*

クレーマー対処法マニュアルを知るには自らクレーマーになること

公開日: : 最終更新日:2017/02/10 ネットショップ運営

怒ってるんだぞ
いざクレームが発生すると、どうして良いかわからないものです。そこで、まじめに、お客様の苦情に対処するテクニックを知るには、自らクレーマーになってコールセンターに電話をすることです。

勉強代は必要ですが、市販されている商品やサービスを、「難癖を付ける(アラ探しをする)目的で」利用します。

意外にクレームをつけるような商品やサービスがないのは、さすがのジャパン・クオリティーです。そこは、いつヒットするかワクワクしながら楽しみたいですね。

「カフェでフードを頼む。20分待っても出てこない・・・」店員のところまで行って、静かに不満をぶちまけます。その時の対応をチェックします。たいていの個人店の場合はマニュアルがないので対応はまちまちですが、大手レストランともなると、ある程度スタッフ教育がされているので、マニュアルどおりの対応が返ってきます。

メモタイムφ(..)です。

ネット販売の場合は、基本メールですから楽にクレームがつけられます。

日用品から趣味のアイテムまで、興味のあるモノを注文してみます。

「梱包状態に問題があるのではないか?」「納品書も入っていない。」「届いた商品がタバコ臭かった。貴店の契約運送会社は問題あるのではないか?」「修理手順の説明書が読みづらい。」などなど。リアルに体験して初めて学ぶ所があります。

クレームの種類は多いですが、激怒したクレーマーの要求がお金のこともありますが、電話で怒りをぶちまけてスッキリしたいという衝動もあります。本人には自覚はありませんが、「申し訳ありません。」「おっしゃるとおりでございます。」「そうなんですね。」とひたすら同感です。10分で済むこともあれば、30分かかることもあります。

そういった人の常套文句は「ま、(下っ端の)あなたに言ったところで仕方ないけどね。(はぁすっきり。とりあえず言いたかっただけよ。ごめんね。)」きついリアル・クレーマーとは違ってエア的なクレーマーなので、ギャーギャー喚(わめ)かれるのを右から左に聞き流せるようになれば一人前です。

ま、よほどクレーム対処のプロを目指しているのでなければ、そこまでやらなくてもいいと思います。はい。


Adsense

関連記事

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

資格や検定合格

ネットビジネスに資格や検定合格は必要なし

「TOEIC800点以上なら月給1万円アップ。」というのであれば燃えますよね。ゴールがあるし役にも立

記事を読む

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

no image

領収書を販売すること自体は普通に合法!?

この季節になると、ネットショップ運営者定番の会計ソフトfreeeの画面とにらめっこしながら、涙を流し

記事を読む

no image

オリジナル商品の価格の決め方5つのポイント

メーカーが希望小売価格を決めている場合は、それを元に販売価格を決められますが、オリジナル商品となると

記事を読む

ネーミングの研究

ネーミングの研究

楽して儲けたいと思えば、ネーミング。いまひとつの商品でもネーミング次第でバカ売れ。とまでも行かないま

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

知識は役立つ

ネットショップ運営で得た知識は役立つ

片手間、趣味感覚で始められるウェブショップ。たかがオンラインショップですが、されどNETSHOP。E

記事を読む

楽しくない

リアルのショッピングに比べてネットショッピングが楽しくない5つ理由

ショップサーブを借りてネットショップを開店する。個人的には、もはや常套手段となったネット開店手法。ネ

記事を読む

ブラックリスト

カラーミー ブラックリスト登録方法

注文を受けて商品を出すと必ずトラブルになる。」 そんな客はブラックリストに登録して注文

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑