletecrlf.html


このサイトを利用させていただくか、JavaScriptとHTMLファイルのセットをデスクトップなどに拝借して利用すると良いでしょう。ちなみに、ホームページビルダー等に改行削除の方法があるなら上記ツールは不要です。

2008年02月27日

ストアマネージャー 初心者

本日yahoo! Japanよりご来店。

正確には「yahoo!ショッピング ストアマネージャー 初心者」。

ストアマネージャーとは、ショップサイトの商品管理や在庫管理、画像管理などウェブ上(ブラウザ上)からを行う、いわゆるCMSの一種です。国内でもトップクラスの高機能で、高速な動作、そして非常に使いやすいシステムとなっています。

ただ、「慣れる」までにちょっと時間がかかるんです。

つまり、こつこつ時間をかけていじっていれば、わかってくるということです。何もこつこつと1年やれという話ではないのです。せいぜい1ヶ月、まったくの初心者でも2ヶ月もやってれば、お釣りがくるぐらいでしょう。

何でもそうですが、最初は慣れないもの。慣れていないから、それを「難しい」と錯覚してしまうのです。大きな間違いですね。「難しい」と「慣れてない」はまったく意味が違います。

引越しに例えるとわかりやすいかもしれません。最初はどこになにがあるかもわからない。でも、生活しているうちに、色々なことに気づいたり、最終的には目をつぶっていても最寄り駅までたどり着ける。要するにそういうことです。

yahoo! shoppingストアマネージャーを使いこなす秘訣は、コツコツいじる

この一言に尽きます。

前のシステムは、あっち(USA)のシステムだったのか英語などがあって、それこそ難解なところがあったのですが、新システムは難しいところゼロ。サポートもいらないぐらいです。

2008年02月10日

ヤフーショッピングに出店したら

個人でも安く出店できるヤフーショッピング。

2008年3月、4月、5月、6月の出店料が無料となるキャンペーン。言い換えると、申し込むだけで8万円(正確には83,160円)ももらえるわけです。もらえた上、ショッピングモール店舗のショップ運営やシステムが、無料で勉強できるわけです。

めったにない超貴重なチャンスですねぇ〜。

いきなりうまくいくかも知れませんし、うなく行かないかも知れない。

手に負えないと判断したなら、6ヶ月で解約すれば済む話。
その場合、金銭的な損失はお小遣い程度。でも、大きな経験と実績を手にします。

「初心者こそyahoo! shoppingから始めよ。」と「今」は言いたいのですが、もし、これが10年前で、自分がこれから通販を始めようって場合には、まず無視でしょうね。

料金見て無視。ショッピングモールと聞いて無視。まぁ当然でしょうね。大多数の人が同じように考えるでしょう。でも、「人と違った考え方や行動ができる人(1%とか聞きますよね。)」こそ、こういうときに、あえて申し込むんでしょうね。

で、そういう人たちがどんどん伸びて行く・・・

※追伸

出店体験談(2006年出店)としては、「もっと早く出店しておけばよかった・・・」の一言に尽きますね。後悔先に立たずとは、まさにこのこと。出店してみてわかることの多いこと多いこと。人と同じ考え、同じことをやってたらダメってことも、いまさらながら痛感します。

2008年02月08日

オリジナルページの作り方

数ヶ月ぶりにヤフーのストアマネージャーを使わせて頂きました。前のシステムとは比べ物にならないぐらい使い勝手が良くなっています。特に、カテゴリ毎に商品登録や画像がアップロードできるのは有難いですね。

さて、使いやすくなったストアマネージャーですが、「かんたんモードは味気がないので、できればオリジナルページを作りたい。」そんな人も多いのじゃないでしょか。

HTMLを自由に使えるのは「通常モード」になります。「通常モード」を使うには、ストアマネージャー右上の「ストア情報設定」→左下の「エディター設定」で選択します。

オリジナルページの作成方法は簡単。

まずは、ホームページビルダーを用意しましょう。(もちろん他のソフトでも可)

ストアマネージャーを使わずに、まずはホームページビルダーで準備をしていきます。

例えば、トップページのフリースペースなどの部分を作る場合。

画像などの素材を用意しながら、ソフトを起動して普通に作って行きます。ポイントは画像の保存方法にあります。作ったファイルは「top.html」などとして保存しますが、画像の保存先フォルダを以下のようにします。

top.html

lib/shopname/ここに保存

「lib」フォルダより前は、ヤフーショッピングの画像保存先のURLとなりますので、すべての画像にURLを挿入してOK。後は<BODY>内のHTMLファイルをコピペします。

保存した画像は全部選択して、zipファイルの圧縮ファイルにしてストアマネージャー内で一括アップロード。ページ管理でチェックしてみると、ホームページビルダーで作ったページをそのままヤフーショッピングのページで実現できていることに気づくと思います。

要するにホームページビルダーを普通に使えるならヤフーショッピングのオリジナルページは簡単に作れるって話ですね。

〜いつかへ続く〜

yahoo! shopping


2007年12月13日

ロイヤリティーの計算方法

いったいどの金額にロイヤリティーがかかってくるのか良くわからない人もいると思います。ロイヤリティーは、基本的に「税抜き価格」に対してかかってきます。

例えば、ある月の売上が105,000円なら、税抜きの100万円がロイヤリティーの対象となります。

ただし、注意したいのは、送料や手数料です。

商品価格:10,500円で送料1000円なら、10500円がロイヤリティーの対象になりますが、商品価格:10,500円(送料無料)とした場合も、10500円が対象となります。たとえ送料が実費で1000円かかっていたとしても、です。

つまり、ロイヤリティーを安く上げたいなら送料や手数料は別で取る、と言うことになります。でも、送料無料は、はずせない。そんなジレンマが出てくるかも知れません。

2007年12月01日

ネット通販の陰〜疑わしい注文集

「住所名前を偽りイタズラで注文を出す。」、「代引きの受け取り拒否」、「クレジットカードの不正利用」など、実は、日常的に起きています。ネット通販の「陰」の部分とでも言いましょうか。陽のあたる場所があれば陰もある。何かにつけて陽ばかりが取りざたされていますが、当然のごとく陰があることもお忘れなく。

以前、あるネットショップにおいて3000円程度の商品を代金引換で送ったところ、受け取り拒否で返送されてきました。メールで確認をとったところ、ご本人から電話があり「身に覚えがない」と。詳しく話を聞くと、「今回の物以外に別のお店(多数)から代引き商品が押し寄せてきていて困っている、事件として警察が捜査中」とのことでした。(以前にもどこかで書いた話ですが。)

ネットの匿名性については賛否両論はありますが、商取引においては個人認証のようなものを義務付けするなり何なりしたほうが良いでしょう。「アホな消費者を保護せんと、アホから店を保護してくれ。」という声が出てくるのも当然です。

話はそれてしまいましたが、何万店も出店しているヤフーショッピングでは、数多くのショップから「怪しい・ヤバイ注文」の報告が集まってきます。そしてそれが管理画面の中の「疑わしい注文集」というコーナーで公開されています。特に多発している悪質なものについてはトップに目立つよう表示されているので、もし、同じ内容の情報での注文が来ても安心して処理できます。

「独立型のショップ*で開業して、横のつながりもあまりない」、そんな状態でイタズラやトラブルに見舞われたら結構悲しいものがあります。「自分ひとりで何とでもできる」という自信があるなら結構ですが、安全志向でやって行きたい場合は、月間2万円程度の出店費用は保険料込みと考えれば安いもの。そう思うのですがいかがでしょうか。

*独立型のショップ・・・ショッピングモールに属さないで単独でショップを立ち上げて運営する形式のこと。

2007年10月11日

yahoo!shopping CSS使用不可

相変わらず重い状態が頻発するヤフーショッピングのストアーマネージャー、新エディターではCSSが使えるはずだと思ったのですが、どうやら今回もダメなようです。

いずれにせよ、ヤフーと付き合うにはとにかく寛大な心が必要です。あわてない、あわてない。一休み一休み・・・

2007年10月10日

新エディターリリース

ヤフーショッピング・リニューアルヤフーショッピングの新エディターがリリースされました。ただ、プレビューが10月22日から、在庫管理は10月29日から利用可能など、リリースされたものの、事実上使えない状況です。まともに使えるのは11月に入ってからでしょう。

でも、旧エディターとはガラリと変わって、今風と言いましょうか。初心者でも直感的に使える工夫がいたるところに見受けられます。Eストアーと比べてもはるかに使いやすいでしょう。何よりも、動作が快適です。Eストアーを時速60kmとするなら、ヤフーは120kmくらいの感覚です。


2007年08月29日

未承諾広告もダメ

今後、許可をもらってないメール送信はもちろん、未承諾広告の送信も違法で処罰や懲役刑の対象となる方向です。昨日か今日の新聞に出てました。

ゴミ箱に直送されているビッダーズからの未承諾広告スパムで思い出しました。Eストアーに出店しているメール宛に送られてきていたので、配信解除しておきました。

ビッダーズの女社長はよくメディアに出てますが、末端でこういうことをやってるので非常に印象悪いですね。顔写真が載ってるだけで拒否反応が出てしまいます(笑)

2007年08月18日

料金体系大幅変更

新聞に載ってましたが、ヤフーショッピングが料金体系や商品数など大幅に変更します。レイアウトやデザインなんかも大幅に変更になるのは、だいぶ前に決まってたので知っている人も多いでしょう。

多くのショップで実質値下げになるものの、大手の場合は逆に値上がりになるとかなんとか、書いていましたね。(なんとも不正確な情報で恐縮ですが)

これを機に、楽天を追撃するとか。

ぜひ追撃、撃沈に成功して欲しいものです。
(正直に言います。アンチ楽天派です。かと言ってまったくのヤフー派でもない。)

楽天を解約して、大幅な損をすることなくスムーズにヤフーショッピングに移行できますよ、というようなコンサルティング的サービスがあれば当たるかも知れませんね。

さらに、ヤフーショッピング店運営代行も需要もかなりあります。

いずれにせよ、ヤフーショッピングに(楽天でも同様ですが)ショップを出す場合、成功する店(商材)、および、まーまーうまく行く店(商材)、ダメな店(商材)、ショッピング内で検索すればある程度わかるので、出店検討者は事前によく確かめておいてください。

無料出店資料はこちら

2007年07月19日

評価システムとアホ客

客が店を評価します。

「大変不満」などと平気で評価するわけです。

おまえ(客)が悪いんじゃ。

明らかにアホな客でも、こちらからは逆立ちしても評価できない。

これは不公平です。

愚痴を言っているのではなくて、オークションのように売買双方の評価システムが必要だと思うのです。そうすることで通販利用者のマナー向上につながると思うのです。

短絡的でしょうか?

いくら買ってくれても、クレームの多い客はいらないでしょう。以前、おそらくオバハンだと思うんですが、1000円程度の買い物でケチつけてきて、結局返品ですわ。横にいたら蹴り飛ばしてやりたいですね。返品が嫌とかではなく、糞みたいな人間に貴重な時間を奪われたことに対する怒りですね。

双方の評価システムがあれば、「悪い評価が○個以上あるお客様はお断りいたします。」ともできるし、新規客もお断りすることも可能。

新規客は、評価システムのない本店サイトでどうぞ、ともできます。

客も評価されるわけですから、「注文したのに振り込まない」や「代引きの受け取り拒否」など、ええ加減なことできないわけです。

今のように客から一方的に評価される状況だと、ついつい「お客様は神様」的に、アホな客まで甘やかしてしまうことにもつながります。

とにかく、常識のないアホな客は通販業界から徹底駆除、あるいは、学習能力のある客は教育してまともな客にするべきでしょう。

2007年06月01日

ストアマネージャー

ヤフーショッピングでは、注文情報や顧客管理をするシステムをストアマネージャーと言います。

CMSの一種です。
CMSとは、何度も説明していますが、簡単に言えば「全部ウェブ上ででやるシステム」のことです。

例えば、表計算といえば「パソコンソフトのエクセル」ですが、今後はブラウザを開いて表計算を使う。メールソフトといえば「アウトルックエクスプレス」ですが、ウェブメールが主流になる。

といった感じです。

CMSは、今存在する「パソコンソフト」にとって変わろうとしているものです。

ネットショップの管理などは、CMSが急速に普及していますから、パソコンソフトを使うのはやや時代遅れの感があります。

ヤフーは大手モールですが、実は、小規模な個人事業主がたくさん出店しています。例えば、パン屋さんなんかの出店状況を見ればわかりますが、夫婦でやってるような小さいところも少なくありません。

「ショッピングモール出店なんて・・・」と思うかも知れませんが、資料は今のうちに入手しておいてください。
ヤフーショッピング出店無料資料

資料だけでも、ネット通販の仕組みが勉強できると思います。

ちなみに、このようなモールでは電話サポートが無料で受けられます。

どこかの会社のように「全然つながらない。」ということもなく、待ち時間も少なく相談に乗ってくれます。


メモ

今日の問い合わせ:注文金額の変更

注文詳細→「新規注文」を「処理中」に変更することで金額変更ができる。

2007年05月09日

Yahoo! Shoppingリニューアル

ヤフーショッピングが秋にリニューアルするそうです。

「ブログ感覚で簡単に。」とあるので、管理系がぐっと使いやすくなるのでしょう。
さらに、制限まみれだったレイアウトやデザイン関係もテンプレートが用意されるとのこと。
あとは、自社の在庫データとの連動や検索系もだいぶ使いやすくなるようです。

現状の管理画面等は、お世辞にも「簡単」とは言えないのですが、これをきっかけに一気にユーザーを取り込んで、楽天を追い越すつもりです。(想像)

ふと考えて見ると、国内ダントツNO.1閲覧数の「Yahoo! JAPAN」を持っていながら、ショッピングは楽天に大きく水をあけられてるというのは、Yahoo!の怠慢とも言えるかもしれませんね。

とりあえず、大いに期待しておきましょう。

資料は早めに取り寄せておこう。
(個人事業主も出店可)

2007年03月07日

yahoo!徐々に効いてくる!?

昨年9月に申し込んで、12月になんとかオープン。
まだ2ヶ月ちょっとですけど、いろいろ見えてきました。

出店前にある程度調べてるつもりだったのですが、時間が経つにつれてわかってくることもいくつか出てきました。

その一つが、PPCなどと異なって、「じわりと効いてくる感じ」です。
PPCが100m走なら、yahoo!shoppingはマラソンですね。

出店当初は激閑古鳥、「こりゃ大丈夫かいな。」と思ったんですが、徐々にきています。
今後、半年、1年と経てば、またいろいろわかってくると思います。

個人事業者も積極的に挑戦してみるべきですね。
(楽天より全然安いし、良心的ですから。by アンチ楽天)

ただ、

ヤフーにお願いしたいのは、少なくとも、売り上げが出店料を下回る月は、出店料を全額免除する、中途半端に半額とか言わないこと。お試しプランも金額が中途半端すぎる。それで売り上げが100万超えた月があれば2ヶ月分徴収する。

といったサービスでもやってもらわないとね。

個人事業者にしろ、法人の出店にしろ、とにかく最初の頃は出店料が痛い。
もしかしたら、最後まで痛いかも知れない・・・

この障壁さえ取ったら、もっと優良なショップ出店してくるのじゃないでしょうか。

個人事業者で規模が小さくても、良質な商品を販売しているところもありますからね。

それくらいの、思い切ったやり方ができる企業だと思うのですが、皆さんはどうお考えでしょうか。

2006年12月14日

ようやく開店!

昨日13日ですが、よぉ〜〜〜うやく開店できました。

と言っても、本日現在、商品数はたったの61点。

「とにかく開店しないことには始まらない。」と、ヤフーさんの「親切な」お尻たたきもあって未完成ながらオープンにこぎつけました。

「年末につき、開店手続きに時間がかかってきているのでお早めに。」という、今回のヤフーさんの尻たたきには感激です。

開店申請を出したあと「ここと、そこと、あそこが、不備です。このように直してください。」という親切なメールがなければ永遠に開店できなかったかも、、と言う感じです。

ストアマネージャー(ショップ構築、管理システム)にも慣れてきたので、今月中に500点までなんとか掲載、MAX5000アイテムまで登録できるので、2007年は3000アイテムくらいを目標にやっていこうかな、と思ってます。

後は野と慣れ山となれ!

2006年11月10日

送料設定で手間取る・・・

「忙しい」という言い訳と、送料設定が面倒という理由でなかなかすすんでおりません。

送料設定は、「システムの設定が面倒」じゃなくて、「重量+地域別」で設定しないといけない商品(数が増えると送料も増える)なんかをやるから・・・面倒なことになってます。

まったく自己責任ですが。

そして、こんな日記を書いている間も、出店料がかかっているのは、なんとも心苦しい!

悪魔:「いっそのこと6ヶ月放置して契約解除してしまえ!」

天使:「売り上げアップするのは間違いないから出しといたほうがいい。」

ん〜・・・

ヤフーショッピング専任スタッフ 緊急募集なのだ。

2006年10月13日

お電話いただきました。

『出店後のお世話をさせていただくヤフーの○○です。今後3ヶ月間に渡って・・・』

というような感じのお電話を頂きました。

「はい」を10回ぐらい言って終わったのですが、何をおっしゃってたかは、記憶しておりません。
たいした用事ではなかったと思います。

人の話はちゃんと聞きなさい・・・


2006年10月11日

スタートアップキット到着

ショップの構築マニュアル、そしてDVD。

21000円也。

別にいらんがな。こんなもん。

本音を言うとこんな感じ。

で、ただいま、初めての本格的なショッピングモールにてネットショップを構築中です。

正直、自作の方が1000倍作るのが楽ですね。

もちろん、自作に慣れてる、ってのが理由ですけど。

逆にショッピングモールから入った人は、自作はとんでもない、って思うでしょうね。

と言うわけで、欲しくもないのに買わされたDVDやマニュアル。

ヤフオクで売ったら怒られるかな(笑)

物好きが買いそうな気もしますけどね。

2006年10月07日

ネットショップ構築OK

yahoo.jpg

昨日、IDやらが来たために、管理画面に入ることができました。

いわゆる、CMS(Contens Management System)です。
CMSとは、HTMLやCGI、SSI、PHPなど専門的ことを知らなくても、簡単にサイト構築ができるシステムのことです。

yahoo!ショッピングの管理もこのCMSです。

第一印象ですが、非常に使いやすいです。
直感的に使えます。
初心者でもそんなに困らないでしょう。

Eストアを始め、一般のネットショップ構築CMSを備えるサーバーのものよりも、もう2段階ハイレベルのシステム、と言った感じです。
ハイレベルは「難しい」という意味ではなくて、「とても使いやすいように」高度な技術で作られている、という意味です。

例えば、ショップデザインを編集していて、その編集後の画面を見たいとき、ブログのように「再構築」というボタンを押して待つ必要がなく、即座に反映が見られます。

ショップそのものに反映する場合は「反映」という、「再構築」するボタンを押す必要があります。

動作も軽快で、ちょっと安心しました。

2006年10月06日

ご利用マニュアル到着

ヤフージャパン ビジネスマネージャー
ご利用マニュアル到着

認証コード他

P1000074.JPG

2006年10月04日

Yahoo! JAPANビジネスID

ヤフービジネスIDとやらが送られてきました。

といっても、半角英数字の文字列。
後日、認証コードが郵送されてきて、このビジネスIDと認証コードで、認証処理を行う、とのことです。

10日にスタートアップキットが送られてくるので10日からショップの構築ができるのだろう・・・という感じです。

2006年10月03日

なんかややこし・・・

┃1. ストアアカウント・ストア名のご確認
┃2. Yahoo!JAPANビジネスIDの有効化手続きについて
┃3. スタートアップキット発送日のご案内
┃4. ご出店までの流れについて


以上のメール。

2006年10月02日

出店確定通知メール着

『貴社のご出店が確定いたしました。』のメール。
(契約開始日 2006/10/2)
この後、1週間後くらいから実際のスタートとなる見込み。

ちょっとヤフーショッピングについて:

ボーだフォン → ソフトバンク モバイルとなるのはご存知の通り。

なんと、ソフトバンクモバイルの携帯、各機種には、「yahoo!JAPAN」に簡単に接続できるボタン、のようなものがつく。

そして、「もっともインターネットがやりやすい携帯を目指している。」

など、まだまだ携帯ショッピングが熱いのは一部の業界だけですけど、今後はどうなるんでしょうね。

2006年09月13日

申し込み書類郵送

p1000072.jpgファイナンス会社から電話。

申込書に不備が!

通常、振込みの場合は「カ)ホゲホゲドウ」で良いのですが、「引き落とし」関係の申し込みの場合は「カ)甫毛甫毛堂 代表取締役 甫毛光男」までいるそうな。
ややこしいなぁ。

付け加えて郵送。

以上。

2006年09月11日

telephone

telephone.jpg
本日、ヤフー様の別の担当者からお電話。
申し込み内容についての確認です。
ショップ名やIDなど、「間違いないですか?」的な確認ですね。

他は、料金引き落とし関係の書類が該当企業で審査されるので、「不備があれば連絡行く。」とのこと。
「2日待って特に連絡がなければOKなので、書類を郵送してくれ。」と。

以上。

2006年09月06日

yahoo! shoppingストア出店申し込み

P1000064.jpg
やっと準備が整ったんで本日出店申し込みをしました。
まずは、記入した2枚の用紙をFAX送信。
後日連絡が来て正式に契約書を郵送します。
(個人事業主での申し込みの場合は、他にも書類がいるものと思われます。)

今回、ひじょ〜に悩んだのはショップ名。
ショップ名で売り上げが大きく左右されますから、じっくり練りたいところ。
でも、半年間はショップ名は変えられませんが、半年を過ぎると変えられる。
というわけで、ある程度のところで妥協して決定。

その他、出店用のyahoo!IDを1つ取得する必要あり。
また、ショップのIDも

ショップのIDは、半角英数字ですが、
http://store.yahoo.co.jp/○○○
下線の部分を決めます。

これは、ヤフーのショッピングモール内で使われていない単語なら何でも可(最低3文字)。
例えば、「その単語でドメインの取得は不可能」的な単語も空きがあります。
調べてみたところ、orange、apple、tree、record、watch、clothes、telephone・・・

コースは月額39800円のシルバープラン・スタンダード。
商品数5000点、ロイヤルティーは2.8%〜1.8%まで。
月商45万を超える場合は、おためしプランよりもスタンダードがお得です。

ショッピングモールってことで外部リンクは禁止でサイトの構築にはかなり制限も。
ある程度の戦略は考えてますけど、同業者もだいぶ出店しているし、どうなることやら。

契約は半年なんで、あまりに期待を裏切るようであれば解約。
ええ感じならどんどん拡大路線、って感じです。

というわけで、ショッピングモール“いまさら”出店日記、いつまで続くやら。