*

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開業したい人も、近いうちに始めたい人も、「(副業でも)真剣に」ネットビジネス業界に入ろうと思っている人は必読と言っても良いと思います。

テキストはこれ。

どこかのショップ運営者の経験談を読むのもためになりますが、こちらのテキストは、体系的(総合的に全体的なところから細かい部分へと)に勉強することができます。成功店長も当たり前のように身に着けている知識やスキルなど、「今さらそんなことは書かない。」といった基礎的なところから網羅されているがポイントです。できるだけ最新版を入手して、意欲の有る人は過去のテキストも入手されておくと良いでしょう。

内容的には、「インターネットメディアの動向」といった全体的なことから、日本の市場や海外の市場状況、制作や広告、ビジネスマナーやメールの書き方、会計にいたるまで広く浅くカバーされています。

市販の書籍は、セミナーやコンサルへの誘導のためのフロントエンド的(悪くに言えばエサ)な意味合いの本があったり、どうしても偏ってしまうんですよね。でも、このテキストは、目次を見てもらえば一目瞭然ですが、お堅い。でも、そこが、真剣にやろうと思っている人にはピッタリです。

もちろん、テキストの情報と実際の現場ではズレが必ず発生するので、テキストを勉強するだけではなく、手を動かしてお店を作るシミュレーションをするなど、実践も合わせて行って欲しいと思います。

ある程度自信が付けば、息抜きや腕試しにネットショップ能力認定機構から検定の申し込みをして受けてみてはいかがでしょうか。やや、申し込みが複雑になっていますが、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこでも受験(7000円弱)できます。

100点満点中70点以上で合格です。ただし、1~3のカテゴリそれぞれ50%以上の正答率が必要です。発表のドキドキ感も楽しめそうですよ。

Adsense

関連記事

楽天ID決済

楽天ID決済導入!楽天ユーザーが取り込めるチャンス!

Eストアー(ショップサーブ)からのニュースレターで大事なトピックを見逃してました。 なんと!い

記事を読む

spike

ネット販売業界激震!?カード手数料0円のサービス

現在使っているショップサーブのクレジットカードの手数料は業界でも最安値クラス。VISAやMASTER

記事を読む

カラーミー

ハンドメイド品のカラーミショップユーザー店舗利用

「これは欲しい!」というものがあって検索したところ、カラーミーショップに出店している店舗さんがヒット

記事を読む

ライン電話

LINE電話の品質が良かった

最近よくLINE電話を使います。無料ですし、通話品質もだいぶ良くなってるので、友達との会話くらいなら

記事を読む

リマーケティング

リマーケティングの仕組み

ネットビジネスをやってると横文字だらけ。英語のシャワーを浴びる状態です。ほとんど外国語をおぼえるよう

記事を読む

パソコン操作スキルどこまで必要か?

ネットショップをやるうえでパソコンはどの程度使えたらいいのか? お店運営では、パソコン上でいろ

記事を読む

受注率アップ

クラウドソーシングで受注しやすくなる6つのポイント

クラウドソーシング・サイトがあることに気づかず、放置していた仕事をどんどんアウトソーシングにしていま

記事を読む

自社内で

自社内でネットショップを立ち上げた場合の運用コストについて

自社内で通販事業部を立ち上げる場合の運用コストについて。 すでに製品があるものとして考えた

記事を読む

CPI

レンタルサーバーの時代はもう終わった

レンタルサーバーを借りてネットショップを作ったりホームページを作ったりしたい人が、2004年に100

記事を読む

商材見っけ

トップセラーで商材見っけ!

仕入れ0.01掛けから7掛けまでの商売をしていると、それ以下の掛け率の仕入れって眼中に入りません。正

記事を読む

Adsense

Adsense

初めてのメルカリ
初めてのメルカリショッピングで

ネットショップ運営者とは言え、C業界人ですからね。EC業界のことは広く

ハッシュタグとは
ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって

メルカリ3
メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。

商材見っけ
トップセラーで商材見っけ!

仕入れ0.01掛けから7掛けまでの商売をしていると、それ以下の掛け率の

no image
スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑