*

刺し身も情報も鮮度が命

公開日: : 最終更新日:2016/08/01 ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

たまにリンク元を見ることがあります。そのリンク元が掲示板の場合がります。

情報も鮮度が命

軽く内容を見てみると次のような感じ。

質問者「このページ(当サイトの1ページ)にこのように書かれているのですが本当ですか?」
回答者「そのページの情報は古いから、今はあてにならない。」

こんな感じだったと思います。とても親切な回答者です。

確かに、そのページはほとんど更新せず、ヘタすると10年前に書いたページだったりします。

昔ながらのホームページは、トップページなどに「『最終更新日:2016年8月1日』といった感じで入れるのが基本」のようなのがあったのですが、各ページについては、人によって更新日をつけたりつけなかったりです。むしろ、こまめに載せる人は少数派かも知れません。

今は、WordpressなどのCMSでページを作っている人が大半で自動的に記事の作成日が記録されます。でも、中には、ブログっぽい記事なのに、作成日や更新日が書かれていないページも多いです。これは、いつの情報かわからないので、取り扱いに困りますよね。

「人生とはカクカクシカジカ」など情報鮮度を問わないような内容であれば、さほど問題ないと思います。でも、「定番5つのCMS」とか「簡単開業ASPランキング」とか、今と5年前とでは事情や内容がガラッと変わっているような<u>IT関係の情報</u>を載せたページに更新日が書かれていないのはヤバイですね。

知らずにそれを食べてしまうとオワってしまうかもしれません。そういった意味で、サイト運営者は、情報の鮮度や賞味期限について記載するのは、ユーザーにとって有益な情報になるのではないでしょうか。

ま、そうはいうものの、ページがたくさんあると、古いページ全部チェックして、これは「○年の情報です」とか「もう使えない情報です」とか、書き直すのは途方もない作業になるので、よっぽどヒマでもない限りやらないでしょう。ええ、やりません。すみませんね~(反省の色なし)。情報検索する人がそれぞれ自己責任にて鮮度チェックしてもらう他ございません。


Adsense

関連記事

スメル

売れる商材もあなたのスメルで台無し

商材を探すため展示会に出かけました。 気になった商品があって話を聞きたくても、担当者のアナタ。

記事を読む

イギリスの高校

イギリスの高校をヒントに売上アップ

イギリスのハイスクールでは、学生の学習スタイルを3つに分けて教育が行われているそうな。つまり、人の学

記事を読む

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

差し込み印刷(サムネイル)

ダイレクトメール(DM)はWORDの差し込み印で

ワードを使い始めて何年でしょう。 「差し込み印刷」という機能を初めて知りました。 こんな

記事を読む

ポイントは誰のもの?

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要がありま

記事を読む

no image

そこのIT苦手な社長。めっちゃヤバイかも。

年商10億とか20億とか。 「スゲー」って思うかも知れませんが、ネット系以外の、リアル中心のそ

記事を読む

no image

OEM契約とライセンス契約の違い

輸入品を扱っている場合など、わりと頻繁に出てくる基礎知識「OEM(オーイーエム)契約」と「ライセンス

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

base

スマートフォンやタブレットでも開業できる

無料レンタルショップで同じみのBASE株式会社がやってくれました。 なんと、すでに、iPhon

記事を読む

モノづくり

ビジネスアイデアは無限にあるようだ。。。

ここ数年、トランクルームが目立ちます。一度使おうかと思ったこともありましたが、1年間預けて年間10万

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑