*

真剣にネットショップ開業を目指す方のためのテキスト

ネットショップ能力認定機構という団体があって、そこが出版している公式テキストがオススメです。今すぐ開業したい人も、近いうちに始めたい人も、「(副業でも)真剣に」ネットビジネス業界に入ろうと思っている人は必読と言っても良いと思います。

テキストはこれ。

どこかのショップ運営者の経験談を読むのもためになりますが、こちらのテキストは、体系的(総合的に全体的なところから細かい部分へと)に勉強することができます。成功店長も当たり前のように身に着けている知識やスキルなど、「今さらそんなことは書かない。」といった基礎的なところから網羅されているがポイントです。できるだけ最新版を入手して、意欲の有る人は過去のテキストも入手されておくと良いでしょう。

内容的には、「インターネットメディアの動向」といった全体的なことから、日本の市場や海外の市場状況、制作や広告、ビジネスマナーやメールの書き方、会計にいたるまで広く浅くカバーされています。

市販の書籍は、セミナーやコンサルへの誘導のためのフロントエンド的(悪くに言えばエサ)な意味合いの本があったり、どうしても偏ってしまうんですよね。でも、このテキストは、目次を見てもらえば一目瞭然ですが、お堅い。でも、そこが、真剣にやろうと思っている人にはピッタリです。

もちろん、テキストの情報と実際の現場ではズレが必ず発生するので、テキストを勉強するだけではなく、手を動かしてお店を作るシミュレーションをするなど、実践も合わせて行って欲しいと思います。

ある程度自信が付けば、息抜きや腕試しにネットショップ能力認定機構から検定の申し込みをして受けてみてはいかがでしょうか。やや、申し込みが複雑になっていますが、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国どこでも受験(7000円弱)できます。

100点満点中70点以上で合格です。ただし、1~3のカテゴリそれぞれ50%以上の正答率が必要です。発表のドキドキ感も楽しめそうですよ。

Adsense

関連記事

カラーミーで開店

改善を重ねる大手のウェブページのデザインが参考になる

カラーミーショップをたまに覗くと、ウェブサイトのデザインがガラリと変わっていたりします。今のデザイン

記事を読む

アフィリエイトは古い

いつまでアフィリエイトなんかやるつもり?

Gmailを開いているときに、下のほうに次のような広告が出てました。 アフィリエイトは古いです

記事を読む

カラーミー

ハンドメイド品のカラーミショップユーザー店舗利用

「これは欲しい!」というものがあって検索したところ、カラーミーショップに出店している店舗さんがヒット

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

no image

利益が出すぎた。節税どうすれば良い?

今年もやってきました。確定申告です。 日々の記帳を怠っていたツケに頭を悩ませる時期です。毎年の

記事を読む

商標法違反売り上げ100万円程度の金額で逮捕って、、要はわかりやすいからか?

トップブランドに少しでも絡む場合は注意が必要ですね。知恵袋で、こんな質問がありました。

記事を読む

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

no image

Amazon大口出品サービス出店時の注意点

国内最強級の集客力を誇るアマゾンですが商品によってはよく売れる場合があります。まずは、小口出品サービ

記事を読む

ニッポンの社訓はすごい

ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡して興味のあるタイトルの本や雑

記事を読む

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑