*

問屋やメーカーがネット注文システムを作るには

公開日: : 最終更新日:2017/04/06 日記

注文システム
問屋やメーカーが小売店向けの注文システムを作る方法は2つあります。

(1)ウェブカタログ
(2)ショッピングサイトを転用

ウェブカタログ

ウェブカタログと言っても、ホームページに商品を並べるだけのことです。それを見てもらってFAXや電話で注文してもらう。これが一番楽かもしれませんね。

注文件数が、100件も200件もあると小売店には面倒を強いることになりますが、10件20件平均くらいなら手書きでも文句をいう小売店はいないと思います。

なお、卸価格を入れる場合は、ウェブサイトは非公開や会員制にする必要があります。それをするためには、ちょっと技術が必要なので、ホームページには希望小売価格を入れておけば、その必要はなくなります。

ショッピングサイトを利用

小売店としてはありがたい注文システムです。ぜひ、こちらを導入して欲しいものです。

例えば、ネットの小売によく使われるショップサーブというサービスがあります。

通常は、ネットショップとして公開されて一般消費者が利用するために使われることが多いのですが、簡単に会員制の設定ができるので会員制サイトがすぐにできます。

ショッピングカートを使うので、卸価格で入力していても100%ミスのない計算をしてくれます。送料は、「下代3万円以上だと無料」とか「地域別送料」「重量別送料」など、色々な設定ができるので問屋の注文システムとしても十分すぎるくらいです。

また、例えば、「この企業は取引が長いので特別な掛け率にしている。」といった場合にも対応しています。

会員ランクを使います。上得意に設定して掛け率をホゲ%にすれば、その得意様からの注文は自動的にホゲ率に割引されて計算されます。

ただ、注文毎の納品書や請求書はクリックひとつで印刷できますが、締め日で納品書や請求書を発効するというシステムがない点です。

問屋と小売店との取引をBtoB(Business to Business)取引と言いますが、それに特化した注文システムもあります。

https://bcart.jp/




Adsense

関連記事

遊ぶ

インターネットはワクワクしながら遊ぶところ

ネットするのが楽しみで、毎回ワクワクしていた経験のある人にしかわからないと思いますが、最近は、そうい

記事を読む

失敗

またもリアル店舗のネット情報で失敗

スマホで検索して、☆の数や好意的なレビューを見て、「少なくとも失敗はない」と思って入ってみたけど、ひ

記事を読む

no image

銀行に関して不思議なことが2つ

毎月25日に見る銀行ATMコーナーでの行列。 1つ目の不思議です。 もちろん、どういった

記事を読む

隣の女性が

隣の席の女性が・・・こんなこともあるのか。

喫茶店で休憩でもしながらyoutubeでも、と思って席についたら、隣の席に座っている女性が開いている

記事を読む

週刊ダイヤモンド

2015総予測!バブルがやってくる!

予定時間より1時間早く駅についたので書店で時間をつぶすことに。 ぱっと目に入ったのが週刊ダイヤモン

記事を読む

api

ショップサーブ:APIが使用可能に!

ショップサーブのAPIを利用できるようにします 10月30日予定 ショップサーブの各種データを

記事を読む

検索センテンス

質問形式の検索センテンスが増えてきている?

最近増えてきている感じのある、質問形式や文章形式の検索が増えてきているような気がします。 例え

記事を読む

ヤフオク

ヤフオクを2倍楽しむ

ヤフオクでモノを買うのが楽しい今日このごろ。 ショッピングの楽しみもあるんですが、出品者の写真

記事を読む

no image

QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか迷います。ランディングページは

記事を読む

受注率アップ

クラウドソーシングで受注しやすくなる6つのポイント

クラウドソーシング・サイトがあることに気づかず、放置していた仕事をどんどんアウトソーシングにしていま

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑