海外から日本に向けてネット販売をしたい

この記事は約3分で読むことができます。

越境ECという言葉が浸透してずいぶんと経ちますが、国内で越境ECと言えば、どちらかというと「日本発海外へ」という印象があります。そして、海外販売のシステムも充実してきています。

でも、アメリカやイギリス、韓国や中国に在住の日本の人が「日本に向けてネット販売したい」というときは、あまり有力な情報もなさそうです。

日本に入っていない海外のモノって山のようにありますからね。「これ絶対日本で受けるはず。」なんて思うようなモノもあると思います。ぜひ紹介してほしいものです。

さて、個人レベルで海外から日本にネット販売をする場合、いろいろ方法はありますが、今、Amazonが手軽に始められて良いのじゃないでしょうか?自分でネットショップを持って云々カンヌンするよりよほど簡単です。

先日も、アマゾンで買い物をしたところ、納期が1ヶ月後になっていて「ん?」と思ったら中国からの発送でした。(気づかず購入してしまったやつですが・・・)わかっていてアメリカやイギリスから買うこともあります。

Amazonこそ、越境ECに最適なプラットフォームだと思います。FBA(フルフィルメント by Amazon)を使えば、在庫を日本国内のamazon配送センターにストックして、スピーディーにお客様にお届けもできるので、日本基準のサービスレベルでネット販売をするならぴったりだと思いますよ。ブランドモノならバイマでもアリ。

「10年くらい前なら、ネットショップを自前で開設、決済はペイパルなどを使って日本に向けてネット販売」もアリだったとは思いますが、今はちょっとね、、、そういう選択するのはあまり賢明じゃないような気がします。

いずれにせよ、何か売りたいモノがあった場合は、まずはリサーチからですね。すでに国内に流通しているのか否か。需要はあるのかないのか。どのようなマーケティングをするのか。などなど。一番楽しい段階です。