*

ネットショップは自分で作れるのか?

公開日: : 最終更新日:2016/04/11 おもしろキーワード, ネットショップの作り方

このネタは何回も投稿しないといけないようです。兵庫県某市から接続のAさん。男性か女性か、年齢もわかりませんが、この時期にまだWindowsXPを使っているようなので、IT系には相当疎いと考えられます。

作り方のページを10分弱読んで頂いたようですがご理解いただけるとありがたいですね。

自分で作れる

考えてみると、一般人が簡単にネットを使えるようになったのが1995年頃です。もう20年も前になるんですね。当時は、デスクトップパソコンが主流でダイヤルアップという方法でネットに接続していました。

今と比べると回線速度は糞で、ホームページを表示させるのに2分3分とか買ったような時代です。それでも、先見の明のある人は、ネットに可能性を感じて、ホームページを作ってモノを販売し始めました。

その頃のホームページは自分で作る以外、他に選択肢がなかったんです。HTMLを勉強して、夜な夜なメモ帳に打ち込んでは確認して、と言った作業でした。商品ページも1ページ1ページ手作りです。

それが、今はすっかり便利になって、「お店始めたい。」という人は、ショップサーブ(例)を使えば、とりあえず技術的なことは学ばなくても開店できるようになったわけです。

もちろん、今でも自分で作ることはできるのですが、どちらかと言うと、マニア的な人向けです。むしろ、作ることが目的の場合も多いと思います。構築作業ってのが、いろいろ試行錯誤したり、「作ってる感」があったり、けっこう楽しいんですね。

ただ、そうやって作ったところで売れるかどうかは別問題です。ただ、作るのが楽しいわけです。ですから、販売を第一の目標にしているのであれば、レンタルを借りて、ささっと販売を開始したほうが、ビジネス的には賢い選択だと言えます。

とりあえず、Window10にアップグレードしましょう。運営者としてセキュリティーは絶対ですから。WindowsXPはサポートが終了しているので、安全上問題があると言われています。個人で使う分には自由ですが、顧客情報を扱うとなると責任の問題もありますので。

Adsense

関連記事

アフィリエーターに宣伝してもらう方法

アフィリエーターに宣伝してもらう方法

おもしろ訪問キーワードです。 残念ながら、有力アフィリエーターに宣伝してもらうアイデアは持ちあ

記事を読む

ブラックな手法

確かに存在するブラック?グレー?なやり方

暇つぶしで某巨大掲示板を見て回ってたら、「アフィリで月○○万稼いでるけど質問ある?」といったスレッド

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

手書き風フォント

お客様の声は手書き風フォントで書き換える

いい内容のお客様の声をメールでもらっても、そのままテキスト文字で表示すると味気がなくなるんですよね。

記事を読む

EFO

CVRアップのためのEFO5つのテクニック

EFO(エントリーフォーム最適化)のHTML、CSS等の技術情報。 1.入力フォームの拡大 通常

記事を読む

ヤフーショッピング自社サイトに埋め込む

自社サイトにヤフーショッピングを埋め込む方法

いくつか考えられるものを。 1つ目は、自社サイト内に商品ページが既にあって、そのページにヤフー

記事を読む

制作を丸投げしない

こだわりある店主やオーナーは制作を丸投げしないこと

ショップサーブでネットショップを開店。お店づくりをしたいけど、面倒なので制作パックを申し込みたい

記事を読む

no image

「ネットショップ開業ホームページ制作」は120%間違いです

「ネットショップを開業しよう。」 「ネットショップを開業したい。」 「ということは、ホー

記事を読む

カウントダウン

時限(カウントダウン)タイマーを設置したい

楽天でショッピング中に見かけた、この100分の1秒単位でカウントダウン(キッチンタイマー?)

記事を読む

マネー

知らずに余計に払わされているお金

入会金ってよくわかりませんよね。スポーツジムの会員募集ポスターが貼ってあって、見ると、「入会金150

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑