ECサイト運営に向いている人。向かない人。

ECサイト運営に必要なスキル

今となっては陳腐なネタではありますが、これまでに触れてなかったので記事にしてみました。

ECサイトは20年以上運営しています。

まず、100%向いていない人は決まってます。

ECサイト運営が辛い」と感じている人。

もう、今すぐ止めましょう。

辛いこと続けても何の得もありませんしストレスでしょう。もっと他に向いている仕事があるはずですから他探しましょ。

あとは、「そもそも興味がない。」「パソコンやIT系が苦手」とかいう人は、確実に向いていないです。

条件1 そもそも好き。楽しい。

EC運営者に向いている人は、ECサイト運営が「好き」「楽しい」。

この条件につきますね。

好きか否か

パソコンに向かってCMS(ブログなど)やASP(通販開業システム)をいじくるのが好き、大好き、かなり好き、まあまあまあ好き。

昨日の常識は今日の非常識。

EC業界は日進月歩で変化が激しいの周知の事実。

そのような急流の中でも最新に追いつくまでの「過程」をも楽しめる人。

かなりのスキルを持っていても、やはり新しい技術はどんどん取り入れないと乗り遅れる。

その「わからない」から、リサーチや試行錯誤を経て、完全理解するまでの時間が楽しいと感じられる人は100%向いてますね!

条件2 ひとりが好き

向いている人は「条件1」で、「以上。」なんですが、それでは記事がしょぼくなるので、無理やり追加条件をつけてみます。

「ひとりが好き。」

一人が好き

つまり、もくもくと取り組むことに心地よさを感じる人は向いています。

例のウィルス騒ぎで、リモートだの在宅だのが流行りましたが「自宅勤務が苦痛」「人に会いたい。」「同僚や仲間に会いたい」。

そんな人は、逆に向いていないかもしれないです。

もちろん、全部が全部じゃないですが、「ひとりが好き」な人は、そういった人たちよりも「さらに向いている」と言えます。


出典:amazon.co.jp

条件3 頭を使うのが好き

新しいことに取り組むのって、それなりに頭を使います。

パズルを解いたり数学の問題を解いたり。

頭を使うのが好き

そんな感じですかね。

わからないことがイロイロ出てくるんですが、リサーチしたり悩んだり考えたり。

そんな苦痛の時間を経て正解に至る。

これが実に気持ちいい。

「また、ひとつ賢くなったぞ。」

そんな感じで、常に自分をアップデートすることに楽しみを見いだせる人は向いていると思います。

必要なスキル

「ECサイトに必要なスキル」と一言に言っても、かなり幅広いです。

ショップサーブのような完成されたECシステムを使いこなせるのもスキルですが、EC CUBEやWelcartのようなwordpressベースのECシステムを使いこなせるのも立派なスキルです。

もっと上級になるとPHPなどプログラミング言語を駆使して、フルスクラッチでECサイトを構築して運営するという仙人級のスキルまであります。

ま、これは、どちらかというとプログラマー、エンジニア系なので、ECサイト運営という仕事からは、ちょっとずれるかもしれません。

20年以上ECサイトを運営してきて思うのは、ASP(通販システム)を使いこなせるスキルとwordpressなどのCMSを使いこなせれば十分ではないかと思います。

そこまでできる人はかなり少数じゃないでしょうか。

参考記事:ECサイト運営者なら100%やっている当たり前4つのこと

当店のECサイト運営の仕事内容

当店の例をもとにEC担当者の仕事内容から必要なスキルは何なのか、思いつくまま書いてみます。

既存の商品を登録して商品紹介ページを作るだけなら誰でもできます。

でも、商品は売れてナンボですから、「いかに売れるページを作れるか?」「買われるページを作れるか?」ということに集中します。

まず、商品を理解し購買ターゲットを選定して、ペルソナを設定して、ランディングページを設計。

ABテストを繰り返しながら転換率(CVR)の最大化を目指します。

そのためには、キャッチコピーを考え商品説明文も考え、商品写真も何が最適なのかを検討しながら進めていきます。

HTMLやCSSのスキルは標準で良いのですが、はやり商品や購買層を理解してキャッチコピーを考えたり説明文を考えたり、ランディングページの設計をする部分が、もっとも求められるスキルではないかと思います。

また、バナーをはじめ各種クリエイティブの作成もスキルのひとつです。

今でこそイラストレーターなどは不要ですが、canvaなどのWEBサービスを使って、キャッチーなクリエイティブを作れるスキルは必須でしょう。

さらに、広告運用のスキルも必須になってきます。

仕事の内容をまとめると

・商品の理解
・キャッチコピーや説明文の作成
・HTMLやCSS
・クリエイティブの作成
・広告運用

このあたりを中心に勉強すると、なかなかイケてるEC運営者になれるかもしれません。