*

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

公開日: : 最終更新日:2015/09/29 ネットビジネス, ヤフーショッピング・作成講座

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要があります。その割合は1%~最大15%。最低1%なので、言い換えれば、販売商品はすべて1%割引での出品ということになります。

ポイントは誰のものかというと、お客様のもの。

店舗でもなくヤフーでもない。

例えると、ヤフー会員のお客様は、ヤフーポイント銀行(仮)にポイント口座を持っており、yahoo! shoppingで買い物するたびに、口座にポイントを貯めていくことができます。

お客様が1万円の商品を購入した場合、店舗側の売り上げは9900円。100円分のポイントが自動的にヤフーポイント銀行に貯蓄されます。言い方を変えると、ポイントはお店の負担。

ポイント制なんかやりたくないお店にとっては、なんか損したような気分ですが、逆に、お客様がポイントで商品を購入した場合は、その額がヤフーポイント銀行からポイントではなく現金で支払われます。

もし、ポイントの仕組みがなければ、「ポイントがあるからこの商品を買おう」というお客さんは逃すことになるので、1%の販促対策と考えれば良いかもしれません。

ちなみに、以前はヤフーショッピング専用のポイントでしたが、現在は、「Tポイントカードはお持ちですか?」でお馴染みのTポイントですね。ツタヤを始め、東急ホテルやゴルフ5、エディオンやカメラのキタムラでも使えるようです。

※参考(ストアクリエイター >よくある質問 >ポイント・アフィリエイト)
http://storedoc.ec.yahoo.co.jp/s/shopping/faq/point-affili/

Adsense

関連記事

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

no image

0円で仕入れたものを2万円や5万円をつけて売る方法

ショップサーブ(開業サービス)の、オプションサービスに、アコーディオンメニュー・メガメニュー制作代行

記事を読む

ヤフー出店

ヤフーショッピング出店の傾向と対策

ヤフーストア出店いいと思いますよ。出店無料だし、集客が見込めるし、初めて開店する場所の選択としては正

記事を読む

カウントダウン

勝てる仕入れはメールを使うな

今どき何でもメールで済むと思っている人が多いようです。確かに、メールは便利で、ショップを運営している

記事を読む

わからない

ヤフーショップの構築方法がわからない

「ヤフーに出店したけど構築方法がわからない。」という人が激増中です。 出店審査にパスす

記事を読む

記事作成代行

ブログ記事の作成代行ビジネスがいいかも

ネットショップはもちろん、リアルのビジネスの運営においても、FACEBOOKやツイッターなど、ブログ

記事を読む

楽しくない

リアルのショッピングに比べてネットショッピングが楽しくない5つ理由

ショップサーブを借りてネットショップを開店する。個人的には、もはや常套手段となったネット開店手法。ネ

記事を読む

クラウドソーシング

クラウドソーシング初心者はノーサンキュー

クラウドソーシングといえば、ランサーズ(Lancers:仕事募集応募サイト)。 ネットショップ

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

wappy

「ワッピーぬいぐるみ」をもらい損ねる

このブログは、2014年5月にWADAXからレンタルサーバーさくらインターネットに乗り換えました。も

記事を読む

Adsense

Adsense

菓子製造
菓子製造業許可書つきのレンタルキッチン 広島

今回のおもしろキーワードです。キーワードから、検索ユーザーの思

300select-t
ウェブ仕入れ300点までのセレクトショップが簡単開業できる

ネットショップを始める場合、仕入れをどうするか?ということで頭を悩まし

居酒屋
居酒屋開業とネットショップ開業を比較してみた

「居酒屋を始めたい!」という場合2つ方法がありそうです。 (A)

自分で作成
「自分でネットショッピングサイトを作りたい方」へのアドバイス

「ネット販売がしたい。」というのではなく、「ショッピングサイト

FOBとCIF
FOBとCIFの違いはこの説明がわかりやすいんじゃない?

ネットショッピングをしたことがない人はいないと思いますが、その時に出て

→もっと見る

PAGE TOP ↑